Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

【シーン別ニットワンピース】〈夜遊ぶ日〉は起毛ワンピで楽しげムードに

夜遊ぶ日にニットワンピースを着て行くなら、モヘアやアンゴラといった毛足長めのニットワンピースで特別感をプラスして。スタイルアップと洒落感、どっちもかなえる最強の一着をご紹介します。

【夜遊ぶ日】は楽しげムードの起毛で盛り上げて

さりげなく特別感を演出してくれるのがモヘアやアンゴラといった毛足長めのニット。甘いムードを中和するダークカラーがおすすめ。

シックなグレーをコンパクトな形で。

シックなグレーをコンパクトな形で。甘めのニットもスタイリッシュに着地

いつもよりはじけたいナイトシーンに印象的に映える、アンゴラ混のふんわりニット。直線的なボックスシルエットが体をきゃしゃに見せつつ、ダークなチャコールグレーがフェミニンな印象をぐっと引き締めて。足もとはグレーのタイツでワンピと色をつなげることで、よりすらりとした着こなしに。ワンピース(共布ベルトつき)¥19000/ザ ヴァージニア ルミネ有楽町店 バングル¥40000/ステラハリウッド タイツ¥1000/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃) バッグ¥36000/シップス 有楽町店(イアクッチ)

存在感のあるバッグで着こなしに明快なリズムを加えて。

VARIATION

存在感のあるバッグで着こなしに明快なリズムを加えて。(右)ダークカラーになじむ明るめのキャメル。(12×17.5×8.5)¥9900/チャールズ&キース ジャパン (左)パイソン柄なら今っぽさも。巾着型で使い勝手よし。(15×17×12)¥47000/メゾン イエナ(ニコ ジャンニ)

KNIT ONE-PIECE TIPS

アクセ感覚のミニバッグを華やかな一着のスパイスに

アクセ感覚のミニバッグを華やかな一着のスパイスに

(右)バックスタイルはボタン使いに。前後どちらでも着られる頼もしいデザイン。¥24000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(フォンセ) (左)しなやかな着心地がアクティブな日にもぴったり。リブ仕立て&ロング丈ですっきりとした仕上がりに。¥20000/メゾン イエナ(イエナ)

撮影/三瓶康友(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/犬木 愛〈AGEE〉スタイリスト/松尾正美 モデル/松島 花 取材・文/野崎久実子 構成/倉田明恵〈BAILA〉 撮影協力/カントリーハーベスト ※( )内の数字は(高さ×幅×マチ)およびヒールの高さで単位は㎝です ※BAILA2019年12月号掲載

Feature特集