1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. ファッションまとめ

【春パンツまとめ】人気スタイリスト福田亜矢子さんが指南!“気取らないのに女っぽい”パンツ5本を使った最旬19スタイルをチェック!

働くシーンで凜とスマートに見せるなら、やっぱりパンツが頼もしい。そこに女性ならではのやわらかさも加われば、パーフェクト! しなやかに働く女性に向けて、今ワードローブに加えるべき5つのパンツを人気スタイリスト福田亜矢子さんが厳選! また、BAILA視点で探したこの春ハズせないトピックスを8連発も要チェック!

目次

  1. 1.“気取らないのに女っぽい”パンツ5本
  2. 2.スタイルアップがかなう黒の美脚パンツ4選
  3. 3.女っぷりが上がるリネンパンツ3選
  4. 4.瞬時に女っぽい! きれい色センプレパンツ5選
  5. 5.足首を見せて女っぽく! 裾しぼりパンツ3選
  6. 6.脚長効果も! ウエストコンシャスパンツ4選
  7. 7.最新パンツNEWS 8選

1.“気取らないのに女っぽい”パンツ5本

AYAKO FUKUDA

STYLIST

AYAKO FUKUDA


ベーシックを軸に都会的でフェミニンなエッセンスを盛り込んだスタイリングにファン多数。人気ブランドN.O.R.Cのディレクターとしても活躍。

気張らない“抜け感”が今どきの女らしさにつながります

パンツ=シャープというイメージが強いかもしれませんが、「ソフトな素材」「ハイウエスト」「ややゆるシルエット」というポイントを押さえれば女性らしく着映えます。さらにスタイルアップが両立できるのも利点。リモートワークが増えて、いい意味で力の抜けたスタイルが主流になっていることもあり、ラクな着心地で女っぽいニュアンスのパンツが急増しているんです。スタイリングは、去年に引き続き袖コンのようなフェミニントップスとの組み合わせがイチ押し。ストレートな甘さが苦手な方は、パンツ自体きれい色を選んでみると、それだけで華やかなムードに。ジャケットなどマニッシュなものを合わせたい方は、フィット感のあるトップスを中に入れたりジュエリーや小物で盛るなど、どこかに必ず色気や可愛げを意識するといいですよ。

1.【BLACK PANTS】黒の美脚パンツ

【BLACK PANTS】黒の美脚パンツ

美スタイルが女っぽさのカギ

きちんと見えてシーンレスな黒パンツは、女性らしくスタイルアップできるものを選べば活用度がさらにアップ。定番中の定番だからこそ、選び方や着こなしのアップデートは必須。¥3990/ユニクロ

2.【LINEN PANTS】リネンパンツ

【LINEN PANTS】リネンパンツ

ナチュラルで肩ひじ張らない

この春は洗練度の高いデザインが豊作。リラクシーでこなれ感のある雰囲気が、頑張ってないけど女らしく見せたい今の気分にもジャストフィット! ¥24970/アンクレイヴ(アンクレイヴ ホワイト) 

3.【COLOR CENTER PRESS PANTS】カラーセンプレパンツ

【春パンツまとめ】人気スタイリスト福田亜矢子さんが指南!“気取らないのに女っぽい”パンツ5本を使った最旬19スタイルをチェック!_3

旬の女らしさに直結!

手間と時間をかけずに女っぽさを高めるなら、パッと華やぐきれい色にトライ。春らしい気分も一気に盛り上がって、そろそろマンネリぎみな冬服の鮮度アップにも有効。(3月発売予定)¥14000/ノーク

4.【JOGGER PANTS】裾しぼりパンツ

【JOGGER PANTS】裾しぼりパンツ

ラクしてきれいをかなえる代表格

裾に向けて細くなり、足首がキュッと引き締まって見えるデザインが女性らしさの要。どんな体型の人もバランスよく着られるのも魅力。¥19800/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町(マルティニーク)

5.【WAIST CONSCIOUS PANTS】ウエストコンシャスパンツ

【WAIST CONSCIOUS PANTS】ウエストコンシャスパンツ

NEWバランスであか抜ける

ハイウエストやベルトマークデザインなどウエストコンシャスなパンツの持ち味は、メリハリのあるしなやかなボディラインをつくれること。脚長効果もピカイチ。¥42900/エイトン青山(エイトン)

人気スタイリスト福田亜矢子さん厳選! 春パンツ5本を詳しくチェックする

2.スタイルアップがかなう黒の美脚パンツ4選

【黒の美脚パンツ】スタイルよく見える=女っぽい!

「スタイルに自信をもてる“おさえの黒”が一本あるだけで、毎日のコーディネートが格段にラクになります。色そのものがシャープな分、ストイックに転ばない素材感やシルエットを吟味するのが女らしさへの近道」(福田さん)

AYAKO's SELECT POINT
☑ゆるテーパードシルエット
☑ソフトな微光沢素材 
☑足首が見えるアンクル丈
腰まわりとヒップにほどよくゆとりがあるテーパードシルエットは、体型を問わず美脚に見える鉄板。しなやかな微光沢素材や軽やかなくるぶし丈を選ぶと、黒パンツならではのカチッと感が和らいで女らしさも得られます。

黒の美脚パンツの正解バランスは旬トップスとの“メリハリ”で決まる!

「見慣れた黒パンツだからこそ、トップスはトレンド感高めが正解。ボリュームの緩急や視覚効果で、ぺたんこ靴合わせでもスタイルよく」(福田さん) 

1.ビッグカラーシャツ+黒の美脚パンツ

サクッと華やぎたい日は“真逆”のワンツーが頼りになる

サクッと華やぎたい日は“真逆”のワンツーが頼りになる
王道のセンタープレス入り黒パンツを一気に女っぽく旬にシフトする襟コンシャツを相棒に。相反する組み合わせだからこそのすっきりした甘さも、大人にしっくり。モノトーンにグリーンのバッグを効かせて、遊び心もさりげなくON。パンツ¥59400・ブラウス¥56100/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ピアス¥101200・ブレスレット¥96800/ホワイトオフィス(ジジ) バッグ(2月下旬発売予定)¥237600/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥64900/ジミーチュウ

2.袖コンブラウス+黒の美脚パンツ

華やぎとスタイルアップを同時にかなえるベストな組み合わせ

華やぎとスタイルアップを同時にかなえるベストな組み合わせ
腰まわりを上手に隠せるきれいめ黒タックパンツは、ハイウエストが今年らしさのカギに。目線を上に誘うボリューム袖トップスをタックインすればより美脚が際立ち、誰でもバランスよくあか抜ける時短コーデが完成。袖コンの大胆なフェミニンさを照れずに楽しめるのも、黒パンツ合わせのいいところ。パンツ¥24200/アンタイトル ブラウス¥74800/カオス表参道(カオス) ピアス¥12650・ネックレス¥17600/ルーム3138(ローラ ロンバルディ) 靴¥59400/アマン(ペリーコ)

3.カラーカーディガン+美脚パンツ

【春パンツまとめ】人気スタイリスト福田亜矢子さんが指南!“気取らないのに女っぽい”パンツ5本を使った最旬19スタイルをチェック!_5

優しいピンクをアクセントにパッと可愛げ盛り 
サーモンピンクを効かせてモノトーンカジュアルをグッとチャーミングに。パンツがやわらかく落ちる素材ならスラッと見える上に、洗練度も上昇。パンツ¥15000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) カーディガン¥31900/スローン Tシャツ¥26400/マディソンブルー サングラス¥41800/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ピアス¥19800/ボウルズ(ハイク) バッグ¥125400/サードカルチャー(ミチノ・パリ) 靴¥22000/シードコーポレーション(ヴェジャ)

4.ロングジレ+美脚パンツ

縦長シルエットを意識してシンプルベーシックを新しく 

縦長シルエットを意識してシンプルベーシックを新しく 

究極にシンプルなノータックの黒パンツ×白カットソーのベーシックスタイルも、仕上げのジレひとつで今のバランスに一変。長めのジレだって足首が強調されるパンツ丈なら軽やかに見えて、体のラインがとびきりきれいに。パンツ¥3990/ユニクロ ロングジレ¥53900/インターリブ(サクラ) カットソー¥9350/ボウルズ(ハイク) チョーカー¥29700/プリュイ トウキョウ(プリュイ) バッグ¥52800/アルアバイル(ア・ヴァケーション) 靴¥50600/フラッパーズ(ネブローニ)

【スタイルアップがかなう黒の美脚パンツ4選】を詳しくチェックする

3.女っぷりが上がるリネンパンツ3選

【リネンパンツ】リラックス感=女っぽい!

「大人になるほど、ムリせず女らしい人が素敵に映ります。それにはやっぱり、今の時代にもマッチした抜け感が不可欠。“気取らない”パンツとしておすすめなのが、力の抜けたムードが持ち味のリネン素材。いい意味での“隙”がさりげない色気につながります」(福田さん)

AYAKO's SELECT POINT
☑シルエットもリラクシーに 
☑きちんと感が増すハイウエスト 
☑体型を選ばないストレートライン
きゃしゃに女っぽく着映えるのは、断然ワイドめなシルエット。その分ハイウエストを選べばバランスもよく、きちんとした印象に。ナチュラルな風合いをきれいめに楽しむためにも、仕立てのいいブランドから選んでみて。

“リネンパンツ”をラフすぎず女っぽく着こなすアイディア3

「リラックス感はパンツに一任し、トップスや小物でよそゆきな雰囲気や女っぷりを増強するイメージでスタイリングして」(福田さん)

1.セットアップで着てみる

セットアップで着てみる

+ジャケットの清潔感で仕事もOKな都会派こなれスタイル 
簡単に決まるリネンのセットアップで、心地いいけどきちんとした上級者コーデに。白タンクのインナーやヌーディな足もとで抜けた女らしさをもうひとさじ。パンツ¥24970・ジャケット¥27940/アンクレイヴ(アンクレイヴ ホワイト) タンクトップ¥16500/アマン(アンスクリア) パールネックレス(ジョン スメドレー別注)¥85800・スマイルチャームロングネックレス¥104500・チェーンネックレス¥204600/ホワイトオフィス(ジジ) バッグ¥145200/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥31900/ベイジュ(ピッピシック)

2.フェミニントップスと合わせる

フェミニントップスと合わせる

トップスを華やかに女っぽく振りきって、普段着とは一線を画す装いに 
クリーンな白と淡ブルーの爽やか配色で甘さもほどよく。パンツ¥36300/エイトン青山(エイトン) ブラウス¥31900/デミルクス ビームス新宿(カバナ) ピアス¥27500/ココシュニック バングル¥3850/ココシュニック オンキッチュ有楽町マルイ店(エー・ヴィ・マックス) ストール¥28600/アイネックス(アソース メレ) バッグ¥57200/マイケル・コース カスタマーサービス(マイケル マイケル・コース) 靴¥45100/ザ ストア バイシー 代官山店(モダン ウィービング)


3.Vネックで肌見せ

Vネックで肌見せ

“攻め”と“守り”の絶妙バランスで、ほんのり色っぽくが理想  
エフォートレスなリネンパンツのときこそ、いつも以上に効果的に働く深めVネックからのデコルテ見せ。サラリとシンプルなオールブラックでまとめて、あくまで大人っぽくヘルシーな女らしさに着地させるのが◎。パンツ¥28600/カオス表参道(カオス) ニット¥37400/アマン(アンスクリア) タンクトップ¥7150/イレーヴ ネックレス¥181500/デビアス フォーエバーマーク バッグ¥179300/ルーム3138(ザンケッティ) 靴¥44000/ザ・グランドインク(ロランス)

【女っぷりが上がるリネンパンツ3選】を詳しくチェックする

4.瞬時に女っぽい! きれい色センプレパンツ5選

【カラーセンターパンツ】きれい色=女っぽい!

「“パンツで女らしい”を瞬間的にかなえるなら華やかなカラーに頼るのも手。色の選択肢がぐんと増える春こそ、トライする絶好のタイミングです。それだけでトレンド上手に見えますし、気分も上がります」(福田さん)

AYAKO's SELECT POINT
☑折り目しっかりセンタープレス入り  
☑ほんのりスモーキーな色み 
☑上品でマットな素材感
品よくデイリースタイルになじむ最有力がくすみトーン。色が落ち着いて見える、ほどよくマットな素材がベストです。ウエスト下からきっちりセンタープレスが入ったタイプなら、オフィスに通用する知的さもクリア。

“カラーセンタープレスパンツ”を大人に着る洗練配色

「失敗知らずなのは、やっぱりベーシックカラーと合わせること。難しく考えず、小物も含め色数をしぼってミニマルにまとめればOK!」(福田さん)

1.〈TOPS〉ホワイト×〈PANTS〉ピンク

可愛さ満点のペールピンクはクリアな白で甘さを中和

可愛さ満点のペールピンクはクリアな白で甘さを中和
繊細なピンクととろみ素材がとびきり女らしく映えるワイドパンツ。その魅力を引き立てつつクリーンに舵取りするなら、清潔感のある白ニットが適任。シルバーのバッグでキレ味よく仕上げて。パンツ(3月発売予定)¥14000/ノーク ニット¥28600/ロンハーマン ネックレス¥70400/エスケーパーズオンライン(ハルポ) ストール¥30800/アイネックス(アソースメレ) バッグ¥107800/ピエール アルディ 東京(ピエールアルディ) 靴¥35200/ベイジュ(ピッピシック)

2.〈TOPS〉ベージュ×〈PANTS〉イエロー

柔和なベージュとなじませた “ほぼワントーン”で洗練

柔和なベージュとなじませた“ほぼワントーン”で洗練
ポジティブなイエローのパンツは、よりきれいめを意識したスリムシルエットが大人の選択。色が浮かないように黄みがかった淡ベージュとつなげて、ノーブルさも洒落感もいいとこ取り! パンツ¥18700/ジャスグリッティー プレスルーム(ジャスグリッティー) コート¥34000/ノーク タンクトップ(4月中旬発売予定)¥8910/アンクレイヴ(アンクレイヴ ホワイト) サングラス¥35200/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) 靴¥44000/ザ・グランドインク(ロランス)


3.〈TOPS〉ブラック×〈PANTS〉パープル

Vネックで肌見せ

センシュアルなパープルを黒で締めてモードフェミニンに
くすみトーンでやわらかく見えるラベンダーカラーとスレンダーなシルエットが大人向きなパンツが主役。それを潔く黒と着て、目指すは“かっこいい女性像”。とはいえチャーミングさは残したいから、ボリューム袖のブラウスやカチューシャでレディなムードを漂わせて。パンツ¥25300/ニアー(ニアーニッポン) ブラウス¥37400/デミルクス ビームス 新宿(チノ) カチューシャ¥9240/カシラ プレスルーム(カシラ) バッグ¥39600/ヒロフ 靴¥31900/ベイジュ(ピッピシック)

4.〈TOPS〉ブルー×〈PANTS〉ブルー

ブルーのトーンONトーンで爽やか印象に拍車をかけて

ブルーのトーンONトーンで爽やか印象に拍車をかけて
クールな寒色なら全身きれい色もトライしやすい。ところどころに白を効かせてメリハリをつけて。パンツ¥8990/プラステ シャツ¥50600/ロンハーマン(エブール フォー ロンハーマン) ニット¥36300/ebure GINZA SIX店(ebure) メガネ¥29700/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ピアス¥25300/プリュイ トウキョウ(プリュイ) ブレスレット¥22000/リューク バッグ¥55000/サードカルチャー(ミチノ・パリ) 靴¥24200/シードコーポレーション(ヴェジャ)

5.〈TOPS〉グレー×〈PANTS〉グリーン

【春パンツまとめ】人気スタイリスト福田亜矢子さんが指南!“気取らないのに女っぽい”パンツ5本を使った最旬19スタイルをチェック!_5

個性派グリーンを身近にする“カジュアルな”グレー
ピーコックグリーンのような主張強めな高感度カラーほどラフに振ったほうがこなれ見え。大人に必要な品のよさは安定感抜群のグレーに託して。パンツ¥17600/アンタイトル フーディ¥28600/アパルトモン 青山店(アパルトモン) シャツ¥18700/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) イヤクリップ¥8800/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(マージョリー・ベア) バングル¥8800/フラッパーズ(レフィエ) バッグ¥40700/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥52800/アマン(ペリーコ)

【瞬時に女っぽい! きれい色センプレパンツ5選】を詳しくチェックする

5.足首を見せて女っぽく! 裾しぼりパンツ3選

【裾しぼりパンツ】足首見せ=女っぽい!

「アクティブだけど、足首がキュッとしぼられていることで、女らしさも備えたジョガーパンツ。小柄さんでも丈を気にせずにはけて、どんなトップス、靴ともバランスがいいため、時短コーデの救世主になる一本です」(福田さん)

AYAKO's SELECT POINT
☑つかず離れずの立体シルエット 
☑足首を強調する長めの裾リブ  
☑クラス感のあるほどよいツヤ感
ボリュームがありすぎたりスウェットパンツのように裾がゴムだったりするとカジュアル感が強くなってしまうので、下半身がきれいに見える立体感、光沢、しっかり長めの裾リブなど“高見え”するディテールを重視して。

“裾しぼりパンツ”は足もとバランスでイメチェン自在

このパンツはどんな靴とも相性がいいので、より合理的に印象チェンジが可能。カジュアルからきれいめまで幅広く楽しめます」(福田さん)

1.裾しぼりパンツ+レザースニーカー

ときにはスポーティにまとめてカジュアル上手をアピール 

ときにはスポーティにまとめてカジュアル上手をアピール 
パンツは落ち感&黒、スニーカーは白レザーと、それぞれにシックな要素があるからヘルシーなコンビだって大人っぽく着地。パンツ(3月発売予定)¥13500/ノーク ジャケット¥41800/アパルトモン 青山店(シュタンバウム) カットソー¥13200/アマン(アンスクリア) 帽子¥7920/カシラ プレスルーム(カシラ) ピアス¥28600/マリハ ネックレス¥57200/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ル シック ラディカル) バッグ¥72600/エスケーパーズオンライン(ラッツ モリス) 靴¥22000/シードコーポレーション(ヴェジャ)

2.裾しぼりパンツ+ミュール

フェミニントップスと合わせる

フェミニンを満喫したいときこそ“抜けた”足もとが最適解  
袖コンブラウスの甘さを、トゥーマッチにならずサラッと楽しめたら素敵。だからパンツも靴も少し力の抜けた雰囲気で。パンツ¥19800/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町(マルティニーク) ブラウス¥23100/デミルクス ビームス 新宿(エーケー ワン) イヤカフ(大)¥17600・(小)¥15400/ココシュニック ネックレス¥31900/エスケーパーズオンライン(ハルポ) バッグ¥165000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥39600/ザ・グランドインク(ロランス)

ミュール

3.裾しぼりパンツ+甲深パンツ

モダンな旬顔フラットがコーデの格上げにひと役買って 

モダンな旬顔フラットがコーデの格上げにひと役買って 
オーバーサイズのロングシャツにレギンス感覚でレイヤードしてスタイルよく見えるのもこのパンツならでは。甲深パンプスを合わせ都会的な足もとで仕上げれば、よそゆき感のあるエフォートレスなおしゃれが完成。パンツ¥18700/マイストラーダ プレスルーム(マイストラーダ) シャツ¥39600/イレーヴ ヘアバンド¥7480/カシラ プレスルーム(カシラ) ストール¥30800/アイネックス(アソース メレ) バッグ¥70400(アヴァケーション)・靴¥52800(ペリーコ)/アマン

甲深パンプス
【足首を見せて女っぽく! 裾しぼりパンツ3選】を詳しくチェックする

6.脚長効果も! ウエストコンシャスパンツ4選

【ウエストコンシャスパンツ】腰高=女っぽい!

「ハイウエストやベルテッドなど、ここ数年ですっかり定番化したウエストにポイントがあるデザイン。女らしさとスタイルアップに即効性があって、今らしさも盛れると、いいことずくめです」(福田さん)

AYAKO's SELECT POINT
☑思い切ったハイウエスト 
☑ウエストにベルトorストリングつき 
☑肉感を拾わないやや太シルエット
手っ取り早く上半身を短く、脚を長く見せるなら、みぞおちの下あたりまでカバーするスーパーハイウエストが狙い目。余裕のある腰下と緩急がつくようにウエストをギュッとしぼると、より腰高でほっそり見えます。

INして今っぽく! “ウエストコンシャスパンツ”最高の組み合わせ

「このパンツの強みを最も生かすことを考えると、トップスはINするのがおすすめ。INが苦手な方は、この春旬のショート丈トップスを代用して」(福田さん)

1.白Tシャツ+ウエストコンシャスパンツ

こなれ感抜群のドロストパンツで着慣れた白Tを無難に見せない  

こなれ感抜群のドロストパンツで着慣れた白Tを無難に見せない  
ググッとハイウエストにドロスト仕立て、華やかなマスタードカラーと、着こなしを盛り上げる要素を凝縮したパンツが、マンネリしがちな白Tコーデに一歩差をつける切り札。すっきりまとめた上下をロング&リーンなアウターで包み込めば、脚長効果も最高値に。パンツ(4月中旬発売予定)¥18920/アンクレイヴ(アンクレイヴ ホワイト) コート¥61600/インターリブ(サクラ) カットソー¥17600/マスターピースショールーム(サイ) ブレスレット¥39600/マリハ バッグ¥237600・靴¥83600/トッズ・ジャパン(トッズ)

2.短丈トップス+ウエストコンシャスパンツ

トップスIN以外の選択肢。クロップト丈ニットがとびきり新鮮! 

トップスIN以外の選択肢。クロップト丈ニットがとびきり新鮮! 
トップスはできるだけ短く、パンツはできるだけ股上が深く。体型を問わず、計算いらずでたちまち最旬バランスがつくれる黄金コンビ。ググッと脚長に見えて、ノーヒールでも自信のもてるスタイルが完成。パンツ¥14300/ラ トータリテ 有楽町マルイ(ラ トータリテ) ニット¥30800/ボウルズ(ハイク) ネックレス¥45100/ロンハーマン(ハルポ) バッグ¥70400/サードカルチャー(ミチノ・パリ) 靴¥14300/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェ アバハウス)


3.フォトT+ウエストコンシャスパンツ

同系色ブルゾンとセットで着てフォトTコーデの洗練度アップ  

同系色ブルゾンとセットで着てフォトTコーデの洗練度アップ  
フォトTはタックインしてさりげなく効かせるくらいが大人にちょうどいい。パンツ¥8250/バロックジャパンリミテッド(スタイルミキサー) ジャケット¥104500/マディソンブルー Tシャツ(3月中旬入荷予定)¥9900/マルティニークルコント ルミネ有楽町(マルティニーク) メガネ¥36300/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ピアス¥11000/フラッパーズ(メラキ) バッグ¥50600/ebure GINZA SIX店(ebure) 靴¥40700・タッセル¥3300/サードカルチャー(シャテル)

4.ボリューム袖ブラウス+ウエストコンシャスパンツ

ワンツーでこんなにもドラマチック! 腰高パンツ×袖コンのいい関係 

ワンツーでこんなにもドラマチック! 腰高パンツ×袖コンのいい関係 
春も人気継続中の甘顔トップスを目新しいテンションで着たいときこそ、スタイリッシュなハイウエストパンツの出番。シャキッとしたセンタープレスやドライなカラーで凜とした表情を引き出せば、照れることなく日常でドレスアップ気分を味わえる。パンツ¥42900/エイトン青山(エイトン) ブラウス¥14000/ノーク ブレスレット¥23100/ルーム3138(ローラ ロンバルディ) バッグ¥68200/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥27500/デュプレックス(カルチェグラム)

【脚長効果も! ウエストコンシャスパンツ4選】を詳しくチェックする

7.最新パンツNEWS 8選

【NEWS 01】ストレスフリーなウエストゴムパンツは光沢素材が断然女っぽい

ストレスフリーなウエストゴムパンツは光沢素材が断然女っぽい

昨年大ヒットした「FRAY I.D」のパンツがカムバック!
今季もウエストゴムパンツの勢いは止まらない! このパンツ特有のゆるさを女っぽく見違えさせるのが、つややかなサテン素材。光沢が品よく引き立つオフホワイトがベストアンサー。パンツ¥16500/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) ブルゾン¥74800/ザ ストア バイシー 代官山店(ハーヴェル スタジオ) カットソー¥14300/ボウルズ(ハイク) バッグ¥107800/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥49500/フラッパーズ(ネブローニ)

【NEWS 02】フェミニン派にもしっくり! “スカート見え”パンツがきてる

フェミニントップスと合わせる

パンツが苦手、SACRAのパンツはそんな人にこそ試してほしい!
たっぷりの生地分量で、スカート感覚ではけるパンツがフェミニン派を中心に浸透中。特に、体のラインが目立たないとろみ素材がイチ押し。裾にスリットが入ったタイプなら軽やかさも両得。¥28600/インターリブ(サクラ)

【NEWS 03】センタープレスパンツも洗濯機で洗える時代に

センタープレスパンツも洗濯機で洗える時代に

LOUNIE
マシンウォッシャブルの服がブームのなか、ついにセンタープレスパンツにもその波が到来。自宅で洗っても形崩れしにくくセンタープレスがビシッと決まる、まさに働く女性の救世主。(ベルトつき)¥24200/ルーニィ

【NEWS 04】“きれいに”はけるスウェット増えてます!

“きれいに”はけるスウェット増えてます!

LOUNIE
これまではワンマイル一辺倒だったスウェットパンツも、きれいめな素材感とディテールを携えた大人のためのデザインが続々。たとえば、こんなセンタープレス入り。シルエットも細身で女性らしさも申し分なし。¥17600/ルーニィ

【最新パンツNEWS 01~04】を詳しくチェックする

【NEWS 05】女っぽく進化した大人ミリタリーパンツを見逃すな!

女っぽく進化した 大人ミリタリーパンツ見逃すな!

今シーズン多くのブランドから登場しているカーゴパンツの多くは、持ち前のハンサムさはありつつも、とびきりしなやかだったり光沢があったり、素材にリッチ感があるのが特徴。一点投入で媚びずに女っぽい着こなしが実現。パンツ¥41800/オーラリー ブラウス(3月入荷予定)¥41800/イレーヴ 帽子¥12100/カシラ プレスルーム(カシラ)バッグ¥151800/J&M デヴィッドソン 青山店(J&Mデヴィッドソン) ピアス¥13200(メラキ)・靴¥53900(ネブローニ)/フラッパーズ

【NEWS 06】シワになりにくい、洗えるetc.高機能を狙うならスーツブランドをマーク

フェミニントップスと合わせる

くすみピンクで可愛げも欲張れる
さすが働く女性向けだけあって、イージーケアな機能美パンツの宝庫。このパンツは、立ったり座ったりを繰り返してもシワになりにくく気軽に洗えるため、出張や外回りが多い人に最適。¥10780/ザ・スーツカンパニー 銀座本店(リトルシック)



【NEWS 07】ニットパンツニュアンスカラーが大豊作

繊細なトーンが絶妙に女らしい

繊細なトーンが絶妙に女らしい
オールシーズン活躍して手放せないニットパンツは、アイボリーやブルーグレーなど明るい春カラーにアップデートして鮮度アップ。ニュアンスたっぷりな色の効果で、おしゃれ上級者っぽいムードづくりも簡単。(右から)¥26400/アッシュプラスエリオトロープ(ティッカ)¥48400/オーラリー

【NEWS 08】この春大人の柄パンツはドットが最有力!

“きれいに”はけるスウェット増えてます!

遊び心のある柄パンツはシーンを選びそうで迷いがちだけど、上手に選べばおしゃれ上手一直線。お仕事シーンにもフィットするのは、モダンでなじみやすいピンドット! (右から)¥15400/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ)¥14300/ラ トータリテ 有楽町マルイ(ラ トータリテ)

【最新パンツNEWS 04~08】を詳しくチェックする

撮影/渡辺謙太郎(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/佐藤晴美、宮田聡子 取材・原文/榎本洋子〈TENT〉 ※BAILA2022年3月号掲載

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK