Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Super Bailars
  3. 菅原麻葉

【白い日傘の方が焼けない!?】敏感肌必見!日焼け対策6

暑い!!!!!!!!!!ですね。
世の中は夏休みモード、ということで、私も先日京都へ旅行に行ってきました!

【白い日傘の方が焼けない!?】敏感肌必見!日焼け対策6_1

三千院にて

ん〜どこを撮っても絵になる京都。同時にめちゃくちゃ暑いエリア。となると日差しも強いわけで……。しかも私、アトピー持ちの超敏感肌です。
ということで今回は、肌の弱い私が徹底している日焼け・肌荒れ対策についてご紹介します。

日焼け止めの2種使い

【白い日傘の方が焼けない!?】敏感肌必見!日焼け対策6_2

顔用はキュレルのクリーム、強い日差しを受けるときはアリィーのジェル!

私が使っているのは、顔&敏感時の体、外出時の体用で2種類を使い分けしています。顔はとにかく敏感肌用のもの。強い紫外線を浴びる日には、強い日焼け止めを選びますが、つけ心地が軽いもの=肌呼吸ができていそうなもので、顔用にも推奨されているものを選ぶようにしています。もちろん1年中つけています!

サングラスは年中使い&黒すぎないものを

【白い日傘の方が焼けない!?】敏感肌必見!日焼け対策6_3

旅行にて。目が薄く透けるくらいがちょうどいい!きっと!

肌が弱くて顔の日焼け止めをあまり強くできないからこそ、顔まわりで他にできる対策は入念に。目が紫外線を感知することで、日焼けをするということをどこかで読みました。ただ、あまりグラスが暗すぎると、瞳孔が大きくなりすぎて紫外線を取り込みすぎてしまう、ともどこかで読み……。なので私はあまり暗すぎない濃度のサングラスを普段から使っています。

2色使いの日傘

【白い日傘の方が焼けない!?】敏感肌必見!日焼け対策6_4

外を移動の際はほとんどずっと傘をさしていました!

【白い日傘の方が焼けない!?】敏感肌必見!日焼け対策6_5

母からのプレゼントでお気に入りです♩

旅行中一番重宝したのが、この日傘。色違いで2層になっているのがポイントです。日を直接浴びる面は、熱を蓄えにくい白色。内側には紫外線を通しにくい黒色が使われています。これがあるとないとじゃ体感温度も全然違いました!

基本ノースリ&カーデ常備

【白い日傘の方が焼けない!?】敏感肌必見!日焼け対策6_6

以前紹介したコーデ。紙面でも特集されたノースリ&カーデのコーデです。詳しくはコチラ

真夏は基本ノースリーブ派です。というのも日焼けしても、半袖よりはみっともなくならないから(笑)。なので当然肩が焼けやすくなってしまうのですが、対策としてUV加工のされたカーデ(もちろんユニクロ♡)を愛用しています。3色くらい持っていますね。
 
ちなみにオシャレより日よけを重視するときは、これまたユニクロのポケッタブルUVカットパーカの黒を愛用しています。

長時間外にいるときは、暗めの服を選ぶ

【白い日傘の方が焼けない!?】敏感肌必見!日焼け対策6_7

tops/united arrows

skirt/plage

bag/issey miyake

shoes/journal standard

写真は、京都旅行にて。ずっと外をぶらぶらしていたので、オールブラックのコーデを選びました。黒は確かに熱を帯びやすいですが、日を反射しにくい分、日焼け対策に少しは効果があるはず……!

サプリを慎重に選ぶ

薬は体質や希望の効能で正しい選び方が異なると思います。なので自身に合わせて慎重に選んで欲しいですが、私はアトピー肌で色素沈着や日焼け、シミが起きやすい体質。そのためそれらに抗えるような栄養素を重視したサプリを選んでいます。
 
 
とまあたくさん対策はしたつもりですが、日には焼けてしまうもの。最低限対策したら、あとはアフターケアをしっかりしつつ、夏の醍醐味として、日焼けを楽しんでいます♩


@mahal_mahar

Feature特集