1. BAILA TOP
  2. LIFESTYLE
  3. エンタメ・インタビュー

【わたしと愛車モノガタリ1】トヨタ ハイラックスサーフで花市場へ

車を所有するからこそ得る思い、見える景色がある。今回は「duft」オーナーでフローリストの若井ちえみさんに、愛車「トヨタ ハイラックスサーフ」との関係をインタビュー。

【車とは…】車は日常と地続きにあるもの。緊張をほぐす大切な場所

車は日常と地続きにあるもの。緊張をほぐす大切な場所

withトヨタ ハイラックスサーフ

「duft」オーナー

若井ちえみさん


ドイツ語で“香り”を意味する「duft」。ギャラリーを思わせるプレーンな空間には、多彩な色合い、ユーモラスでフォトジェニックな花が所狭しと並び、一歩先ゆく花選びを提案。

お花と同じく、車はいつだってそばにいてほしい相棒です

朝3時起きで花市場へ仕入れに。あるときは大量の花材をショップや飲食店に搬入し、ディスプレイを手がけることも。フローリストにとって車は必要不可欠で、若井さんが1年前に手に入れたのが、大型SUV「ハイラックスサーフ」だ。

「無骨なムードでガンガン走っても壊れにくく、積載量も充分。どんな場所でも安定して走れる車種を探して行き着きました。私にとって車は、仕事のための手段にとどまらない、大切な相棒。日常と地続きにあるので、車内に戻ると自宅のような“ただいま”的な感覚になり、日々の緊張がほぐれます。たとえるならファッションは、仕事中も唯一無二のデザインであるヴィンテージに身を包んでテンションを上げ、背すじを伸ばすもの。一方で、車は背すじを丸くしてくれる癒しの存在でしょうか」

完全なるプライベート空間。私にとって、癒しの場所です

車内はとっておきの パーソナルスペース。「さ くっと食事をしたり、メ イク直しをすることも」

車内はとっておきのパーソナルスペース。「さくっと食事をしたり、メイク直しをすることも」

)都内での仕事に加え、 結婚式のフラワーディス プレイのため、福井県ま で8 時間車を走らせたこ とも。「運転する機会が多 いので、腰痛防止クッシ ョンを手に入れました」

都内での仕事に加え、結婚式のフラワーディスプレイのため、福井県まで8時間車を走らせたことも。「運転する機会が多いので、腰痛防止クッションを手に入れました」

車で何聴いてる?

好きなアルバムをひたすらかける派。仕事でもうひと踏ん張りしたいときは、ハイエイタス・カイヨーテの『Mood Valiant』。のんびりドライブしたい日には、細野晴臣さんの『HoSoNoVa』。

車の中で何してる?

ロングドライブにも適した「トヨタ ハイラックスサーフ」は座面の位置も高いので、窓からの眺めも最高です。車内では音楽を聴いたり、ときには歌ったり……。車内は日常の延長線にあるものなので、基本的に何でもします(笑)。

大型のボディが特徴。仕入れた花はトランクへ

大型のボディが特徴仕入れた花はトランクへ

車を撮ったのは?
@duft

大型ボディの「トヨタ ハイラックスサーフ」をガシガシ乗りこなす若井さん。仕入れがある日は朝4時過ぎには到着。搬入や水揚げ、ディスプレイや配送の準備など、ほぼ一人で行う。店舗は、東急世田谷線・松陰神社前駅すぐ。
東京都世田谷区世田谷4 の13の20松陰PLAT 1F
https://duft.jp

撮影/NAE. 取材・原文/広沢幸乃 ※BAILA2022年3月号掲載

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK