Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. LIFESTYLE
  3. グルメ

【無印良品】初代のバターチキンカレーが期間限定で復刻!現行版と食べ比べ

無印良品で人気のレトルト、バターチキンカレー。2009年に初代バターチキンカレーが販売されてから、何度もリニューアルされている商品です。初代の味から買い続けている根強いファンも。

無印良品では、2021年5月下旬から初代のバターチキンカレーが数量限定で復刻!販売が開始された2009年当時の味が味わえるチャンスです。

実は2020年にも復刻していた初代の味。次のタイミングを心待ちにしていたファンも多いのではないでしょうか。

無印良品のバターチキンカレーは、自宅でお店のような味が楽しめる名品。家にストックしておけば、仕事で疲れた日の夕飯や休日のブランチにぴったりです。

どのように味が変化したのか、復刻版のバターチキンカレーと現行版のバターチキンを食べてみました!

バターチキンカレーとバターチキン

左側が復刻版のバターチキンカレー、右側が現行版のバターチキンです。パッケージの写真を比べても、テイストの違いはあきらか。どんな味がするのかワクワクしますね。

さっそく封を切っていただいていきましょう!

【無印良品】復刻版・バターチキンカレー

皿に盛り付けた復刻版のバターチキンカレー

ココナッツとスパイスの香りがふんわりと広がります。スパイスの風味はやさしいのに、一口食べるとインドカレー屋さんの味を思い出す本格派。

カシューナッツペーストとバターがコクをプラス。ナッツの香ばしさが、舌に残ります。

スプーンに載せた復刻版のバターチキンカレー

スパイスをブレンドしたカレー粉はクセのない味。食べた瞬間よりも、後味にピリッとした辛味を感じます。

クリーミーでマイルド。本格派なのに食べやすいカレーです。大きな鶏肉が入っていて、食べ応えもありますよ。

レトルト バターチキンカレー 180g(1人前)
350円

【無印良品】現行版・バターチキン

皿に盛り付けた現行版のバターチキン

トマトとスパイスの爽やかな香りが食欲をそそります。3種のトマトを使っているこだわりのバターチキン。一口食べると、トマトの酸味と甘みがバランスよく感じられます。

後味に残るスパイスの味が複雑。コリアンダーやクミンなど、数種類のスパイスが配合され、作り手のこだわりを感じます。ほのかな甘みはカスリメティというスパイスの効果も。

スプーンに盛り付けた現行版のバターチキン

デミグラスソースのような濃厚な味わいで、大人も大満足できるカレーです。辛味は復刻版より控えめな印象ですが、スパイスの風味は現行版の方が強め。スパイスは好きだけど、辛いものが苦手...という人にぴったりです。

素材を生かしたカレー バターチキン 180g(1人前)
350円

無印良品のカレーは、ナンやオートミールでも美味しい♪

ナンとバターチキンカレー

復刻版のバターチキンカレーも、現行版のバターチキンも、ナンとの相性はばっちり。無印良品のナンと合わせてみては。

無印良品では、すぐに食べられるナンが販売中。トースターで1分ほど温めるだけなので、疲れて帰ってきた日の夕飯にぴったりです。

ダイエット中なら、オートミールを活用する方法も。ご飯をオートミールに代えれば、糖質が抑えられますよ。時間があるときには、オートミールでナンを作るのもおすすめ。

オートミールナンとバターチキンカレー

オートミールのナンは、約10分で完成するのでとてもお手軽。オートミール約60gにベーキングパウダー約3gを加えて混ぜ、好みの固さになるまで水を加えます。

今回は、お好み焼きの生地のような状態で、オリーブオイルをひいたフライパンへ。

オートミールはクイックオーツなど粒が細かいものを使ってくださいね。水を加えたら、5分ほど置いておくと、オートミールと水がなじんで粒感が少なくなります。

【無印良品】バターチキンカレーの進化がわかる!復刻版と現行版の食べ比べが楽しい♪

食べ比べてみると、復刻版と現行版でかなり味が違うことがわかります。どちらも美味しいので、好みが分かれるところ。

復刻版はマイルドでクリーミー。現行版はトマトの酸味とデミグラスソースのような濃厚さが特徴。どちらもごろっとした鶏肉が入っていて食べ応えがあります。

迷ったら、復刻版の販売中にいくつかストックしておいては。ご飯と食べたり、ナンと食べたり。友達と一緒に食べ比べするのも楽しい♪ダイエット中ならオートミールのナンに挑戦してみるのも◎

復刻版のバターチキンカレーは数量限定なので、気になった人は無印良品の店舗かオンラインショップでチェックしてみてくださいね。

取材・文/大江佳子 ※記事中の価格はすべて税込み表記です。

無印良品 公式サイト

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン