Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. Lifestyle
  3. グルメ

【お料理上手なあの人の、気分がアガるおうちレシピ #3】ヘア アーティストshucoさんの“コールスローサラダ鮭のコンフィ入り”

美のセンスは美以外の場面でも自ずと比例してしまうように、ビューティ界隈にはお料理上手さんがいっぱい。そこで、キレイなあの人たちが作っている、気分がアガるおうちレシピをご紹介。第3回は、ヘア アーティストshucoさんの“コールスローサラダ鮭のコンフィ入り”です。

コールスローサラダ鮭のコンフィ入り

「最初は鮭のコンフィをただ作ったんですが、塩鮭買ったせいかめちゃくちゃしょっぱくて。そのまま食べるのは…と思った時に、冷蔵庫に大量にあったキャベツと一緒に食べてみよう、って思ったのがきっかけです。一緒にタンパク質も取れるし、かなりモリモリ食べれます。適当にある具材を混ぜてもっと華やかなサラダにしてあげるのもよし。レシピにのせてませんが、食べる時に健康のためにアマニ油を足します。ゴマ油も香りづいて美味しいかも。サッパリ食べたかったのでオリーブオイルとレモン、お酢のみですが、様々なアレンジが効くと思います」(shucoさん) 

材料(4人前)

コールスローサラダ鮭のコンフィ入り 材料1

A:鮭のコンフィ)

生鮭 2匹(塩鮭を使う場合はコールスローの塩を控えめに)

ローリエ 1枚

にんにく 1片

オリーブオイル 50ml

サラダ油 50ml

 ※オイルは半々になれば、鮭が浸かる量であれば適当でOK

コールスローサラダ鮭のコンフィ入り 材料2

B:コールスロー)

小さめのキャベツ 1/2個

大葉 1袋

レモン 1個

塩麹 大さじ1(塩鮭の場合は控えめに)

オリーブオイル 大さじ3

お酢(ホワイトビネガーがなければなんでも) 大さじ1

胡椒

作り方

【お料理上手なあの人の、気分がアガるおうちレシピ #3】ヘア アーティストshucoさんの“コールスローサラダ鮭のコンフィ入り”_4_1

1/3

【お料理上手なあの人の、気分がアガるおうちレシピ #3】ヘア アーティストshucoさんの“コールスローサラダ鮭のコンフィ入り”_4_2

2/3

【お料理上手なあの人の、気分がアガるおうちレシピ #3】ヘア アーティストshucoさんの“コールスローサラダ鮭のコンフィ入り”_4_3

3/3

1)鮭のコンフィを作る。ジップロックにオリーブオイルとサラダオイルを半々の量で入れる。そこに潰したにんにく一カケ、ローリエを入れ、生鮭を漬けておく。このまま1週間ほど保存できるので、できる時にこの状態で保存しておく。
2)鍋にお湯を沸かし沸騰させる。沸騰したら火を止めて、 1 をジップロックごと鍋に入れて蓋をして30分おく。30分経ったら、皮と骨を取り除く。ふわふわになるので、このまま食べても美味しい。けど、今回は身をほぐす。
3)Bでコールスローを作る。キャベツと大葉を千切りにし、2のほぐした鮭の身を入れて混ぜる。オーリブオイルとビネガーを3対1になるように入れ、レモン絞り汁、塩麹を合わせて混ぜる。最後に大葉を入れて、味を見て塩・胡椒を足し、調整したら完成。
【お料理上手なあの人の、気分がアガるおうちレシピ #3】ヘア アーティストshucoさんの“コールスローサラダ鮭のコンフィ入り”_4_1
【お料理上手なあの人の、気分がアガるおうちレシピ #3】ヘア アーティストshucoさんの“コールスローサラダ鮭のコンフィ入り”_4_2
【お料理上手なあの人の、気分がアガるおうちレシピ #3】ヘア アーティストshucoさんの“コールスローサラダ鮭のコンフィ入り”_4_3

構成・文/渡辺敦子〈BAILA〉

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン