【日曜夜のネイル時間】パリで出会った、BULYの胡粉ネイル

2016-05-08 20:00
  • BULYのアイテムには、すべてこのクラシックなタッチのイラストが描かれてます。激かわ
  • Bonsoir!今夜はパリからお届けな、日曜夜のネイル時間。日照時間が長く、20時になっても東京の17時くらいの明るさのパリ。GWの思い出を兼ねて塗ったのは、こちらで買った「BULY」のノンケミカルなネイル。

    BULYというのは、美容雑誌の編集長も務めるパリ美容業界を牽引するヴィクトワール・ドゥ・タイヤックが手がけるコスメショップ。昔の薬局のようなクラシックな店内がとても美しく、パリに来たら必ず寄るお店。日本のプロダクトへの関心も高いらしく、ツゲの櫛などジャパンメイドなものも多く取り扱っているのですが、今回発見したのがこのマニキュア。日本画の絵の具に使う貝の粉「胡粉」を使用したノンケミカルなネイル。語学力不足で確認できなかったのですが、おそらく京都の老舗絵の具屋さんが手がけるネイルをBULY仕様にしたもの。

    爪に優しいのはもちろん、マニキュア特有の刺激臭もないのが特長。絵の具的なぱきっとした色が多い中、目を引いたのがこのミルクティー色。お店の方が塗っていたのが素敵で、全色紹介してくれたのに結局同じものが欲しいとリクエストして購入。少しスモーキーな色出しでどんな服にも似合うのも、旅行中には大事なポイント。それにしてもパリの最先端ショップが推すアイテムがメイド・イン・ジゃパンだとは、日本人的に嬉しくなりますね〜。(ナベ嬢)

    ★BULY Vernis Universel …だいたい30ユーロちょい
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Feature

Keywords