Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. LIFESTYLE
  3. エンタメ

【Sexy Zone】佐藤勝利スペシャルインタビュー!【BAILA × Jの鼓動】

ジャニーズ史上最年少で衝撃のデビューを果たしたSexy Zoneも、メンバー全員20代に突入。松島聡さんが約1年9カ月ぶりに活動を再開し、5人そろってBAILA本誌に初登場です!今回は佐藤勝利さんのインタビューをご紹介。

Sexy Zone・佐藤勝利

BAILA×Jの鼓動 佐藤勝利(Sexy Zone)

さとう しょうり
●1996年10月30日生まれ、東京都出身、A型。顔面人間国宝と称されるほど端正な顔立ちで、冷静かつ客観的にグループを見ているバランサー。責任感にあふれ、ストイックな努力家でもある。現在、ラジオ「VICTORY ROADS」(bayfm 毎週金曜21時30分〜)でパーソナリティを務める。

僕たちのパフォーマンスが皆さんの日常にパワーを与える存在でありたい

「この夏にリリースしたシングル『RUN』は、唯一ファンの皆さんの前でパフォーマンスができていない曲です。寂しいですが、世の中の状況が制限されている今は仕方がない。でも、いつか必ず披露したいですね。ある意味、僕たちにとっていちばん向き合う時間が持てたシングルで、この曲から教わったことがたくさんあります。直接届けられない時期だからこそ、どうしたらより気持ちが伝わるのか、強い思いを込めて歌いました。当初は4人でリリース、松島が復帰したあとに5人で披露できるようになった曲という意味でも、今までにない経験でしたね。

5人での歌番組初披露は自分たちも手ごたえを感じたし、絆が深まったと確信できました。“今、この瞬間しかない”という気持ちでパフォーマンスすることの大切さもあらためて実感。もちろんメンバーそれぞれ感じたことは違って当然だし、その違いこそがいい未来へつながっていくと信じています。育った環境が違えば、仕事への向き合い方も変わってくるわけで。いろいろ詰めていくなかで、寄り添うことも、ときにぶつかることも必要!僕は普段、感情の高ぶりを表に出すのがどうも苦手でして……。パフォーマンスやお芝居は別なんですけど、不器用なのと、恥ずかしさが勝ってしまう。スポーツ観戦でも内心ではすごく応援していても、声を出して盛り上がれない(笑)。ただそのとき、その瞬間に感じた自分の内面にある気持ちは、大切にしたいと思っています。 グループの転換点となった『RUN』とともに、Sexy Zoneの今後をBAILA読者の皆さんも見守ってください」

セクシーゾーン
●2011年9月29日にグループを結成。11月16日「Sexy Zone」でCDデビューを果たす。当時の平均年齢は14.4歳、ジャニーズらしいフレッシュアイドル5人組でキャッチフレーズは顔面偏差値東大級。2020年3月24日には海外進出を視野に入れた活動をするため、Top J Recordsへレコード会社を移籍後、18枚目のシングル「RUN」が大好評!

「NOT FOUND」

Sexy Zone ¥1100/Top J Records

Sexy Zoneとして19枚目のシングルが絶賛発売中。菊池さん主演ドラマ「バベル九朔」の主題歌としても話題。クセになるサビのフレーズが印象的な曲に仕上がっています。

取材・原文/山中ゆうき  ※BAILA2020年12月号掲載

【BAILA 12月号はこちらから!】

アマゾン
楽天ブックス

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン