Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. まとめ

【ユニクロ新作デニムまとめ】30代&40代に似合うのは?6型をチェック!

自他ともに認めるユニクロ愛好家のエディター・伊藤真知さんが、新作デニムの中からイチ推しをピックアップ。全型、全色、サイズ違いもはき比べ、選びぬいたのはこの3タイプ。リアルな秋コーデ実例とともにチェック!

<目次>

1.スキニーハイライズアンクルジーンズ

ユニクロのスキニーハイライズ アンクルジーンズ

女っぽさも美脚もかなうNo.1!
スキニーといっても、実際はくとそこまでピチピチしすぎず、脚の形に沿ったスリムシルエット。足首までのアンクル丈はどんな靴ともバランスがとりやすく、小柄な人でもお直しせずにはきやすいのも嬉しい。オンラインストアでは「丈長め」タイプも販売しているので、身長の高い人でも安心!スキニーハイライズアンクルジーンズ¥3990(一部店舗のみで販売)/ユニクロ

はいてみました!

ユニクロのデニムの伊藤真知

《大人好みの上品な色ばかり!一本目は王道のブルーで》
ウエストから足首へと体のラインを均一に包むような絶妙なストレッチ感。縦横にのびるため動きやすく、しっとりと柔らかな素材も心地いい。

COLOR VARIATION

ユニクロのデニムのバリエーション

《万能なブラックも気になる》
いい意味でデニム感が弱いブラックは、お仕事にも重宝しそう。着用のブルーのほか、ネイビー、ブラウン、オフホワイト、ブラックの5色展開。スキニーハイライズアンクルジーンズ各¥3990(一部店舗のみで販売)/ユニクロ

【スキニーハイライズアンクルジーンズ】ブルーはこう履く!

ユニクロのアンクル丈デニムとヒールコーデの伊藤真知さん

アンクル丈+ヒールはやっぱり素敵!今年らしいワントーンで目新しく
「きれいな逆三角形が作れて女っぽいアンクル丈+ヒールは、デニムでなくても私が“よくする”組み合わせ。バランスとしては定番、色もなじみのあるブルーだからこそ、デニムONデニムやチェックジャケットで印象を一新」。スキニーハイライズアンクルジーンズ(ブルー)¥3990(一部店舗のみで販売)/ユニクロ ジャケット¥29700・シャツ¥15400/アンクレイヴ ピアス¥35200(ドーラ)・リング(左手人さし指)¥5800・(右手薬指)¥6200(ともにルメル)/ロードス 時計(フェイス)¥22000・(ベルト)¥3850/エイチエムエスウォッチストア 表参道(マトウ) バッグ¥198000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) 靴¥15950/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

【スキニーハイライズアンクルジーンズ】ブラックはこう履く!

きれいめパンツ感覚のユニクロのブラックデニムの伊藤真知さん

ぺたんこ靴だってちゃんと脚長に。ユニークな一足も黒とならOK
「ダメージも色落ちもない黒は、デニムというよりきれいめパンツ感覚。遊んだトレンドもほどよくリアルに引き戻してくれるので、ローファースリッパやカチューシャといった鮮度の高い小物も積極的に取り入れます」。スキニーハイライズアンクルジーンズ(ブラック)¥3990(一部店舗のみで販売)/ユニクロ ニット¥74800/エスアンドティ(バイ マレーネ ビルガー) カチューシャ¥4290/ザ ヘア バー トウキョウ(ジェニファーオーレット) ピアス¥5500/アビステ バッグ¥30800/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥15950/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 

2.ペグトップハイライズジーンズ

ユニクロ ペグトップハ イライズジーンズ

悩める下半身を救う、噂の新型
今季デビューした“ペグトップジーンズ”は、腰まわりや太ももまわりがゆったりとしたリラックスデニムの最新作。裾にかけて細くなりつつ、一般的なテーパード型よりもお尻~ひざ裏にゆとりを感じるので、下半身のボリュームが気になる人には特におすすめ。ペグトップハイライズジーンズ¥3990/ユニクロ

はいてみました!

ユニクロのデニムの伊藤真知

《ボーイッシュな形だからこそ、女性らしい白を》
小尻を強調するのではなく、ヒップ全体にゆるっとすき間をもたせることで小尻見えに。綿100%ならではのほどよい硬さで肉感も拾いにくい。

COLOR VARIATION

ユニクロのデニムのバリエーション

《白と迷ったきれいめネイビー》
ネイビーなどブルー系の3本はユーカリから作られる再生繊維をブレンドし、よりソフトな風合い。着用のオフホワイトのほか、ネイビー、ダメージブルー、ブルーの4色展開。ペグトップハイライズジーンズ各¥3990/ユニクロ

【ペグトップハイライズジーンズ】ネイビーはこう履く!

ユニクロのリジッドデニムのような本格派のネイビーのデニムコーデの伊藤真知さん

ボーイズ感がおしゃれに和らぐレトロな可愛さをプラス
「リジッドデニムのような本格派のネイビーに、ジャケットやシンプルすぎるニットだとちょっと男性的。同じニットを選ぶなら、胸ポケットつきくらいのわかりやすく可愛いものを」。ペグトップハイライズジーンズ(ネイビー)¥3990/ユニクロ カーディガン¥30800/キャバン 代官山店(キャバン) 頭に巻いたスカーフ¥13200/マニプリ イヤカフ(上)¥6600・(下)¥9900・リング(小指)¥12100(すべてシンパシー オブ ソウル スタイル)・(人さし指)¥25300(メラキ)/フラッパーズ バッグ¥37400/メアリ オル ターナ 靴¥16500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 

【ペグトップハイライズジーンズ】オフホワイトはこう履く!

コンパクトトップスとユニクロのデニムコーデの伊藤真知さん

トップスは絶対、コンパクトがいい。ベルトでさらに腰高を狙って
「細身のリブニットをインしてきゃしゃ見えに。ゆったりしたデニムを女性らしく着こなすためにも、上は小さくまとめるのが正解。白に際立ち、ハイウエストなデザインをいっそう腰高に見せてくれる細ベルトも、デニムとセットで買いたいユニクロの名品」。ペグトップハイライズジーンズ(オフホワイト)¥3990・ラウンドバックルスキニーベルト¥2990/ユニクロ ニット¥8580/フォーチュンチー ジャパン(ジチピ) ピアス¥11000・リング¥9900/ショールーム 233(ニナ・エ・ジュール) 時計¥99000/オールージュ(ミッシェル・エルブラン) バッグ¥27500/メアリ オル ターナ 靴¥15950/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 

3.ウルトラストレッチスキニーハイライズジーンズ

ユニクロのデニム

“はき心地最高”の今こそ新調を
はき心地のよさに定評のあるユニクロスキニーの中でも、史上最高の伸縮性を実現した一本。後ろ姿がいちばん美しく見える位置とサイズでポケットをつけたり、色落ちしにくかったりと細部まで優秀で、プチプラでなくても欲しい!逸品。ウルトラストレッチスキニーハイライズジーンズ¥3990/ユニクロ

はいてみました!

ユニクロのデニムの伊藤真知

《黒は持っているのでネイビーでちょっと“味変”》
まっすぐに見えて実はさりげなくテーパード型に進化し、ひざや足首まできれいにフィット。ハイライズ&ハイウエストでお腹も楽ちん。

COLOR VARIATION

ユニクロのデニムのバリエーション

《おしゃれが広がるグレーも欲しい》
ウォッシュ加工も本格的。着用のネイビーのほか、グレー、ダメージの濃ブルー、ブルー、ダメージの淡ブルー、ブラックの6色展開。ダメージは丈が短め。ウルトラストレッチスキニーハイライズジーンズ各¥3990/ユニクロ

【ウルトラストレッチスキニーハイライズジーンズ】グレーはこう履く!

ユニクロのデニムの伊藤真知

多少のムッチリは覚悟のグレー(笑)うまく目線をそらす着こなしで
「黒よりもニュアンスがあってどんな色ともなじむ反面、明るい分だけ肉感も感じやすいグレーのスキニー。厚手のカーデで包んだり、ロゴT+インで重心を上に集めたり、脚から目線をそらす工夫も大切」。ウルトラストレッチスキニーハイライズジーンズ(グレー)¥3990/ユニクロ カーディガン¥31900/トゥモローランド(マカフィー) Tシャツ¥7920/ムッチ バッグ¥16500/ラブティックボンボン(マルコマージ) チェーンネックレス¥28050/ZUTTOHOLIC(ソコ) ロングネックレス¥17600/ジェンマ アルス(アルス) 靴¥15950/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 

【ウルトラストレッチスキニーハイライズジーンズ】ネイビーはこう履く!

ユニクロのデニムの伊藤真知

ブーツとはきたい秋のスキニーは黒にも茶にも似合うネイビーを
「これから出番の増えるロングブーツはほとんどが黒や茶系。そのどちらとも相性がよく、きれいめに仕上がるノンダメージのネイビー。スウェット+シャツの重ね着で、腰まわりのカバー術も今年らしく更新を」。ウルトラストレッチスキニーハイライズジーンズ(ネイビー)¥3990/ユニクロ スウェット¥4950/キャブ(ユナイテッドアスレ) シャツ¥5995/フリークス ストア渋谷(フリークス ストア) ピアス¥16500/ロードス(ベベット) ハット¥24200(マサカズ フルサワ)・バッグ¥44000(オソイ)/UTS PR 靴¥35750/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 

この秋から全型“ハイライズ”に!苦手が好きへと変わりました
「なかなか自分の体型に合うものが見つからず、ユニクロの中で唯一苦手だったデニム。でも今季はデザインが一新され、すべてがハイライズ(=股上深め)になったことで驚くほどはきやすく、コーディネートもしやすくなりました。カラバリも多いですし、今回の3型でいえば、オンラインストアなら13サイズから選べたりとサイズ展開も豊富。迷ったら色違いで買ったり、気分によってサイズを使い分けてもいい。そんな贅沢な楽しみ方ができるのも、手頃なユニクロデニムの魅力です」

長く、飽きずに楽しむためにもその時々の女っぽさや今っぽさを
「できるだけ重心は上に。小柄でもバランスよく見える着こなしを心がけていますが、とはいえ今はぺたんこが主流ですし、少しくらいぽてっとしたバランスのほうが可愛く見えることもあるので、ほどほどに。それよりも意識しているのは、女っぽさや今っぽさ。特にデニムははく頻度も高いので、気づくと手抜きになりがち。せっかく今季はユニクロで長く愛せそうなデニムが見つかったので、今年は今年なりの着方やトレンドをうまく取り入れて、新鮮なおしゃれを楽しみたいと思います」

伊藤真知

エディター

伊藤真知


本誌をはじめ数多くの女性誌で活躍するファッションエディター。等身大で真似したくなる着こなしセオリーで、私服スタイルも好評。

撮影/川﨑一貴〈MOUSTACHE〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/遊佐こころ〈PEACE MONKEY〉 スタイリスト/水野利香 取材・原文・モデル/伊藤真知 構成/三橋夏葉〈BAILA〉 ※この企画で掲載したデニムはすべて24サイズです ※表記のないものは私物です

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン