Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. ニュース

思い込みを捨てるのが「30代の着やせ」。読むだけで着やせ習慣につながるエディター&スタイリスト対談!

今季のトレンド服、すっきり着こなせていますか? リアルな目線で30代女性のおしゃれを考え続けてきたエディター伊藤真知さん&スタイリスト門馬ちひろさんならではの最旬着やせテク、教えます! まずは「大人の着やせ」とは何か、2人の対談からスタート。

エディター 伊藤真知さん(155㎝)

エディター 伊藤真知さん(155㎝)


確かな審美眼に定評アリ
本誌をはじめ数々の女性誌で活躍するエディター。等身大でまねしたくなる着こなしセオリーで、私服企画も人気。

スタイリスト 門馬ちひろさん(167㎝)

スタイリスト 門馬ちひろさん(167㎝)


活躍中の同世代スタイリスト
女性らしさの漂うきれいめスタイルを得意とし、今日から着られるリアルかつ半歩先のコーデ術にはファンも多数。

二人の考える“大人の着やせ”って?

伊藤 早速ですが、門(もん)ちゃんは「大人の着やせ」って、どう思う?

門馬 やっぱり“頑張りすぎないこと”かなと。今はおしゃれ=ガマンという時代でもないですし、ストイックに体を締めつける服や、黒ばかりが着やせになるかというとそうでもない。どこか肩の力が抜けたほうが今っぽいし、素敵です。

伊藤 わかる!  私も、もうブーツ以外ではヒール履いてないかも。

門馬 ぺたんこ靴だって先がとがっていればシュッと見えるし、暗い色で締めるより白で抜け感を出したほうが、すらっと見えますしね。まずは着やせの“思い込み”を捨てるのが大事! 「太って見えそう」なボアコートやニットパンツも着方でかなり印象は変わるので、単体よりも全身で考えないと。

伊藤 なるほど、「点」じゃなく「線」つまり全体のバランスで見るのね。となると、配色や小物も重要だね。

門馬 そうですね。あと、素材感も大切なポイント!

伊藤 たしかに、ざっくりしたニット×つやスカートのように質感を変えればメリハリが出るし、そのメリハリこそがバランスアップには不可欠。女らしさだったり、きちんと感だったり、大人に必要な要素を素材が補ってくれることも…。

門馬 最近はスポーティ系も注目ですし意外な素材のかけ合わせが新しい着やせの発見にもなるので自由な発想で楽しんでほしいです。

伊藤
 着やせの可能性を広げるうえでも旬アイテムの力って絶大! これまでの正解にとらわれず、もっと視野を広げて着やせを楽しめるといいですよね。

伊藤真知さん

たとえば、靴。着やせ目線なら「黒」じゃないほうがいいときも
「小柄なこともあり、ただ細くよりも“すらっと高く”見せたい私。特に靴は、締まると同時に小さくも見えてしまう黒より、足先をシュッと伸ばしてくれるような淡い色のほうが結果、体も細く見えたりするので、相対的なバランスを考えて選びます」(伊藤さん)。靴¥25000/ダイアナ 銀座本店 ニット¥15000/アンクレイヴ パンツ¥19000/ゲストリスト(レッドカード)

門馬ちひろさん

細い服に体を押し込むのではなく、ゆるさを使って“細見せ”に
「Vニット一枚でも着やせはしますが、ゆるめの丸首ニットと白Tを重ねたほうが腰まわりがカバーしやすく、抜け感も出ておしゃれに。同じ縦長のシルエットでも、細身のパンツより肉感を拾いにくいつや素材のタイトスカートは、最近のマイブーム」(門馬さん)。

門馬ちひろさんのコーデ

ニット¥28000/シュガー・マトリックス(イチエ) バッグ¥110000/エストネーション(ワンドラー)

厚手ニット×つやスカートなど素材のメリハリがつくる錯覚でワントーンもすっきり(伊藤)
「縦のラインをつくりやすい同系色コーデは出番が多め。質感や色で変化をつければ、奥行きが出てのっぺり見えません」(伊藤さん)。

シャイナモートのカーディガン

カーディガン¥79000/ガリャルダガランテ 表参道店(シャイナモート)

アンクレイヴのスカート

スカート¥15000/アンクレイヴ

2個持ち時代の今は重心アップに効くミニバッグをさらに活用して(伊藤)
「簡単に目線が上がるミニバッグも、一つあると便利。スクエアな形や堅さの出るレザーだと見た目もキリッとするのでおすすめ」(伊藤さん)。

ヤーキのミニバッグ(右)、フルラのミニバッグ(左)

バッグ(左)¥45000/フルラ ジャパン(フルラ) バッグ(右)¥14800/ショールーム セッション(ヤーキ) 

旬のスポーティアイテムも実は着やせに効果絶大(門馬)
「ハリ素材で体のラインが響きにくかったり、厚底で脚長に見えたり、細見えとおしゃれを両立したスポーツ系も見逃せません。生活様式が変わり、取り入れやすくなったことも人気を後押し」(門馬さん)。

カルフのスニーカー

靴¥15800/シードコーポレーション(カルフ)

ステートオブマインドのパーカ

パーカ¥10000/ゲストリスト(ステートオブマインド)

簡単に縦ラインをつくれるアクセサリーも重宝(門馬) 
「長さのあるピアスやロングネックレスはシャープな印象に直結。コーデを選ばないシンプルな地金がベスト」(門馬さん)。

ココシュニックのネックレス(右)、ソコのネックレス(左)

ネックレス(左)¥14000/エッセンス オブ アナイ(ソコ) ネックレス(右)¥62000/ココシュニック 

ブランイリスのピアス

ピアス¥22000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス)

撮影/渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/門馬ちひろ 取材・原文/伊藤真知 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※クレジットのないものは私物です ※BAILA2021年1月号掲載

【BAILA 1月号はこちらから!】

思い込みを捨てるのが「30代の着やせ」。読むだけで着やせ習慣につながるエディター&スタイリスト対談!_11
思い込みを捨てるのが「30代の着やせ」。読むだけで着やせ習慣につながるエディター&スタイリスト対談!_12

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン