Magazineマガジン

BAILA6・7月合併号 試し読み

BAILA6・7月合併号 試し読み

  1. TOP
  2. Super Bailars
  3. 宮原真由子

〜シミ取りレーザー治療〜本気のレポ①

みなさん、シミ取りレーザーって気になりませんか?

私は何年か前からとてもとても気になっていました。

しかし、値段の高さ、ダウンタイム、効果などどれもリスクが高い気がしてなかなか手が出せませんでした。

そんな中妊娠出産を経てふと自分の顔を鏡で見た時、シミそばかすの多さにびっくり😭

レーザーを本気で考えようと決意しました。

今回、2ヶ月に渡って行ったシミ取りレーザーの体験談を書きます!

忖度一切なし、本気のレポを書きたいので、あえて病院名は伏せます!

何回かに分けて書きますが、

その①となる今回はまず病院選びから。

まず私が行ったのは、私の住む地域で有名なA美容外科。

レーザー治療についての私の事前情報は、

●シミにレーザーを当てるとカサブタのようになり、それがぽろっと取れるとシミも消えている。

●シミ何mmにつき何千円(万円)といった価格帯。

の二つのみ。

 

そもそもそれも正しいのかどうなのかわからない状態でした。

A美容外科の説明を聞くと、

わたしが思っていたレーザーはQスイッチヤグレーザーというもののようで。

レーザーにもたくさん種類があることを知りました。

わたしのシミはシミだけでなくそばかすもあり、目の下を中心にもやもやとしたものもあるので、ヤグレーザーは向いていないとのこと。

理由として、

①Qスイッチヤグレーザーは1つ2つの大きなシミにはいいが、これだけ広範囲のシミそばかすに打っていこうとおもうと何十万円もかかる。

②Qスイッチヤグレーザーはダウンタイムとして何日間かガーゼを貼らないといけないため、顔全体にガーゼを何日も貼った状態にするのは難しいこと。

その2点でした。

そこで提案されたのが

レーザートーニング

これは光を当てて、だんだんシミを薄くしていくというもの。

これで、薄いシミを消していき、そこで残った本当に濃いシミをQスイッチヤグレーザーで消しましょう。

という提案でした。

レーザートーニングは週1回ほどを最低7回ほどはした方がいいとのこと。

1回もだいたい18000円〜25000円と高額なのでそれだけで10万越え…😱

わたし的にお金をかけるなら即効性が欲しかったので、一度そこは保留しました。

次に向かったのがB美容皮膚科。

そこはあまり知られてなかったところだったのですが、HPを見て比較的安価だったので説明だけ聞きにいくことに。

そこの先生はシミそばかすに特化した先生だということ。

そのB美容皮膚科で提案されたのが

ライムライト

アキュティップ

この2つを一緒に行う光治療。

まずライムライトは顔全体に光を当てる治療で、シミそばかすにも効きますが、赤ら顔や小じわにも効き、トーンアップにもなるとのことでした。

そしてその後にアキュティップを。

アキュティップは6.35mmのピンポイント照射で、気になるシミを先生がピンポイントでレーザーを当ててくれるというもの。

この治療はカサブタができ、自然に取れるのを待つものですが、Qスイッチヤグレーザーより効果や反応がマイルドなのでものすごく濃いシミには効き目が薄いこともありますが、その分ダウンタイムがなく、照射した直後からお化粧もできるとのこと。

顔全体のシミそばかすで悩んでいるなら、この治療をするのがおススメと提案されました。

気になる料金ですが、3回で12万円。

決して安い金額ではありませんが、3回でそんなに気にならない程度には綺麗になると思いますよ。といわれ、即効性重視だったわたしはそこに決めました!

ちなみにアキュティップのみですと、1照射何百円〜何千円で設定しているクリニックが多いです。

私の行ったB美容皮膚科もそうでしたが、ライムライトと合わせると打ち放題というプランでした。

いよいよわたしのはじめてのレーザー治療が始まります。

次回は写真つきでお届けします。

一部閲覧注意です…

ブログアップはインスタストーリーでお知らせします