Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. ニュース

【頑張りすぎないのに効く、おしゃれアイディア】ネイビースカートには、わかりやすく“旬”のアイテムを合わせるのが正解!

リモートワークが増え、「出社するときのおしゃれ」の度合い人がわからなくなってきた!という声が続出。頑張りすぎず、気取っていないのにどこかハッとする、スタイリストさとかな発のおしゃれアイディアを取り入れて! 今回はネイビースカートコーデをご紹介します。

コンサバ感の強いネイビースカートはわかりやすく“旬”を効かせて

パンツよりも落ち着いた雰囲気のネイビーのスカートは、タイトならさらに大人っぽくコンサバな印象。着こなしまできれいにまとめすぎると制服にも似たお堅さが出てしまうので、キャッチーなトレンドアイテムを大胆に取り入れて、ほどよく肩の力を抜きましょう。

【NAVY SKIRT】

黒に近い深いネイビー。着回したスカート¥39600/サードマガジン(サードマガジン×ミコモリ)

“小さくても効く”流行のグリーンをセンスよく重ねて印象的に

“小さくても効く”流行のグリーンをセンスよく重ねて印象的に

羽織ったコートはカシミヤ素材。「シンプルで上質なネイビーとなら、派手色も奇抜には見えません」(佐藤さん)。まずは小物からトライ。コート¥209000/サードマガジン(サードマガジン) ニット¥20900/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) ストール¥62700/シップス 有楽町店(ジョシュア エリス) ネックレス¥17600/ヴァンドームヤマダ(ケンゴ クマ プラス マユ) バッグ¥155000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥20900/ユナイテッドアローズ 有楽町店(ユナイテッドアローズ) タンブラー/私物

ブーツにかぶせるようにはく、重ための足もとでも鮮度がアップ

“オジ可愛”な襟ニット+スカーフで 一歩先行くネイビーコーデに

「今季人気のロングブーツで足もとを変えることで、ジャケット+スカートのよくあるお仕事スタイルも目新しく」(佐藤さん)。ネイビーのスカート+黒ブーツという安心感があるからこそ、ここでもニットはビビッドな色で冒険。マスタードイエロー&リブでこれ以上の主張はいらないので、顔まわりは潔くノーアクセに徹して。ジャケット¥30800/パブリック トウキョウ 渋谷店(パブリック トウキョウ) ニット¥24200/インターリブ(サクラ) バッグ¥52800/フルラ ジャパン(フルラ) 靴¥43450/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

はおりをグレーのジレに更新してジャケットとは違う洒落た装いに

はおりをグレーのジレに更新してジャケットとは違う洒落た装いに

ジレの中のブラウスも今どきなフリル襟に。「どんなトレンドがきてもトゥーマッチにならないのが、まじめなネイビースカートのよさ。着てみたかった流行にも積極的にチャレンジを」(佐藤さん)。ジレ¥30800/デ・プレ(デ・プレ) ブラウス¥36300/サードマガジン(エヴァ マン) バッグ¥17600/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) 時計¥16390/HIROB ルミネ新宿店(クルース) ネックレス¥17600/ヴァンドームブティック 伊勢丹新宿店(ヴァンドームブティック) 靴¥17600/ピシェ  アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェ アバハウス)

教えてくれたのは
佐藤佳菜子

スタイリスト

佐藤佳菜子


さとう かなこ●“さとかな”の愛称でおなじみの敏腕スタイリスト。「ふつうの服」をこよなく愛し、色合わせやサイジング、小物使いで「なんだか素敵」な印象に仕上げるテクニックはバイラスタッフからも絶大な支持が。

撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 取材・原文/伊藤真知 ※BAILA2021年12月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン