Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. ニュース

鏡リュウジさんほか、人生の先輩が回答!30代のお悩みにアドバイス

ニューノーマル時代、自分がワクワクするもの、心地よく感じるものをもう一度見直してみて。30代のお悩みに、心理占星術研究家の鏡リュウジさん、エディターの伊藤真知さん、スタイリストの加藤かすみさんがアドバイス!

心理占星術研究家 鏡リュウジさん

【みんなのお悩み】
ひとりぼっちの在宅勤務、外出できないストレス…。最近、孤独や不安を感じることが増えた気がします(36歳・会社員)

心理占星術研究家 鏡リュウジさん

「占星術ではいつだってあなたが主役です」
「自分軸」というと、僕はすぐにホロスコープを思い出します。ホロスコープとは自分が生まれたときに自分を取り巻く宇宙の星たちを円形の図表にしたもの。今の天文学では太陽系宇宙の中心は太陽ですが、占星術では地球、もっといえばあなた自身の存在が宇宙の中心軸で、ここを基準に太陽や月、惑星や星座たちが巡っていると考えるのです。今、孤独を感じている人が増えているようですが、これは当たり前。正直、僕も寂しいですもん。でも、あなたの今の迷いや悩みは、実はお釈迦様もアントワネットも生きることができないあなただけのもの。占星術ではどこまでいってもあなたが主役。あなただけの星空を描きます。孤独を感じたとき、自信をなくしそうになったときには、まずは誰かと気持ちを分かち合ってみて。それさえも難しいときは星占いの世界観に心を開いてみていただけると嬉しいです。

エディター 伊藤真知さん

【みんなのお悩み】
家にいることが多くなり、見せる相手もいないのでラクで適当な服ばかり買っておしゃれがつまらなく感じます(34歳・会社員)

エディター 伊藤真知さん

「自分の好きなものを見つめ直せる今こそ、新しいおしゃれを見つけられるチャンスです」
私、今まではずっと、おしゃれは自分のためではなく人のためにするものだと思ってきていたんです。それがこの1、2年で状況が180度変わってしまって。同じような悩みを感じていたこともありました。ただ、圧倒的に自分のことを考える時間が増えたことで、自分の好きなものを見つめ直すことができたんです。今まではスルーしてきたようなシンプルで上質な服を着てみたり、じっくり検討する時間がなかったちょっといいブランドのバッグを実際にお店に足を運んで買うことができたり。ECで買うときも、無駄買いが少なくなりました。たとえ見せる相手がいなくても、自分の好きなものを熟考できる今こそ新しいアイテムやテイストに出会えるチャンスだと思うんです。

スタイリスト 加藤かすみさん

【みんなのお悩み】
お店に行かずECサイトや他人のSNSばかり参考にしていたら自分の好きなもの、着たい服がわからなくなってしまった(30歳・会社員)

スタイリスト 加藤かすみさん

「実際に自分の目で見て触れてみる。心のときめきを探すのをあきらめないで」
情報過多になってしまうし、他人の意見に惑わされてしまう気がするので、私自身はファッションの参考としてSNSはあまり見ません。質感や作りも、スマホの小さい画面だけで判断するのって難しいから、やっぱり実際にお店に行って、雰囲気を味わい、洋服を手にすることで自分の好きなテイストを再確認したり、新しいおしゃれのヒントが湧いてくるんです。おしゃれのモチベーションを上げるには、そういう「自分だけの心のときめき」を探すことが大切。いくら外出しないといっても、服を着ない日はありませんよね。ちょっとしたTシャツ一枚でも、好きなものならテンションは上がる。一歩外に出て、新しい服と出会う楽しみを探してみて。

取材・原文/石井美輪(p.36弘中さん) 構成・原文/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2021年9月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン