Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FORTUNE
  3. 鏡リュウジの星座占い
  4. 12星座別・2021年下半期~2022年の運勢

〈牡羊座〉の2021年下半期~2022年の恋愛運は?【鏡リュウジの星座占い】

〈牡羊座〉の2021年下半期の恋愛運と来年の見通しを、鏡リュウジさんの星占いで駆け込みチェックしよう。

〈牡羊座〉の2021年下半期~2022年の仕事運は?
12星座別・2021年下半期~2022年の運勢 TOPページ
〈牡羊座〉の2021年下半期~2022年の恋愛運は?【鏡リュウジの星座占い】

《LOVE》8月の恋の中に珠玉の出会いが待っていそう

恋については、今すぐ恋愛の渦中に飛び込んでいくべき! なぜなら、牡羊座にとって、8月が恋と結婚のハイシーズンとなる暗示があるから。頭上からは恋のチャンスが花びらのように降り注ぎ、でもあなた自身の心は意外とクール。四方八方から繰り出されるアプローチの中にある、偽物の恋を鋭く見抜いてしまいます。そして、いくつかの本物の愛情の中から、結婚につながる恋を選び取れる時期となるのです。ただ、あなた自身はどこか冷静さが抜けないため、あまり幸運に恵まれている気になれないかもしれません。

しかし、後で振り返ってみると、この時期の出会いの素晴らしさに驚く可能性大。後悔しないようにこの夏は、どんな出会いも見逃さず、本気で向き合って。そうすれば、理想的な相手としっかりとした絆を結び、最高の結婚にまでたどり着くことができるでしょう。

直感的な恋が生涯のパートナーとの縁を結ぶ時期もあります。それは10月。対人関係に動きがあるこの時期、恋愛面では過去の経験に惑わされず、インスピレーションを大事にすると素晴らしい恋に出会えるという暗示が出ています。

もともと、走りだしたら止まらない、情熱的な牡羊座。そんな情熱を臆することなく表に出し、すぐに恋愛へと踏み切れば、誰に後れをとることもなく、素敵な恋をつかみ取れるでしょう。時代の変化によって我慢をすることが増え、そんな本来の勢いを見失っているとすれば、今こそ恋のハンターたる素質を解き放つチャンスといえるでしょう。好きなら好きとまっすぐに伝えることが、相手の心を射止める秘訣です。

11月から年明けにかけては、結婚への条件が厳しくなりそう。人柄がよさそうでも、それなりに稼いでいない人とは結婚に踏み切れない。そんな気分になりそうです。そうした現実的な視点は、結婚を前提とした恋をするなら重要ポイント。特に将来、出産を望んでいるなら、なおさらです。

しかし自分の頭の中でずっと考えているうちに、条件だけが独り歩きしてしまうこともあります。安定した職や収入を保てるかどうかは、あなた自身にも問われる問題ですから、スペックにこだわりすぎないようにしましょう。

大事なのは、話し合って乗り越えていける相手かどうか。結婚を意識し始めたとき、家族への紹介や結婚式について検討し始めたとき「好きにすればいいよ」と思考停止するようであれば、その話は一時保留に。あなたが相手からの連絡を待つ姿勢になったとき、きちんと考えて提案してくれる人であれば、安心して話を進めていいでしょう。

ただ、待つよりも攻めの姿勢で恋をすることが得意なほうですから、話し合いに時間をかけるのは性に合わないかも。そんなときはスパッと次の恋にいくのもあり。決断をするなら12月がおすすめ。迷ったまま年を越さず、一年の節目に気持ちを切り替えて。

【2021年下半期~2022年】牡羊座の仕事運は?
鏡リュウジさん

鏡リュウジさん


1968年、京都府生まれ。国際基督教大学大学院修了。心理占星術研究家・翻訳家。新装版『魂のコード』(ジェイムズ・ヒルマン著 鏡リュウジ翻訳 朝日新聞出版)が好評発売中。

イラスト:itabamoe ※BAILA2021年9月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン