【日曜夜のネイル時間】指先に、ルブタンのレッドソール

2016-05-29 21:00
  • 潔いほど「実用<美麗」なボトル。こうでなくては!
  • 「おしゃれは我慢」の代名詞と言えば、美しい靴でしょう。色々な意味で高くっても、歩くための靴じゃないとわかっていても、その靴裏ですべてが帳消しになるルブタン御大。泣く子も黙るあのソールの赤が、今夜の指先を彩る色です。

    あのレッドソール、インスピレーション元は赤のマニキュアだったそうで、御大とネイルには元々深い縁があり。パリではすでにお目見えしていたのですが、ついに日本でも登場です。それにしても、このスティレットヒールのように激しすぎるキャップ。「塗りやすさ? なにそれおいしいの?」と言わんばかりのこの高慢な造形。塗ってみたら案外…なんてことはなく、重い・鋭いであんな小さなエリアを塗るのにはデンジャラスすぎ! でも、でも、美しいですものすごく。ちょっと朱が入ったような鮮烈な赤は、やっぱり他にはないあの色。ちなみにこのネイル、ルブタン価格で衝撃の6900円。さすが、どこまでもハイエンド。おしゃれは我慢というかなんというか、やはりあのレッドソールは指先でだってやすやす手にできるものではないのですね。でも、この誰にわかることなく自分の愉悦のためだけに楽しむ1本、とってもルブタン的で素敵です。

    ★ネイルカラー ルージュ ルブタン ¥6900/クリスチャン ルブタン(6月1日発売)
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords