Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. LIFESTYLE
  3. Lifestyle

【ダイソーの新業態「Standard Products(スタンダードプロダクツ)」】お皿を買ってみたら噂以上に高品質&オシャレだった!

3月にオープンしたダイソーの新業態「Standard Products」は、良質な生活雑貨が“ダイソー”らしいリーズナブルな価格で揃う、と話題沸騰中!

中でも、食器類は一時は欠品になるほど大人気ぶり。「和洋折衷で使える」をテーマに作られたお皿は、どんな料理でも合わせやすく、使いやすいと評判です。

今回はそんな注目のお皿を、人気の秘密とともに実際の使用感をレビュー!

ダイソーの「Standard Products(スタンダードプロダクツ)」の食器とは?

「Standard Products」では、和食器・洋食器という垣根をなくし、いつでも使いやすいベーシックな商品を展開。

カラーリングは4種類。白・黒・グレー・ブラウンと、既存のインテリアや食器類に馴染みやすい色味が揃っています。

Standard Productsより引用

出典:Standard Products

サイズは1寸刻みで9種類。規格を統一しているため、キレイに重ねられて省スペースで収納可能。

カトラリーやキッチンツールなども同じサイズ規格で設計していくそうなので、少しずつ買い揃えていくのもよいですね♪

ダイソーの「Standard Products(スタンダードプロダクツ)」の8寸平皿(24cm)グレーを買ってみた!

青みがかったグレーのお皿

青みがかったグレーの見た目と、手に持ったときのしっとりとした触り心地。とても550円とは思えない高級感。

少しどっしりとした印象の色味や質感ですが、軽くて持ち運びもしやすいです。マット加工で指紋がつきにくいのもポイント。

お皿の裏側写真

横から見るとわかるとおり、お皿に足がなくフラットなので、洗い物も楽チン。

お皿の裏側の足のことを“高台”と言うそうですが、「Standard Products」ではお皿を焼いた後、この高台を削る工程をあえて加え、フラットに仕上げているんだとか。

これまで高台を意識したことはありませんでしたが、使ってみると大違い! 洗うときも拭くときも水がたまるところがないので、ノーストレス。

重ねたときにキレイに見えるのも、このフラットな裏面のおかげだそう。見た目も機能面も考えつくされた秀逸デザイン!

ダイソーの「Standard Products(スタンダードプロダクツ)」のお皿は、見映えも使い勝手も抜群!

お皿にサラダを盛り付け

「Standard Products」のお皿、今ではすっかり我が家の一軍になりました。使いやすくて、料理の見栄えも良くなるので、次はサイズ違いでまとめ買い予定です!

「Standard Products」には、他にもおしゃれな商品が満載なので、ぜひ一度足を運んでみてください。

Standard Products
渋谷マークシティ店

東京都渋谷区道玄坂1-12-1
渋谷マークシティ ウエスト1階


Open 09:30 ~ 21:00

Standard Products公式サイト

取材・文/西川 洸介 ※記事中の価格はすべて税込み表記です。

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン