Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Love & Wedding
  3. 婚活ブログ

婚活ゴールには「弱みを見せる」「自己開示」が必要!? どうすれば!?【30代ジーコの、本気で婚活!ブログVol.28】

ウイさんからも占い師・大清水さんからも「自己開示が足りない」「弱みを見せろ」と言われた…。いったいどうすればいいのか、しっかり考えてみた。できるかな〜?

婚活ゴールには「弱みを見せる」「自己開示」が必要!? どうすれば!?【30代ジーコの、本気で婚活!ブログVol.28】_1

/Shutterstock.com

恋愛のプロ・ウイさんからだけではなく、占いでも指摘されてしまった「ジーコ弱み見せてなさすぎ」説。まさか手相や顔相などにも「頑丈」「自己開示できてない」がにじみ出ているなんて…。なんなの?もうこれ生まれついてのやつなの?たしかに、長女だし!?あー、生まれながらにして自己開示できない街道を歩んできた可能性あるな。ドンマイ私。

でも「自己開示が足りない」「弱みを見せていない」ことが結婚への障害になっているような気がしてきたので、だとしたら直すしかない。なぜなら!私は!結婚したいのだから!それも好きな人と!ということで①そもそもなぜ私は弱みを見せられないの?②どうすれば弱みを見せられるようになるの?の二つを婚活ノートに書き出しながら考えてみることにしました。

①そもそもなぜ私は男性に弱みを見せられないの?
ウイさんには「私、大丈夫いけるいける!って感じなんで!」と自分の性格を説明しちゃったんですけど、ごめんなさい。ちょっとその時点でも強がってました。さすがにこんだけ生きてりゃ「こりゃ耐えられん!」と思うくらい辛いタイミングもある。仕事で「やっちゃった〜」って感じたときとか、今までやったことないジャンルの仕事に挑戦するときとか、他人の発言にうっかり傷ついちゃったときとか。でもなぜかそれをストレートに人に話せないんです。基本的に、何かを話すときはオチがついてからと決めています。ウケをねらえる面白話に昇華してからしかそういう話はしないようにしている。

なぜって、まず相手の負担になるような気がするから。実際はそんなことないのかもしれないけれど、相手だって日々の生活で大変なこともストレスもあるだろうに、だらだらネガティブな話を聞かせてエネルギーを吸い取るのは申し訳ないなと思っちゃうどうせいっしょにいるなら、楽しい姿を見せて、楽しくなってもらったほうがいいじゃない?という気持ち。あと、単純に相手に「めんどくせえ」って顔されたら凹むっていう気持ちもある。たっぷりある。

そしてもうひとつ。いつもテンションが高いせいか、男性に「悩みがなさそうなところが好き」とか、「ポジティブなところがいい」とか言ってもらえるので、そのイメージをできるだけキープしようとしちゃうんですよね。そのキープに疲れちゃったりもするから無意味なんだけど。

つまり大きな理由はふたつで、「相手の負担になるのが嫌」「ポジティブな人だと思われている」。いや、ポジティブなのは厳密には間違いで、たまには超絶ネガティブ生まれてきてすみません状態にもなる。でもそれをどうしても言えない…っていう状態。

落ち込んだとき、「しっかりしなきゃ」「自分でなんとかしよう」「人に自分のカバーをさせてはいけない」と思ってしまう。これ、30代独身女性あるあるじゃないの?ちがう?でもこの考えが恋愛を遠ざけていると言われたら、もうなんとかするしかないでしょう。

②どうやったら弱みを見せられるの?
すごく考えました。すごく考えた結果なんですけど、「気合」ではないでしょうか。考えた割に精神論が来ちゃった。ごめんなさい

ウイさんから聞いた「たまに見える弱さにぐっと来る男性は、絶対にいる」「男は、相手にとって自分が必要だと思いたいもの」という話の意味はわかった。「サービスだと思ってそのつらいことを開示してみて」というやり方も学習した。けれど、わかっていても、「えいっ」と最後の一歩を踏み出せないの。ブレーキが掛かっちゃうの。このブレーキを破壊するために必要なのはね、気合。根性。

 Victoria 1

/Shutterstock.com

詳しく説明させてください。私みたいなタイプは自己開示を「甘える」と捉えると、躊躇してしまうんです。それがサービスだとしても。「それくらいで何ひとりとかできないなんて、ダメな女…!」って、理屈はわかってても思っちゃう。ブレーキぎゅるぎゅるになっちゃう。心の兜の緒を締めちゃう。勝ってないのに。

なので、「これはタスク」くらいの気持ちで、「私の気合と根性を見せてやる!」くらいの戦闘態勢で、弱みを見せたり自己を開示したりするしかないんです。だから精神論なの。いやほんとに。最後は根性よ。ルフィとかもボロボロになって倒れてても、最後は仲間を思う気持ちとか気合で勝つじゃん。だから私も結婚したいという気持ちとか気合で勝つ。「最近こんなことがあってつらくてさ」って弱みを見せながら、めっちゃ覇気出てると思う。覇王色がいいな。

要は捉え方。「甘える」ということが苦手なのは、ここまで培っちゃった特性だからもうしょうがない。これを性格から直すには、オリンピックまでじゃ時間が足りない。なので、自分が実践に持っていけるようにな考え方で、「弱みを見せる」「自己開示をする」ことを頑張りたいと思います。

まとめ
「弱みを見せる」「自己開示をする」を甘えることだとは考えず、結婚の向かうために達成すべきタスクだととらえて、気合と根性であえて意識的に実行する。私はルフィ。

ここまで書いて気づいたけど、心を開くのにこんなに葛藤するなんて私めちゃくちゃめんどくさいやつだな!?ごめんね未来のマイハズバンド!結婚するまでに直しとくから許してね! (ライター・ジーコ)

ライター・ジーコ 32

  • 趣味は?サッカー観戦、マンガ、読書、ゲーム、お酒を飲む、YouTube
  • 好みのタイプは?一緒に道に迷って楽しい人
  • ジーコの外見は?犬系アイドル顔(担当編集談)
  • いつまでに結婚したい? 東京オリンピックまで。夫婦で開会式を見ます。できればサッカーを見ます
  • なんで婚活してるの?最後に彼氏がいたのは2018年6月。1年つきあうもうまくいかず婚活開始
  • twitterあるけど何ツイートしていいかわからん!⇒https://twitter.com/zicoboost
ライタージーコの本気で婚活!

Feature特集