Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

スタイリスト辻直子さんの選ぶ【ワンピース】とその着こなし

昨年に続いて今季も大流行中のワンピース。一枚でサクッと着られるお手軽な夏アイテムの筆頭だけど、スタイリスト辻さんの選ぶワンピースとその着こなしにはもう一歩踏み込んだこだわりがありました。体にさりげなくフィットする女っぽいシルエットに、小粋な小物使い。気楽に着るワンピースももちろんいいけれど、ちゃんと“装う”ことも知っている。そんな女性って、すごく魅力的だと思いませんか?

少し体に沿うワンピース

避暑地の窓辺の外に目をやると、ひときわ目立つ彼女の姿が。黒いホルターネックのニットワンピースに、個性的な小物をきかせたその着こなしには、リラックスしながらもどこか都会的なマインドが漂う。「私、昔からこういうシルエットのワンピースが大好きなんです。ともするとコンサバにもなり やすいんですが、今だったら気持ちレトロな味つけで。腰に巻いたスカーフやビニール素材のバッグ、 甲深のカラーパンプスなどリバイバルなムードを添えると逆に新鮮に着こなせるはず」(辻さん)。

ワンピース¥12200/フレイ アイディー ルミネ 新宿2 店(フレイ アイディー) スカーフ¥16000/エストネーション(マニプリ) リング¥28500/ティファニー・アンド・カンパニー・ ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥13000/デ・プレ(デミニ ュティーボ) 靴¥ 76000/ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店(マルティニアノ)

「ワンピースは一枚で着るもの」そんな思い込みは捨てて重ね着で印象を自在に操る

Iラインのワンピースにボトムをレイヤードすると、それだけでガラッと雰囲気が変わります。サイドに深めのスリットが入ったニットワンピースには、きれい色のフラワープリントのフレアスカートを重ねて華やかさを足して。自然のなかで映える上品な白と大胆な柄のコンビネーションは、南国のリゾートにもぴったり。今季はスカートの種類が豊富だから、ほかにも光沢素材やレースなどいろいろなスカートと一緒に着こなしを広げられそうです。もちろん、パンツを重ねても。ワンピース自体がシンプルだから、意外と合わせるボトムも選びません。
湿度の高いグリーンのなかでノーブルなホワイトベージュが涼やかに引き立つ。「リゾート だったら、足もともカラフルなミュールで思いっ切り遊び切ってOK。ワンピースの色が落ち着いているので、そのくらい主張があっても、品よくまとまります」(辻さん)。街で着るなら、スカートや靴のテンションを少しセーブ。TPOに合わせて何通りもの着こなしを楽しめそう。ワンピース¥40000/エストネーション スカート¥70000/トゥモローランド(リー マシュー) ピアス¥89000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク バッグ¥41000/エスケーパーズ(リジー フォルトゥナート) 靴¥45000/シジェーム ギンザ(アベック モデレーション)

ワンピースそのままの印象で着るのではなく真逆のものをミックスして

柔らかなカットソー地の肌見せワンピース。それ自体は西海岸っぽさを感じるヘルシーでカジュアルなデザインだけど、そのままビーチサンダルとハットで元気いっぱいに着るのはちょっとつまらない。あえて、ワンピースとは正反対の無骨な感じのショルダーバッグやメンズライクなテーラードジャケットを合わせて“街っぽさ”を添えています。足もとも、きれい色のサンダルを合わせてくずしすぎない。リゾートっぽい印象だけで終わらせず、タウンユースにすることでこういうワンピースはもっと面白く着こなせると思うんです。
ワンピースの下からきかせたビビッドなオレンジのボディスーツもポイント。「合わせたバッグやジャケットが唐突にならず、しゃれた雰囲気でまとまります」(辻さん)。ワンピース¥14000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(イウエン マトフ) 中に着たボディスーツ¥8800/ ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店(ベースレンジ) 手に持ったジャケット¥30000/エディット フォー ルル ピアス¥89000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥260000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ) 靴¥45000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ロックツー)

辻さんセレクトの【ワンピース】をチェック!

グリーンのラメがさりげなく効いたニットワンピース。肌を見せる分量が多いぶん、足もとは少し重ための靴を合わせてバランスをとって。ワンピース・バッグ・靴/辻さん私物
「シンプルなワンピースには靴で遊びを加えます」。ピンクのカラーと太めのベルトをアクセントに。靴/辻さん私物 
「カメオのペンダントやどこかクラシカルなベルト。カジュアルなリブニットワンピースも、きちんと感のある小物使いで印象が変わります」。ワンピース¥15000/ノーブル コレド日本橋店(ノーブル) ベルト¥124075/ゴヤール ジャパン(ゴヤール) ネックレス¥59000/ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店(ソフィ ブ ハイ)
今シーズン、辻さんがとにかくよく着ているというピンクをリブニットワンピースで。「体に沿うシルエットはそれだけで女らしいので、ピンクも甘くならず大人顔に」(辻さん)。ワンピース・靴/辻さん私物

楽ではない服。だからこそ、装う面白さがあると思っています

今、私のクロゼットにあるワンピースはこんなIラインのシルエットばかり。ほどよく体に沿うので、ボディラインは隠れないし、着るときもある程度の緊張感があります。

むしろ「楽な服ではない」というのが選ぶときのボーダーラインになっているんです。もちろん、バサッと広がるようなAラインのワンピースもたくさん着てきたけれど、あるとき、その可愛らしさや、与える印象の単調さにふと飽きてしまって。

デザインとしてはシンプルだけど、そこに“気持ちのスマートさ”が見えるIラインワンピースに今は惹かれています。そういうワンピースは、小物使いやヘア&メイク次第でコンサバにも、海っぽくも、モダンにも、いろんなか“顔”をつくることができる。 行き来できる着こなしの振り幅が大きいから、今度はどう着こなそう?というアイデアも広がります。

そういえば、今回コーディネートを考えていて、 ふと脳裏に浮かんだのが、映画『ホリデイ』で キャメロン・ディアスが演じた主人公。自分らしさを貫くまっすぐなマインドがとても可愛らしくて。今回の撮影では自然を感じる場所を選びましたが、もしそんなところで休日を過ごすとしたら、私ならやっぱりどこか都会的でいられるIラインワンピースを選びたい。

ゆるっとしたTシャツワンピースは楽なぶん、ルーズにも見えてしまう。体に沿うワンピースは少しの緊張感はあるけれど実はすごく簡単に女らしく見えるんです。そしてその一枚をどんな小物で、どんな女性像に仕上げていくのか。それってすごく大きなセンス。私自身、そんなことを考えている瞬間が楽しくてしょうがないんです。(辻さん)
撮影/三瓶康友 ヘア/shuco〈3rd〉 メイク/AIKO ONO〈angle〉 スタイリスト/辻 直子 モデル/絵美里