Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. ニュース

【2021ベージュの名手】ワントーンで最新トレンド4スタイル!

ベーシックカラー“ベージュ”の信頼感に、着こなしで今っぽさを加えた30代のベストバランスを、スタイリスト“さとかな”が指南。ワントーンからデニム合わせなど、地味にならず映える4つのベージュスタイルをご紹介。

《1》ニュアンスベージュでピンクを大人に引き寄せる

ベージュのTシャツコーデの桐谷美玲

春らしいピンクも、信頼感のあるベージュとなら大人も難なく取り入れられる。少し赤みのあるベージュのTシャツと、なじみのいいまろやかなピンクを合わせて、鮮度の高いグラデーションを完成。Tシャツ¥17600/インターリブ(サクラ) カーディガン¥17600/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) パンツ¥22880/ショールーム セッション(サージ) 帽子¥3850/ビーミング ライフストア by ビームス アーバンドック ららぽーと豊洲店 (ビーミング) バッグ¥36300/ヴァジックジャパン(ヴァジック)

《2》ワントーンなら濃淡のベージュを使う大きさを変えながら重ねて

ベージュのワントーンコーデの桐谷美玲

ライトベージュのトレンチコートからブラウン小物まで、だんだん深みを増していくグラデーションで、ぼやけがちな全身ベージュを小気味よく。パイソンサンダルなど、柄を取り入れるのもメリハリアップに有効。コート¥25300/アンクレイヴ ニット¥18700・パンツ¥24200/スローン バッグ¥37400/エスケーパーズオンライン(ヘリュー) メガネ¥41800/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ネックレス¥14300/ソワリー リング¥11000/ボウルズ(ハイク) 靴¥28600/ジャーナル スタンダード 自由が丘店(マウロ デ バーリ)

《3》鮮度の高い黄みベージュをエクリュと一緒に満喫

黄みベージュコーデの桐谷美玲

今季あちこちで見かけるタマゴ色みたいな黄みがかったベージュは、まさに”今っぽいベージュ”の代表格。ベージュのワントーンに組み込むだけで、ぐっとフレッシュなイメージに。ブルゾンなどスポーティなアイテムでベージュが多いのも、今季新たな魅力を楽しめる理由。ジャケット¥29700/ロペ タンクトップ¥15400/アマン(アンスクリア) パンツ¥14300/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース) スカーフ¥19800/マニプリ バッグ¥40700/ヴァジックジャパン(ヴァジック)

《4》定番のボーダー&デニムに ベージュをまとわせる

ベージュのボーダーニットコーデの桐谷美玲

定番カジュアルなコンビも、ベージュベースなら断然新しい! 爽やかなだけじゃない、上品フェミニンな着こなしに。ニット¥14300/カレンソロジー新宿(カレンソロジー) デニムパンツ¥23100/ホリデイ バッグ¥156200/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ネックレス¥18700・ピアス¥45100/スタージュエリー渋谷スクランブルスクエア店(スタージュエリー) 時計¥132000/フレデリック・コンスタント相談室(フレデリック・コンスタント) 靴¥39600/シジェーム ギンザ(プロエンザ スクーラー)

佐藤佳菜子さん

スタイリスト

佐藤佳菜子さん


愛称“さとかな”。ベーシックななかに女らしさと抜け感を効かせた、バイラ世代にジャストなスタイリングが圧倒的な人気。自身の服装もベーシックカラー好き。

撮影/赤尾昌則〈whiteSTOUT〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/桐谷美玲 構成・原文/東原妙子 企画/三橋夏葉〈BAILA〉 ※BAILA2021年5月号掲載

【BAILA 5月号はこちらから!】

【2021ベージュの名手】ワントーンで最新トレンド4スタイル!_5
【2021ベージュの名手】ワントーンで最新トレンド4スタイル!_6

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン