Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Beauty
  3. 30歳美容(特集)

花粉、季節の変わり目に要注意!【ゆらぎ肌ケア】の相棒コスメって?

花粉の量が例年の3〜5倍と噂される2019年。季節の変わり目にぐらつくお肌のケアはどうする?何を使ったらいい? 自らの敏感肌と上手に付き合ってきた美容のプロ4人に、この季節におすすめのケアアイテムを教えてもらいました。

ゆらぎの季節の相棒コスメ9

小田さんの相棒コスメ①
小田さんの相棒コスメ②
小田さんの相棒コスメ③
中島さんの相棒コスメ①
中島さんの相棒コスメ②
中島さんの相棒コスメ③
中島さんの相棒コスメ④
前野さんの相棒コスメ
長田さんの相棒コスメ
微弱炎症ケアをマークせよ(美容ジャーナリスト 小田ユイコさん) 微弱炎症を鎮めるオイル、クリーム、バームを駆使。ラグジュアリーブランドの微弱炎症ケアコスメは、鎮火しつつエイジングケア対応もできるのが魅力。 【小田さんの相棒コスメ①】 ローズの恵みで修復&抗炎症ケアする、敏感肌にも対応したハイエンドクリーム。アプソリュ ソフトクリーム 60㎖ ¥34000/ランコム
【小田さんの相棒コスメ②】 抗肌荒れ成分配合の低刺激バームで肌を徹底ガード。イハダ 薬用バーム(医薬部外品)20g ¥1350/資生堂薬品 
【小田さんの相棒コスメ③】 モロッコ産サフランの抗炎症作用をぎゅっと凝縮。オールージュ ユイル 30㎖ ¥42000/イヴ・サンローラン・ボーテ
フルコースで立て直す!(美容ライター 中島 彩さん) 化粧品で刺激を感じやすくなってしまうので、クレンジングから日焼け止めまで低刺激なものに切り替え。SOSなときに頼れるアイテムをフル装備! 【中島さんの相棒コスメ①】 コンタクトレンズの洗浄に使われるほどマイルドな洗浄成分を採用。ララビュウ ホワイトC クレンジングミルクEX 150㎖ ¥3429/潤子ララビュール
【中島さんの相棒コスメ②】 お米由来の保湿成分「ライスパワーNo.11」を信頼。米肌 活潤リフト化粧水 120㎖ ¥7000/コーセープロビジョン
【中島さんの相棒コスメ③】 修復力と潤い密封力で右に出るものなし。エスト ザ クリームTR 30g ¥30000/花王 
【中島さんの相棒コスメ④】 日焼けの炎症を鎮静しながらやさしく守る。サンメディックUV 薬用サンプロテクトEX a(医薬部外品)SPF50+・PA++++ 50㎖ ¥2100/資生堂薬品
油分はナノ化配合が◎(美容ライター 前野さちこさん) 油分でふたをすると熱がこもって、炎症が悪化しがち。密閉しすぎずに潤いを守るイニクスが運命の相棒。パリ留学中の砂漠化を救ったのも、この組み合わせ。 【前野さんの相棒コスメ】 皮膚薬に特化した製薬会社発!(右から)イニクス センシティブ ディープモイストローション 120㎖ ¥3700・同 モイスト バリア ミルク 80㎖ ¥4000(ともに医薬部外品)/マルホ
とにかく"イハダ"(美容ライター 長田杏奈さん) イハダに出会う前と後で、肌の歴史がガラッと変わったほど。ピキッと乾燥のサインを感じたら、いつでもどこでもとりあえずイハダさえ塗っておけば事故にならない。 【長田さんの相棒コスメ】 限りなく不純物を取り除いた「高精製ワセリン」が潤いを守り、刺激をブロック。イハダ 薬用バーム(医薬部外品)20g ¥1350/資生堂薬品
小田さんの相棒コスメ①
小田さんの相棒コスメ②
小田さんの相棒コスメ③
中島さんの相棒コスメ①
中島さんの相棒コスメ②
中島さんの相棒コスメ③
中島さんの相棒コスメ④
前野さんの相棒コスメ
長田さんの相棒コスメ
美容ジャーナリスト 小田ユイコ
「肌表面に住まう"美肌菌"という住人を思いやり、統治者の気持ちで手厚くやさしいケアを」
Q. 敏感肌キャリアは?
A.5歳のころには、いつもどこかがカサついてかゆかった思い出。子ども時代はアトピー性皮膚炎が悪化し、包帯で保護していた時期も。
Q. 何に弱い? 刺激になる?
A.乾燥、紫外線、ストレス
Q. ゆらぎの時期にどうなっちゃう?
A.頰と目のまわり、指の股にカサつきと赤みが出現。唇のまわりの泥棒ゾーンに粉が吹いてくると「冬来る」と嵐の予感に武者震い。
美容ライター 中島 彩
「1に鎮静2に鎮静、3、4がなくて5に鎮静。とにかく炎症を鎮めることが最優先!」
Q. 敏感肌キャリアは?
A. 自覚したのは遅咲きの20代。メイク研修で何度もクレンジングしたら、私だけヒリヒリに。角層が人より薄く少ないことが発覚。
Q. 何に弱い? 刺激になる?
A.日焼け、花粉、摩擦
Q. ゆらぎの時期にどうなっちゃう?
A.化粧品がピリピリし始め、赤みや色むらが激化。炎症で毛穴が開き、やがてハリがなくなりきめや毛穴が流れるのが定番コース。
美容ライター 前野さちこ
「肌はパンのようなもの。ぬらさず、こすらず、温めすぎず。パン工場なきアンパンマンのつもりで」
Q. 敏感肌キャリアは?
A. 花粉症デビューした小学生時代以来、赤みとヒリつきが悩み。冬になると、頰がリンゴのように真っ赤になるのが恥ずかしかった
Q. 何に弱い? 刺激になる?
A.生きているだけで刺激を感じがち。乾燥した空気、ハウスダスト、花粉、風が直接当たるのもダメ。祖母の家の布団は最悪……。
Q. ゆらぎの時期にどうなっちゃう?
A.とにかく赤み。ヒリヒリ痛くなっちゃう。
美容ライター 長田杏奈
「自前の潤い、お大事に。皮脂を落としすぎず、バリア機能をいかに守るかに集中する」
Q. 敏感肌キャリアは?
A. 小学生のころ、アトピーがひどくなって水泳をやめた経験が。中学生ぐらいからバリア機能を守るスキンケアを意識していた。
Q. 何に弱い? 刺激になる?
A.乾燥や摩擦はもちろん、365日何かしらのアレルゲンを感じてムズムズ。年季の入ったエアコンやカーペットがある部屋が苦手!
Q. ゆらぎの時期にどうなっちゃう?
A.カサカサを通り越して、ショボショボのしおれ肌に。放置すると、バリア機能がガタ落ちし、水すらしみるザルのような肌に(涙)
撮影/嶌原佑矢(人)、さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 取材・文/長田杏奈 ※BAILA2019年3月号掲載