Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Beauty
  3. 30歳美容

【湿度に負けないきれいの秘訣】中野明海さんが教える“雨映え”ヘア&メイク

雨の日は湿気で肌がベタつきがちだけれど、せっかくのメイクが台無しになるのは避けたいもの。人気ヘア&メイクの中野明海さんが「雨の日映えメイク」を教えてくれました。サラサラな肌感にして、赤みを出さず体温低めに仕上げることがポイントなんだとか。
【湿度に負けないきれいの秘訣】中野明海さんが教える“雨映え”ヘア&メイク_1
Point 1.「サラリとした清らかな肌& 体温低めなメイクなら視線が奪われる雨映えフェイスに」

Point 2.「肌も髪もじっとりする雨の日は、いつも以上に品のよい清潔感を大切にしましょう」
ヘア&メイクアップアーティスト 中野明海さん
卓越したセンスと審美眼で、著名人たちからラブコールが絶えない。最新作はなんと簡単おいしいレシピ集『美しい人は食べる!』1200円 主婦と生活社刊
雨の日って、肌はベタベタ、メイクはにじんでくずれやすいし、せっかく時間をかけてブローした髪も台なし!なんて、いろいろ大変。「湿度の高さはもちろん雨にぬれることもあったりし
て、きれいの印象を左右する清潔感が奪われやすいこの季節。肌もメイクも、いつもよりサラリと軽い品のよい仕上がりを目指すのがベストです。パウダリーファンデーションでつくるサラサラの肌と、赤みやメイク感を抑えた体温低めフェイス、それが私の考える“雨の日映え”するメイク。見た目の清らかさや涼やかさはもちろん、触れ心地も快適になるはず。もうひとつ、大切なパーツが髪。湿度で膨張し、まとまりある面のつやが失われがちですよね。でも大丈夫! この時季こそ、賢くオイルを使うことで、扱いやすくつややかなヘアスタイルがかないます。植物が元気になり、空気は浄化される――雨の日は地球もきれいになる日なんだって発想を転換して、ヘアメイクを楽しんで♡」
じめじめ、じとじと… 気持ちが沈みがちな雨の日。大好きな色の傘やおしゃれなレインシューズみたいに、雨が待ち遠しくなるような“雨の日映えメイク”があったら素敵。ほら、今日がわくわくする日に様変わり。
【湿度に負けないきれいの秘訣】中野明海さんが教える“雨映え”ヘア&メイク_2
コート¥58000/シップス渋谷店(ウーア) トップス¥27000/デミルクス ビームス 新宿(アンスクリア) リング(人さし指)¥21000・(中指)¥29000/ススプレス(パソ)イヤリング・傘/スタイリスト私物
撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス〉(人) ヘア&メイク/中野明海〈air notes〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/森絵梨佳 取材・原文/中島 彩 ※BAILA2019年7月号掲載

Baila Movieバイラムービー

バイラーズTV 今月の推しコンテンツをご紹介

【スカーフアレンジ】“包む”だけで格段にこなれる「バッグアレンジ」

【スカーフアレンジ】「ネクタイ風巻き」でアウタースタイルが華やかに!