Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Lifestyle
  3. エンタメ

JO1の鶴房汐恩、大平祥生、木全翔也インタビュー♡お互いについてのコメントも必見!【JO1 特集1】

今年3月にデビューを果たし一躍話題をさらった大注目のボーイズグループJO1が、BAILAに初登場!今回は、鶴房汐恩さん、大平祥生さん、木全翔也さんへインタビュー。彼らの熱い想いを語ってもらいました。

鶴房汐恩 大平祥生 木全翔也

(左)鶴房汐恩 

つるぼう しおん●2000年12月11日生まれ、滋賀県出身。ラップ担当。韓国での練習生経験を経て番組に参加。まっすぐな性格。

  

「オーディション中は仲間が落ちるのがしんどくて、最初のころはめっちゃたたかれもして……。それでも、僕を信じてくれた方々のおかげで、11人に選ばれることを目指して頑張れました。でも、いざデビューしたら、やるべきことが想像以上にあって、むしろ今が踏ん張りどきと感じてます。番組でもずっとつけてたネックレスがあるんですが、実は2日前に替えました。同じブランドのシルバーなんですけど、JO1としてデビューできて『僕は生まれ変わったんや』という意味を込めて。僕の強みは緊張しないこと。トークはうまくないけど、切り込み隊長として、バカなことやって笑いをとっていきたいですね。ビジュアル担当とも言っておきます(笑)。そこに自信がなかったら、アイドルやっていけないんで!」

   

about 祥生

ふわふわした可愛さと、男らしさや闇を感じるようなすごみの振り幅がすごい。僕も可愛くできますけど、祥生にはかなわんなって。

about 翔也

行動が不思議で面白い。負けてられんなって。ダンスもラップもボーカルも、何でもできるオールラウンダーなところもうらやましい。

 (右)大平祥生 

おおひら しょうせい●2000年4月13日生まれ、京都府出身。ほっこり穏やかなキャラクターとキレキレのダンスのギャップが魅力。

  

「僕にとって、戦うときの支えになるのは“今までの自分”。芸能界を目指すなかで何度も挫折を経験しましたし、事務所との契約が切れて目の前が真っ白になり、1週間電車に乗ってただ泣き続けたことも。オーディション中やデビュー後も苦しいときはたくさんあったけれど、あのころに比べたらまだまだいけるって思えるんですよね。なにより、しんどい思いをしてきた自分の努力を無駄にしないためにはやるしかないなって。そういう意味で負けん気は強いほうですけど、グループ内では一歩引いて全体を見るタイプ。だって、全員がガンガン意見を言ってたら大変じゃないですか(笑)。まだ結成して時間がたっていないので、それぞれの個性や立ち位置を少しずつ探しながらひとつになっていけたらいいなって思ってます」

   

about 翔也

翔也は超元気で、みんなが疲れているときも永遠にしゃべってる(笑)。体力がすごいんです。あと、おしゃれなのでセンスを分けてほしい!

about 汐恩

意外と冷静で大人(笑)。でもしゃべると面白い。鶴房&翔也とはノリが合うので、めっちゃ仲いいですね。3人で富士急にも行きました!

(中)木全翔也 

きまた しょうや●2000年4月5日生まれ、愛知県出身。ボーカル・ダンスともに高いパフォーマンス力で話題に。ペットはうさぎ。

  

「オーディションでは短時間でダンスを覚えなきゃいけなくて、とにかくがむしゃらでした。緊張で大好きなごはんも喉を通らなくて……そんなときに助けられたのがカップ麺。韓国製、日本製問わずたくさん用意してあって、練習終わりの真夜中の思い出です。韓国のチーズラーメンと、日清焼そばU.F.O.のラー油味がお気に入りでした(笑)。JO1の一員となった今、支えになっているのはグループ愛。KコンやGirlsAwardでのステージを終えたときに、もっと頑張ろう、このグループをちゃんと守らないとって心の中で強く思いました。口に出して言ったりはしないし、みんなも言葉にするわけじゃないけど、同じように頑張ろうと思ってることは自然と伝わってきます」

   

about 汐恩

汐恩は失敗を恐れない姿勢がすごい。僕みたいにミスるのが怖くてしゃべれないということがなくて、ビビリな僕からしたらうらやましい。

about 祥生

祥生は「今日はこれをする」と決めたら必ず実行する決断力と行動力がある。こんなに疲れているのにやるんだ⁉と驚かされることも。

2nd single「STARGAZER」

2nd single「STARGAZER」

JO1 ¥1400 [通常盤]/LAPONE ENTERTAINMENT

“葛藤を乗り越え未来へ進む勇気を届けたい”、そんなJO1のメッセージがギュッと詰まった2ndシングル。通常盤には、パワフルなタイトル曲「OH-EH-OH」を含む4曲を収録。メンバーの與那城さんが作詞に携わった「My Friends」は、最後のサビで響く11人全員のユニゾンに注目!

〈鶴房さん〉コート¥88000・ニット¥17000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) ジャケット¥27000/ビショップ(ベトラ) シャツ¥19000/デザインワークス 銀座(デザインワークス) パンツ¥12000/リーバイ・ストラウス ジャパン(リーバイス®) 靴下¥900/タビオ(タビオメン) 靴¥77000/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム(トリッカーズ) 〈大平さん〉コート¥71000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) シャツ¥21000/シーアトリエ(ウィーク) ニット¥31000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) パンツ¥27000/メゾン キツネ カスタマーセンター(メゾン キツネ) 〈木全さん〉コート¥98000/アンフィル ジャケット¥161000/ビショップ(バーグファベル) パンツ¥6900/トップウィンジャパンショールーム(ファイブブラザー) スカーフタイ¥6000/ボウタイボウヤ 靴¥65000/パラブーツ 青山店

JO1のメイキングムービーもチェック!

撮影/尾身沙紀〈io〉ヘア&メイク/奥野 誠 スタイリスト/門馬ちひろ 取材・原文/木村真悠子、小泉咲子、真島絵麻里、山下弓子 構成/菅井麻衣子〈BAILA〉※BAILA2020年10月号掲載

【BAILA 10月号はこちらから!】

アマゾン
楽天ブックス

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン