Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. EDITOR'S PICK

【ユニクロ(UNIQLO)エアリズムマスクをレビュー!】着用フィット感・通気性・構造・洗濯・購入方法などを詳しく紹介

全世界民待望の【ユニクロ(UNIQLO)】エアリズムマスクがいよいよ明日、2020年6月19日(金)に発売されます! 新型コロナウイルス感染拡大防止のための自衛対策の一環としてマスクの着用が日常になるなかで、ユーザーからの熱いリクエストに応え、マスクとしての防御性(*)・繰り返し洗濯して使用可能・なめらかなつけ心地の3大機能を備え、オールシーズン使える「エアリズムマスク」、みなさまが気になる着用感や実際のデザイン、お手入れ方法、購入方法などについて詳しくレポートしていきます!

ユニクロのエアリズムマスク 着用画像1

1.これが【ユニクロ(UNIQLO)】エアリズムマスクの実物だ!!!

ユニクロのエアリズムマスク 実物画像1

これが【ユニクロ(UNIQLO)】エアリズムマスクの実物、Mサイズです! フィルター入り3層構造&立体成型構造で、洗って繰り返し使用でき、3枚組¥990(+税)。色はホワイトのみ。
サイズも下記3サイズ展開です!
●S:こども用(小学生以上が目安、必ず保護者や大人の監督管理のもと着用してくださいね)
●M:小さめがお好みの成人用(女性は主にこれかも)
●L:一般成人用(主に成人男性の普通サイズ)

*マスクは感染(侵入)を完全に防ぐものではありませんが、「エアリズムマスク」は一般財団法人カケンテストセンターにて下記試験を実施しています。
・(初期値)バクテリア飛沫捕集‥(BFE)99%カット ※ASTM F 2101 バクテリア飛沫捕集(ろ過)効率試験
・(初期値)花粉粒子捕集効率‥99%カット ※花粉粒子捕集(ろ過)効率試験

ユニクロのエアリズムマスク パッケージイメージ

パッケージの実物は入手できませんでしたが、実際にはこちら(↑)で販売されます。

2.【ユニクロ(UNIQLO)】エアリズムマスク実物を細かくチェック!

ユニクロのエアリズムマスク 表メッシュ生地

過去のニュース記事で構造の詳細はご紹介しましたが、あらためて【ユニクロ(UNIQLO)】エアリズムマスクの生地や構造、ディテールを細かくチェック。エアリズムマスクは、マスクに必要とされる防御性能を高めるため、表側の「メッシュ素材」と、内側の「エアリズム」の中間に「高性能フィルター」を内蔵! 独自の3層構造を採用しています。

ユニクロのエアリズムマスク 表メッシュ生地拡大画像

表地はメッシュ素材になっています。UVプロテクション機能を有していて、紫外線を90%(UPF40)カットします。

ユニクロのエアリズムマスク 裏エアリズム生地ロゴと拡大画像

顔に当たる内側にエアリズム素材を使用。接触冷感・吸水速乾・抗菌防臭にすぐれたユニクロ(UNIQLO)の夏を代表する大ヒットシリーズであるエアリズム。シルクのようななめらかな肌ざわりで、マスク着用により顔が汗ばんでもさらっとしています(ただし、エアリズムマスク自体に冷却効果はないのでご注意を)! そしてメッシュ表地とエアリズム裏地の間に、BFE99%カットを誇り、飛沫、細菌やウィルスが付着した粒子、花粉などをブロック(*)する高性能フィルターを内蔵しています。

3.いざ【ユニクロ(UNIQLO)】エアリズムマスクを着用!

ユニクロのエアリズムマスク 痛くない耳ゴム

ではさっそく着用してみます! 【ユニクロ(UNIQLO)】エアリズムマスクはトリム(マスクの縁)から耳にかけるひもにかけて一本でつながっていて、伸縮性のある生地を使用しています。丸みがありふっくらしていてよく伸びるので、長時間つけていても耳が痛くなりにくそう!

ユニクロのエアリズムマスク 着用画像2 女性

つけた瞬間、エアリズム特有のつるりとなめらかな心地よさが♡ ノーズワイヤーは入っていませんが、マスクの縁自体が伸縮性のある生地なので、顔へのフィット感もなかなかよいです◎。そして平静状態であれば呼吸も苦しくなく、スーハースーハーが快適です(ただ、高性能フィルターが本体全面にわたって内蔵されているので、運動などの激しい動きで呼吸が荒くなったときは、生地がやや顔にくっついてくる感じがあるかもしれません...ユニクロ(UNIQLO)公式サイトでも注意喚起されていますが、運動時や高温多湿な環境下での着用にはくれぐれもご注意を)!!!

ユニクロのエアリズムマスク 着用画像3 女性

横からみた図。立体縫製構造なので、鼻から口にかけてのラインがまあるいシルエットに。生地が唇に密着しないので、お化粧をする女性の場合、口紅やリップをつけていてもマスクにつきにくいと思います。

ユニクロのエアリズムマスク 着用画像4 女性 耳が痛くない

エディター沖島が個人的にとくに「安心設計だな(* "q')」と感心したのは、あごにかけてのフィット感です。あごの下までしっかりがっつりやさしい肌ざわりで覆ってくれます。そして期待どおり、耳も痛くなりにくい! ノーズワイヤーが入っていないので、つける方の顔の凹凸の形によっては鼻の横がちょっとだけ空くかもしれませんが、写真(↑)のとおりぴったり顔にフィット。さすが【ユニクロ(UNIQLO)】、エアリズムマスクは期待どおりの素晴らしい完成度です!

マスク自体の通気性が良好なので、メガネが曇りにくい!

ユニクロのエアリズムマスク 着用画像5 女性 眼鏡が曇らない 通気性

“マスクをしているとメガネが曇って仕方ない(>.<)”というお悩みもよく耳にするので、試しにブルーライトカッメガネ(度なし)をかけて1時間ほど作業してみました...が、作業しながらときおり同僚や上司と会話しても、沖島の場合はあまり曇りを感じませんでした...といいますか、呼吸が本当にラク! 通気性にすぐれているエアリズムの特性がフルに活かされているマスクです。

5.エアリズムマスクのお手入れ方法は!? 洗濯機で洗えるの?

ユニクロのエアリズムマスク 洗濯 お手入れ方法

繰り返し洗って使える点で大変経済的な【ユニクロ(UNIQLO)】エアリズムマスク。“洗濯機で洗える”旨の一部報道もありますが、新型コロナウイルス感染拡大防止・飛沫防止ギアとして(暑いなかめちゃくちゃ頑張って>.<)着用している点を鑑みて、個人的には過去記事でもご紹介している厚生労働省・経済産業省が推奨する布マスクの洗い方(やさしく手洗い)に準じてお手入れするのがベストかと思っています。そしてさっそく夜、ためすすぎ洗いして水気をとり風通しのよい室内に形を整えて干し、翌朝に至ったところ、天候は雨・気温20℃前後の状態ですでにあらかた乾いている(!)ので、速乾性も信頼できるかと思います◎。

5.購入方法:店舗での販売、公式オンラインサイトの状況は...!?

この【ユニクロ(UNIQLO)】エアリズムマスクは6月19日(金)より発売開始...なのですが前評判高すぎ&ユーザーの期待が高すぎにつき争奪戦による完売必至案件のため、いちばん気になる入手方法について、ユニクロ(UNIQLO)PRチームのみなさまに直撃してみました。

●買える場所:ユニクロ全店舗、および公式オンラインストア
●販売開始時間
 各店舗:現在のオープン時間に準じる
 公式オンラインストア:販売準備が整い次第(ただし6月19日10:00AM現在、ブラウザ、アプリともに大変つながりにくくなっているようです。ユニクロ公式リリース参照)
●店舗での販売、並び方、整理券配布、予約や取り置きなどの施策について
 当面は行列や混雑が予想されますが、多くは、ユニクロ(UNIQLO)各店舗がテナントとして入館している商業施設やビルなどの規定により大きく左右されているそうで、具体的な時間や整理券配布などを含む具体的な販売・購入情報は、最寄りまたは行きつけのユニクロ(UNIQLO)各店舗にお問い合わせいただくのがいちばんだそうです。また、基本的に予約や取り置きは受け付けていないとのこと。
●購入制限
 当面の間、おひとりさま各サイズ(S・M・L)1点まで
●今後の再入荷予定について
 当面、毎週約50万パックを継続的に生産・入荷する計画を発表しているので、発売スタートのタイミングで品切れとなった場合も継続的に入荷いたします。入荷予定日はユニクロ(UNIQLO)公式サイトでお知らせされますので、最新情報は公式でチェック!

以上、ちなみにオフィスで仕事をし、帰宅するまでの計8時間ほどこのユニクロ(UNIQLO)エアリズムマスクを着用しっぱなしでしたが、つけていることをあまり意識しなくていいほどきわめて快適なつけ心地です。呼吸はラクだし、耳も痛くないしで非常に快適、ノンストレスで仕事できています! 発売スタートダッシュも絶好調な【ユニクロ(UNIQLO)】エアリズムマスク、洗って繰り返し使えて3枚組¥990(+税)というコスパのよさ! ぜひお試しいただきたいと思います。

【ユニクロ(UNIQLO)】エアリズムマスクスペシャルサイトへ

取材・文/沖島麻美
※記事内容はBAILA編集部の調査および主観に基づくもので、個人的な見解や私物が含まれます。 ※本マスクは感染(ウイルスの侵入)を完全に防ぐものではありません。 ※「エアリズムマスク」はオールシーズン用です。マスクに冷却効果はありません。 ※環境省や厚生労働省より注意喚起があるように、高温や多湿の環境下でのマスク着用は、熱中症の原因となる場合があります。激しい運動時、および炎天下でのご着用は避け、注意して着用してください。

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン