Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion
  3. まとめ

【ロングワンピースまとめ2020夏】着心地最高で大人に似合うワンピ、小物合わせまでまるわかり!

この夏頼りになるのはやっぱりワンピース。日々ファッションと向き合い、おしゃれの楽しさを提案してくれるスタイリスト加藤かすみさん&エディター伊藤真知さんが、心地よさをキープしながら女っぽく、素敵に着るロングワンピースのヒントを教えてくれました。あなたの最愛ロングワンピを見つけて。

※記事発信時点での情報のため、価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。

1.おしゃれプロがズバリ! 一枚で着映える大人ワンピの条件

教えてくれたのは

SACRA(サクラ)のロングワンピース

サクラのワンピースコーデの松島 花

「潔いフューシャピンクで形も極力シンプル。甘くなりがちなピンクこそ辛さを意識します」(加藤さん)

「面積が大きくても重く見えないリネン素材に注目。夏らしく軽やかで抜けたムードに」(伊藤さん)

ワンピース¥33000/インターリブ(サクラ) バッグ¥142000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) リング(右手)¥42000・(左手)¥58000/ショールーム セッション(マリハ) 靴¥81000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)

一枚で着映えて、自分をハッピーにしてくれるワンピースが使える!

「大人の体を美しく見せてくれるフォルムにこだわって。袖つきもマストです」(加藤さん)

レリタージュマルティニークのワンピース

l'héritage martinique

ebureのワンピース

ebure

iNtimitéのワンピース

「ダラッとしているのが好きではないので、大きくてもシャツ型だったり、ウエストリボンがあったり、きちんと見えするデザインは必須。手もとを辛口バングルで盛るのも定番」(加藤さん)。ワンピース(右)¥50000/レリタージュマルティニーク その他/本人私物
iNtimité(左)

手もとを辛口バングルで盛るのも定番

辛口バングル(本人私物)

「気分のアガるきれい色やスラリと見えるデザインが大好き」(伊藤さん)

A PUPILのワンピース

A PUPIL

アンクレイヴのワンピース

uncrave

マイストラーダのワンピース

Mystrada(左)

(左)¥24000/マイストラーダ プレスルーム(マイストラーダ) ワンピース(中)¥18000/アンクレイヴ その他/本人私物

伊藤さんハット

「小柄なこともあり、色を着ると子どもっぽくなりがち。ノースリ、ハイウエスト、目線を上げる襟つきやハットなど、シュッと見せる工夫が欠かせません」(伊藤さん)。本人私物

伊藤さんバッグ

本人私物

2.楽ちん&女っぽいカットソーワンピを大人が着こなすには?

高見えの決め手は、ほどよく肉厚な生地。ほんのりツヤのあるベーシック色を狙って

qualiteのロングワンピース

¥15000/カリテ スケープ コレド日本橋店(カリテ)

アシンメトリーな裾が美しい揺れ感を演出。ウエストをシェイプし腰位置が高く見える効果も。¥15000/カリテ スケープ コレド日本橋店(カリテ)

ebureのロングワンピース

「コットンなど素材がナチュラルなぶん、シンプルすぎるデザインではただの部屋着に見えてしまう可能性も。揺れる裾など少しドラマチックな形で華やかに」(加藤さん)

¥30000/ebure

上質なスーピマコットンを採用。キャメルのリッチ感も相まって、きちんとしたシーンにも使いやすい。¥30000/ebure

SEEALLのロングワンピース

¥18000/デミルクス ビームス 新宿(シーオール)

着心地がいいのに、ツヤがあって華やか見えするポリエステル素材。スリット入りでネイビーでも軽やか。¥18000/デミルクス ビームス 新宿(シーオール)

ADAWASのロングワンピース

「適度なハリや光沢も、きちんと見えする大事なポイント。けば立ちを抑えたスムース生地は、コットンとは思えないほどの高級感」(加藤さん)

赤みのあるニュアンスグレーが洒落感の理由。

赤みのあるニュアンスグレーが洒落感の理由。落ち感のきれいなAラインを生かしつつ、薄手のニットパーカでさりげなく目線アップ。ワンピース¥18000/ショールーム セッション(アダワス) パーカ¥32000/セオリー ピアス¥6000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) バッグ¥10400/ライフズ 代官山店(トゥデイフル) 靴¥9800/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン グリーズ)

Rouge vifのロングワンピース

「今っぽく、高見えし、着回せる……と考えれば、辛口なカーキもおすすめ。遊び心のある小物で、地味に見せない味つけを」(伊藤さん)

背中あき&リボンのバックコンシャスな一枚

背中あき&リボンのバックコンシャスな一枚。ゆるっとシルエットでも女っぽさが急上昇!
後ろのリボンは、クロスして前に結ぶこともできる2way。「リボンの結び方で表情が一変するので、同じワンピでも“また着てる”と思われにくいのもうれしいところ。パイソン柄の小物はグレーやベージュ系が多く、地味色にもなじませやすいので、もうひと盛りしたいときのアクセントにも大活躍」(伊藤さん)。ワンピース¥15000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) バングル¥8000/ライフズ 代官山店(トゥデイフル) バッグ¥39000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 

靴¥6990/プラステ

靴¥6990/プラステ

SACRAのロングワンピース

「シンプルだからこそ、体がきれいに見えるディテールも重要。肩先を覆い、二の腕がほっそり見えるフレンチスリーブは、ノースリが苦手な人にもおすすめ」(伊藤さん)

 

「深くスリットが入ることで、裾に動きが出て、女性らしさがアップ。足さばきもよく、重ね着もしやすいので重宝します」(加藤さん)

プリーツを重ねて一新!シンプルな持ち味を生かした旬のレイヤード

プリーツを重ねて一新!シンプルな持ち味を生かした旬のレイヤードにトライ
“重ね着前提”の深スリットワンピース。太もも位置から開くので、ボリュームのあるスカートやパンツとも重ねやすいのも魅力。「カジュアルなカットソーとエレガントなシフォン。質感やテイストも真逆なぶん、色使いはできるだけそろえたほうが洗練して見えます」(加藤さん)。ワンピース¥19000・スカート¥36000/インターリブ(サクラ) バッグ¥34000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) バングル¥20000/エンフォルド ピアス¥13000/ショールーム セッション(マリア ブラック) 靴¥9800/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン グリーズ)

3.在宅勤務でもラクしてキレイなのはコレ♡ 

THIRD MAGAZINEのロングワンピース

「ほどよく地厚な素材で、パジャマ感を一掃。凹凸感のあるワッフルは下着のラインも拾いにくく、肌当たりもさらっと快適!」(加藤さん)

「家時間が増えた今だからこそ、日常にもアガる色を取り入れて上手にリフレッシュを。旬のラベンダーは癒し効果も」(伊藤さん)

笑顔になれるきれい色!カラダも喜ぶ快適素材でおうち時間をノンストレスに

笑顔になれるきれい色!カラダも喜ぶ快適素材でおうち時間をノンストレスに
「バイラ世代のきれい色は、パステルよりもちょっとくすんだトーンのほうが、品よく見えて着やすいはず。色そのものに可愛さがあるので、デザインはノースリーブなどでシュッとシンプルなほうが、今っぽくてオシャレ」(加藤さん)。ひざまでは細身のIライン、ひざ下から裾はゆるやかに広がるマーメイドのようなシルエット。厚手のワッフル地で不必要に伸びないので、ヨレやたるみといった劣化がしにくいのも優秀。ワンピース¥24000/サードマガジン ピアス¥18000・リング¥23000/サザビーリーグ(アルティーダ ウード)

R JUBILEEのロングワンピース

「重ね着風のデザインとからしのようなニュアンスのあるベージュはシンプルながらも洒落感があり、まさに“一枚でサマ”に。裾に左右差をつけ、歩くたびにひらひらと揺れるのも女性らしくて素敵」(伊藤さん)

“抜けてる”くらいがちょうどいい。まずはビーサンで

“抜けてる”くらいがちょうどいい。まずはビーサンで
「やさしい色に甘口な小物は、今年はちょっと違和感アリ。いきなり全部を変えようとせず、たとえばバッグが大好きなかごなら、靴だけビーサンやスポサンで“抜く”。それだけでもこなれ感は変わります」(加藤さん)。ワンピース¥18000(アール ジュビリー)・ブレスレット¥36000(マリハ)/ショールーム セッション ピアス¥5400/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) バッグ¥18000/デミルクス ビームス新宿(マルシェ) 靴¥10000/RHC ロンハーマン(ティキーズ)

ATONのロングワンピース

「究極にミニマルなデザインですが、ピンクという色の可愛さもあって、家着っぽさとは無縁。扱いやすく出番も多いコットン素材、長く楽しむことを考えれば、ほどほどの“投資”もときには必要です」(加藤さん)

たとえばATON。信頼ブランドの名品をチョイス!

たとえばATON。信頼ブランドの名品をチョイス!
「¥2000~¥3000でも豊富にそろうカットソーワンピ。¥10000超えはなかなか勇気がいりますが、やはりその“よさ”は圧倒的。上質なカットソーに定評のあるエイトンはオシャレのプロにもファンが多く、ワンピにおいてもその実力はお墨つき。お値段は張りますが、試してみる価値は大です」(伊藤さん)。ワンピース¥19000/エイトン青山(エイトン) ハット¥35000/ビームス 二子玉川(クライド) バッグ¥64000/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥65000/エスケーパーズオンライン(クレジュリー)

4.大人に似合うアースカラーのしゃれ感ワンピ6選!

「どんなシーンにもなじむアースカラーは、最も出番の多い色」(加藤さん)

「トレンドでもあるアースカラーは、もともと大好きな色。デザインはどちらかというとシンプルなほうが今っぽいですが、裾がフレアだったり、ツヤがあったり、ニュアンスが出るものを選んだほうが、華やかに見えて大人向きです。リネンではなく透けるジャケット、かごではなくレザーのバッグなど着慣れた色だからこそ、今年らしいひと手間を盛り込んで」

N.O.R.C

大人に似合うシックなブラウン。手もとで“盛る”のが私流です

大人に似合うシックなブラウン。手もとで“盛る”のが私流です
「基本的にラフすぎないものが好きなので、こんなふうにウエストマークして着るデザインは女性らしくてグッときます。ピアス穴がなくネックレスもしないので、時計やバングルなどアクセは手もとで。繊細なものよりは大きく辛口なものでピリッと引き締めを」(加藤さん)。

ワンピース¥13000/ノーク 靴¥29000/ビームス 二子玉川(ペリーコ サニー) その他/本人私物

ワンピース¥13000/ノーク 靴¥29000/ビームス 二子玉川(ペリーコ サニー) その他/本人私物

CADUNE

色選びからこだわったCADUNEのコラボワンピ

色選びからこだわったCADUNEのコラボワンピ
ふんわりと広がるフレアスリーブやリラックスな素材感も心地いい、カデュネ×かすみさんのコラボワンピ。「東炊きという手法を使って染め上げたナチュラルな色合いが自慢。ミントやオレンジ、チャコールグレーなどもありますが、ベージュはいちばんのお気に入りです」(加藤さん)。

ワンピース¥39000/カデュネ プレスルーム(カデュネ) その他/本人私物

ワンピース¥39000/カデュネ プレスルーム(カデュネ) その他/本人私物

MADISONBLUE

おなじみのシャツワンピはレギンスを重ねて休日らしい楽しみ方を

おなじみのシャツワンピはレギンスを重ねて休日らしい楽しみ方を
風通しがよく、長袖&ロング丈でも涼しいリネン素材のシャツワンピは、UV対策や冷房対策としても使える一枚。両サイドにスリットが入っているので重ね着にもぴったり。「ボタンの色を拾い、レギンスも白に。色数は抑えたほうが素敵です」(加藤さん)。ワンピース¥54000/マディソンブルー パンツ¥22000/ショールーム セッション(アダワス) 靴¥9800/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店(ルタロン グリーズ) 帽子/スタイリスト私物 

N.O.R.C

サテン素材や光る靴。シンプル&シックな一枚も少しの“ツヤ”で華やかに

サテン素材や光る靴。シンプル&シックな一枚も少しの“ツヤ”で華やかに
「地味色をちょっと華やかに見せたいときに効果的な“ツヤ”。ワンピそのものもサテン素材ですし、足もとにもゴールドをきかせているので、ダークブラウンでも寂しく見えません」(加藤さん)。肩先にかかるキャップスリーブは二の腕のほっそり見えにもひと役。少し高さのあるバンドカラーも顔まわりがスッキリ見えるなど、さりげなくスタイルアップ要素も満載。ワンピース¥13000/ノーク 靴¥86000/シジェーム ギンザ(プロエンザスクーラー)

l'héritage martinique

ベージュになじんで単調さも払拭してくれるパイソン靴が名脇役!

ベージュになじんで単調さも払拭してくれるパイソン靴が名脇役!
色の幅が広く、選ぶのが難しいという声も多いベージュ。「赤みよりは黄みや茶色みが強いほうが、日本女性の肌に合うと思います。無地感が気になるようであれば、カーデを巻いたり、パイソン靴でひと盛り。ただしここでもあくまで色は少なく、トーンをそろえて」(加藤さん)。ワンピース¥48000/レリタージュマルティニーク カーディガン¥18000/カリテ スケープ コレド日本橋店(カリテ) 靴¥6990/プラステ バッグ/スタイリスト私物

N.O.R.C

こっくりと、ほんのり甘いキャラメル色のAライン。透けジャケットで鮮度よく

こっくりと、ほんのり甘いキャラメル色のAライン。透けジャケットで鮮度よく
ストレッチの入ったリネン混素材は、着心地がよくシワにもなりにくいので、お仕事にもうってつけ。「定番のカーデもいいですが、ジャケットをさらっと肩かけして差を。はやりの透け素材ならこなれ感も倍増します」(加藤さん)。ワンピース¥13000/ノーク ジャケット¥19800/メゾンスペシャル 青山店(メゾンスペシャル) バッグ¥198000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥22000/ライフズ 代官山店(トゥデイフル)

5.伊藤真知さんが愛するきれい色サマードレス6選

エディター伊藤真知さんのこの夏着たい<サマードレス6着>

「“ちょっとそこまで”もオシャレに見える、きれい色が今の定番」(伊藤さん)

「身長155㎝と小柄な私。特に布一枚のワンピースの場合は似合う形がおのずと限られてしまうので、そのぶん“色”でトレンドや楽しさを味わいます。今年は長らくオシャレを控えていた反動もあって、明るく、気分の上がるビビッドカラーに注目!ただし大人としてはそこそこの社会性も必要なので華やかななかにも落ち着きのある、くすんだトーンを選びます」

MARIHA

ずっと着たかったマリハ。渋いオレンジに出会い、ようやくデビューしました

ずっと着たかったマリハ。渋いオレンジに出会い、ようやくデビューしました
ボリュームのあるティアードスカートが特徴的なマリハのワンピ。「可愛いゆえに色によっては気恥ずかしくてなかなか挑戦できないでいたのですが、今年はついに購入。レンガを明るくしたような渋めのオレンジは、パッと見ほど派手さもなくイエベの肌にもマッチ。スカートの存在感に負けない大きなかごやビーサンで、ラフに楽しみます」(伊藤さん)。

すべて本人私物

すべて本人私物

LE CIEL BLEU

袖嫌いの私が即決した、スタイルアップな一着

袖嫌いの私が即決した、スタイルアップな一着
「少しでも縦長に見せたいので、ワンピは断然ノースリ派。でもこれはウエストが太幅のギャザーでぎゅっとしぼられ、腰位置が高く見えるので、袖があってもスラリを実現。バカンスは自粛中の今年、気分だけでも海へと誘ってくれるようなブルーグリーンも惹かれた理由に」(伊藤さん)。

ワンピース¥19000/ルシェルブルー総合カスタマーサービス(ルシェルブルー)

ワンピース¥19000/ルシェルブルー総合カスタマーサービス(ルシェルブルー) バッグ¥18000/デミルクス ビームス 新宿(マルシェ) その他/本人私物

CADUNE

ブラウンの延長で楽しめるくすんだオレンジはきれい色初心者にも最適

ブラウンの延長で楽しめるくすんだオレンジはきれい色初心者にも最適
ベージュやブラウンといった茶系の小物やはおりとも相性がよく、きれい色のなかでも比較的挑戦しやすいオレンジ。「色の美しさもさることながら、胸下すぐに切り替えがあり、ウエストがキュッと細く、脚がすらっと長く見えるのには感動! ビーサンやつっかけタイプのぺたんこ靴でもスタイルよく着こなせます」(伊藤さん)。バックリボンつき。ワンピース¥28000/カデュネ プレスルーム(カデュネ) 靴¥27000/アマン(ペリーコ サニー)

AK+1

似合う色が見つからないなら人気の大人ブランドをチェックしてみるのも手

似合う色が見つからないなら人気の大人ブランドをチェックしてみるのも手
「モデルの亜希さんが手がけるブランドということもあり、鮮やかなグリーンもあくまで大人好み。コットンシルクの上質感も着ていてアガるはず」(伊藤さん)。長めの半袖が二の腕をすっぽりカバー。胸のドローコードをしぼれば、いっそう女性らしいシルエットに。ワンピース¥34000/デミルクス ビームス 新宿(エーケーワン) バッグ¥18000/ビームス二子玉川(マルシェ) 靴¥9800/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン グリーズ)

RHC

ときには休日用と割り切って冒険カラーにトライ! ただし、形は“MY定番”を

ときには休日用と割り切って冒険カラーにトライ! ただし、形は“MY定番”を
そもそもきれい色という時点で、お仕事にはハードルが高め。だったらとことん心がときめく一着を選んでも。「表情までパッと明るくなるようなマスタードは大好きな色。レースで華やかさも充分だからこそ、形は着慣れたものを選びます。小さな体をシュッと見せてくれるノースリ&ハイウエストが安心!」(伊藤さん)。ワンピース¥33000/RHC ロンハーマン(RHC) バッグ¥12700/エレンディーク 靴¥20000/ライフズ 代官山店(トゥデイフル)

KALANCHOE

30代のピンクは選びに注意。クールに映る濃い色とシンプルなデザインを狙って

30代のピンクは選びに注意。クールに映る濃い色とシンプルなデザインを狙って
美しい色使いに定評のあるカランコエは、今春デビューしたばかりのブランド。「色使いがうまいといわれるブランドで探すのも、カラーワンピ探しには効果的。下のワンピと同様、ピンクはパキッとした色を選ぶほうが実は甘さが抑えられて着やすいんです。これも色の主張が強いので、形はシンプルに」(伊藤さん)。ワンピース¥28000(カランコエ)・バッグ¥16000(ヌキテパ)/ヌキテパ 青山 靴¥29000/ベイジュ(ピッピシック)

6.気負わずおしゃれな<万能黒ワンピ>で“こでかけ”に

CADUNE

「ロング丈の黒にありがちな“魔女感”を払拭するためにも肌見せは有効なディテール。大きくあいた背中に可愛げを添えてくれるリボンも、黒なら甘すぎず楽しめます」(伊藤さん)

リラックスな白小物が“こでかけ”ムードにぴったり

リラックスな白小物が“こでかけ”ムードにぴったり
ディテールでいうなら透けよりはあき、素材ならとろみよりハリ、がデイリーに使える黒の条件。「前はシンプルなAラインですし、パリッとして見た目も上品。ヒールを合わせれば通勤にも申し分なしですが、ワンマイル圏内なら気負わないビーサンがいい。大きなトートをラフに持って、凜とした配色でも力を抜いて」(伊藤さん)。ワンピース¥28000/カデュネ プレスルーム(カデュネ) バッグ¥25000/ナゴンスタンス ピアス¥14800/エレンディーク 靴¥10000/RHC ロンハーマン(ティキーズ)

ADAWAS

「私自身も腕を出すのは苦手。袖があるぶん、黒面積が増えるのでウエストをしぼってメリハリを。スカートがふわっと広がり華やかにも見えるので、シンプルな黒特有のキツさもありません」(加藤さん)

きれいな黒に隙を生む、甘いベージュがアクセント

きれいな黒に隙を生む、甘いベージュがアクセント
胸元は深V、対して袖はやや長めの四分丈。こんな攻めと守りの絶妙なバランスも、万能な黒を小洒落て見せるエッセンス。「キリッと見える黒なので、味つけは少々甘くてもOK。ただし小物できれいな色をさすとすごく派手に見えたり、古くさく見えることもあるので、右のコーデと同様に色はハッキリしぼるべき。やさしげに映る×ベージュは私も好きな組み合わせです」(加藤さん)。ワンピース¥32000/ショールーム セッション(アダワス) バッグ¥68000/エバゴス 靴¥49000/アマン(ペリーコ)

ebure

「フィット&フレアなシルエットなど、さりげない女性らしさはここでも不可欠。涼しげなリネン素材は“夏の黒”にジャスト」(加藤さん)

「マスクで顔が隠れることも多い今、上半身のディテールは重要。両胸のフラップポケットは、辛口ながらも表情豊かで◎」(伊藤さん)

誰もが着慣れた色だから選びも着こなしも今夏らしいアップデートを

誰もが着慣れた色だから選びも着こなしも今夏らしいアップデートを
前を重ねることで奥行きが生まれ、体が立体的に見えるラップ風デザイン。「薄い体は適度にボリュームアップし、厚みのある体はほっそり見える魔法の一枚」(伊藤さん)、「ベルトやポケット、フレア裾などディテールは効いていますが、どうしても夏は寂しくなるのでアクセも少々。きゃしゃなものをちりばめるよりは、バングルなど存在感のあるものをドンとひとつ」(加藤さん)。ワンピース¥59000/ebure バッグ¥39000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) ピアス¥12000・イヤカフ¥12000/サザビーリーグ(アルティーダ ウード) バングル¥8000/ライフズ 代官山店(トゥデイフル) リング¥48000/ショールーム セッション(マリハ) 靴¥48000/ザディグ エ ヴォルテール

撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/加藤かすみ モデル/松島花 取材・原文/伊藤真知 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2020年8月号掲載

Baila Movieバイラムービー

JO1がBAILA10月号に初登場!メイキング動画を公開

BAILA10月号特別付録はミュベール 2way収納クラッチBOX

スタイリスト辻直子さんに聞きたい50のこと

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン