Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Lifestyle
  3. 仕事

大江麻理子キャスターが「働き方改革」にフィーチャー【働く30代のニュースゼミナール vol.1】

テレビ東京『WBS(ワールドビジネスサテライト)』大江麻理子さんがセレクトした“働く30代女性が今知っておくべきニュースキーワード”を自身の視点から解説する新連載。第1回はバイラ読者にも関係が深い「働き方改革」にフィーチャー。

今月のKeyword【働き方改革】

はたらきかたかいかく▶日本が直面する「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」「働く人々のニーズの多様化」などの課題に対応するため、生産性向上や就業機会の拡大、意欲・能力を存分に発揮できる環境をつくり、多様な働き方を選択できる社会を実現。働く一人ひとりがよりよい将来の展望を持てることを目指す改革。

大江麻理子キャスターが「働き方改革」にフィーチャー【働く30代のニュースゼミナール vol.1】_1

バイラ読者127人にアンケート

働き方改革は、働く自分にとってプラスになったと思いますか?

大江麻理子キャスターが「働き方改革」にフィーチャー【働く30代のニュースゼミナール vol.1】_2

「ゆとりができた」「仕事が効率化した」というプラスの声の一方で、「残業が減り給与が減った」「仕事量は変わらないのに残業しにくくなった」「正規・非正規など立場の違いで不平等感がある」などの不満の声も多く、複雑な思いを抱えている人が多いよう

スキルアップを目的とした休暇を取ったことや考えたことはありますか?

大江麻理子キャスターが「働き方改革」にフィーチャー【働く30代のニュースゼミナール vol.1】_3

約3分の2が「経験済み」または「興味はある」と回答。「個として自分の価値を上げていきたい」と考える成長意欲の高い人が多く「仕事につながる資格取得のため2年学校に通った」「会社の自己啓発休暇制度の利用を計画している」など前向きな声が目立った

「今は移行期で大変な時期今後は会社が選ばれる時代へ」

大江麻理子キャスターが「働き方改革」にフィーチャー【働く30代のニュースゼミナール vol.1】_4

長時間労働の対策が始まって一年。さまざまな声が寄せられた読者アンケートに、「ポジティブな声もありますが、移行期に働いている大変さが表れていますね」と大江さん。


「今はまだ改革が始まったばかりで、法律に合わせることが目的になってしまい、会社のための働き方改革に見えてしまう部分が多いと思うんです。残業時間を減らして働く時間が制限される一方で、仕事量が変わらないなど、従業員が振りまわされていると感じることがあると思います。また、残業代が減っても基本給はなかなか増えず、手取りが少なくなっているなか、消費税率がアップして使えるお金が減っている現状も、日本経済にとって深刻な問題だと番組を通じて思っています」


移行期ならではの大変さを目の前にしたとき、大江さんが心がけているのが“経営者の視点”を持つこと。「雇われていると思うとつい不満を抱きがちですが、自分が経営者ならば〝どんな対案があるか〞など、会社にコミットする考え方をしてみると、言動が変わってくると思います」


今春から時間外労働の上限規制が中小企業にも適用され、大企業では同一労働同一賃金がスタート。「終身雇用の考え方をする人が減り、転職への関心が高まるなかで、これからは“会社が人を選ぶ”時代から、“会社が選ばれる”時代になっていくのではないでしょうか。


今後、2〜3年で働きやすい会社と働き方を変えられない会社にくっきり分かれて、会社の力にはっきり差が出始めるでしょう。働きやすい会社に人が移っていき、人材を確保するために働き方を変えざるを得ない会社や、淘汰される会社も出てくると思います」

「休日も脳はアイドリング状態自分を高めることが大切!」

今年1月に働き方改革の一環で、約1カ月お休みを取った大江さん。「すごく元気になって2月以降疲れにくくなり、仕事のパフォーマンスが上がっている気がします。私が休んでいる間に後輩がすごく頑張って、番組にもよい変化が起きました」


休み方に新たな発見があったそう。「完全にオフにしてしまうと、またエンジンをかけるのに労力を使うので、自分のペースで情報収集を続けていました。体は休めて脳はアイドリング状態でいるのがポイントです」


常に脳はアイドリング状態で、自分を高めるアンテナを張るのが理想。「やはりどんなに時代が変わっても、自分を高めておくことがいちばん大切なこと。バイラ読者の方はスキルアップを真剣に考えていて素晴らしいと思います。今は特に先のビジョンを描きにくい時代ですので、何があっても、じゃあ次はこの手があるね、と次の策を自分のなかに持っておくことが必要だと感じています。私の場合は、仕事=スキルアップの部分もあり、仕事を通してあらゆる勉強をしてきました。特に30代の半ばまでは、報道一本にしぼっていたわけではなかったので、政治・経済から街歩き、いろんな角度から情報を仕入れ続けました。常に目の前に具体的な目標を立てて、それを一つ一つクリアしていくことが達成感につながっていった。本当にそれを20年近く続けてきた感じです。


働く環境はさまざまですが、働いているからこその楽しさや達成感ってあると思うんですよね。仕事以外ではなかなか得られない喜びが幸福感につながっているように思います」

撮影/フルフォード海 取材・原文/佐久間知子 構成/松井友里〈BAILA〉 ※BAILA2020年5月号掲載

【BAILA5月号好評発売中!】

大江麻理子キャスターが「働き方改革」にフィーチャー【働く30代のニュースゼミナール vol.1】_5
大江麻理子キャスターが「働き方改革」にフィーチャー【働く30代のニュースゼミナール vol.1】_6

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン