Magazineマガジン

BAILA2・3月合併号 試し読み
  1. BAILA TOP
  2. EDITOR'S PICK

【ハリ低下・ツヤ不足・たるみに】38歳美容担当の使い切りクリーム報告【エディターズピック】

美容担当歴15年・38歳の編集スガコが、ハリやツヤが減ってきて、たるみまで気になり始めた大人の肌を、プルプルつやんとよみがえらせてくれる愛用品をご紹介。ベストコスメ受賞作から、リアルに使い切ったクリーム2品がこちら!

一晩で“調子のいい肌”を思い出せる!【コスメデコルテ】リポソーム アドバンスト リペアクリーム

【コスメデコルテ】リポソーム アドバンスト リペアクリーム

まず最初におすすめしたいのは、発売中のBAILA1月号ベストコスメ・ミュージアム特集でもベストオブベストを受賞した、コスメデコルテのリポソーム アドバンスト リペアクリームです‼︎

色んなところで見たからもう知ってるよ!ってなるかもですが、聞いてください。本当にいいから。だって、これさえ塗っておけば、3時間多く眠ったような肌に整えてくれるんですよ!実際、翌朝起きると、プリッと頬が持ち上がってハリのある自分の顔がお出迎え。肌も「よく寝た〜!」って言ってそうなツヤっぷり♡

だいたい寒さが本格化すると、そもそも空気が乾燥するし、冷えからめぐりも悪くなるしで、肌のコンディションが低下して、ハリがない、ツヤがない、小じわが目立つ、などなど、複数の肌悩みが顕在化してくるもの。それをクリーム一つで丸っと面倒見てくれるってありがたすぎます。

ベタつきが苦手な人でも心地よく使えるように開発されたテクスチャーは、コクがあるのにするするとなじんで、しっとりとしながらも軽やかなすべすべ肌に仕上げてくれます。

決してクリームらしい手応えがないわけじゃなく、嫌なぺっとり感だけ抜いてくれたみたいなちょうどよさ。存在感を主張せずにいいことだけしてくれるとは、お見事すぎる‼︎

寝ている間に、1兆個ものバイオリポソームカプセルからじわじわと美容成分が放出されていくと思うと、そりゃ肌も元気になるよね!納得納得!という気持ちに。

今年はクリームが豊作でたくさんいい製品があったのですが、中でもやっぱり手が伸びる新名品。一晩でしっかりエナジーチャージができますよー。

塗ったそばから肌がピンッ!! 【ロート製薬】オバジ X ダーマアドバンストリフト

【ロート製薬】オバジX ダーマアドバンストリフト

そしてもう一つ、めちゃくちゃ愛用しているのが、オバジX ダーマアドバンストリフト。ベストコスメ企画ではエイジングケア賞に輝いたこちらは、マスクたるみを狙い撃ち!フェイスラインが緩んできた気がしていたり、ほっぺの高さが前はもっと高かったはず、と感じていたら、間違いなくオバジの出番。

“張力”に着目して開発されたクリームは、コクと厚みのあるテクスチャーで、肌にしっかり密着。それを下から上に引き上げるようになじませると、上げたその位置で止まってくれるようなピンとしたハリ感を即、実感できるんです!

この引き上げ力に関しては、個人的には今季の最高峰だと思ってます。スキンケアしているというより、肌用のクリーム状のテープを貼り付けていくかのような感覚なんですよね。「これを塗れば上がる、間違いない」という感じ。

大至急このたるみに歯止めをかけたい!という方はぜひ。

この2品の紹介から感じていただけるかもしれませんが、今クリームって、"ただのスキンケアのフタ"では全くなくなっていて。もちろんそれまでのスキンケアを閉じ込めてもくれますが、それ以上に"そのクリームじゃないとできないこと"をしてくれるアイテムに進化しているのを実感します。

先日、クリームLOVEな美容家・神崎恵さんに取材をした際に、『むっちり肉厚な「タフ肌」はクリームでしかかなわない』とおっしゃっていたのも印象的。テクスチャーもバリエーション豊かなので(コスデコとオバジも全然違います!)、ぜひお気に入りのクリームを見つけてみてください♡

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン

BAILA2・3月合併号 試し読み