美容賢者6名の【コスメポーチ&その中身】は美に比例する

2018-09-04 20:00
  • 何を重視してポーチを選ぶか、そして何を入れるのかは人それぞれ。そしてそのこだわりにこそ、人となりをはじめ、生きざままでもが表れる! 飽くなき美への探求を続ける30代の美容プロ(=バイラ ビューティ チーム、BBT)たちは、日々持ち歩くポーチにも並々ならぬこだわりが。美しさを生み出すポーチをご覧あれ。
  • BBT6名の“美に比例する”コスメポーチとその中身
  • 美容ライター 前野さちこさん「その日の気分でトランスフォームポーチ」
    朝メイクをする余裕があるかないかで、形状の違うポーチを使い分けるのがこだわり。「中身は最小限に抑えたいから、マルチに使えるアイテムをチョイスしています。メイクをして家を出られた日は、頰にのせればハイライトにも使えるヴァセリン、チークにも使えるrms beautyのリップなどを巾着に入れてお直し用に」

    もう一つのポーチ>時間のない日は出先でフルメイクできるようなセットを。「チャントアチャームのミストで保湿したあと、ラ・ロッシュポゼのUV イデア XLをベース代わりに。敏感肌用なのに、SPF50+PA++++というガード力が魅力。気になる部分はクレ・ド・ポー ボーテのタンスティックエクラで補正。まるでスキンケアのようなタッチにやみつきに。透け感のあるブラウンが好みのケイトのスーパーシャープライナーをはじめ、アイメイクまでしっかりと」

    BAILA美容班 肩出しナベ嬢「心はいつでもフランス女優♡ポーチ」
    ポーチには、メイク直しのためのアイテムを入れるというよりは、気持ちや肌がアガるようなものをイン。「中身の香りやパッケージなどにもこだわって、フランス女優のようなマインドで。美容液なのにスプレータイプなのが新鮮なシャネル サブリマージュ ラ ブリュームは保湿はもちろん、香りのリラックス効果で気分転換にも。とにかく好きで、何本リピートしたかわからないTHREEのリップペンシル。これでリップラインを整えればどんなリップカラーもモダンな仕上がりに。すき間時間のマッサージ用にバイラの付録“ピロかっさ”を。カタツムリ形のルックスも可愛くて、見ていても癒しに」

    もう一つのポーチ>「ミニポーチには目薬とコンタクトのスペアや、気づけば指先に塗っているukaのネイルオイル、ヘレナのリップオイルなど、必要最低限のケア用品を忍ばせています」

    BAILA美容班 スガコ「元気はつくれる! ご機嫌メイカーポーチ」
    日々大変なことはいろいろとあれど、会った人にはそれを感じさせないように「いつも元気な私」でいるための必需品をポーチに。「清潔感と血色感のあるシャキッとしたご機嫌顔をつくるコスメと疲れ対策のサプリなど、内からも外からも元気をチャージできる!がコンセプト。緑のボックスに引かれてパケ買いしたデンタフロス。エチケットアイテムも気分が上がるものを。ルナソルのモデリング フェース コンパクトは顔立ちに上品な陰影を与えてくれてきちんとした印象に。血行を促進してくれるルルドビオのロールオンオイルはこんなに小さいのに疲れに即効性がある、お守り的存在。ラベンダーやユーカリを配合したデ・マミエールのアロマオイルは気持ちをリフレッシュさせたいときに。外を歩き回る日は、UVにプラスしてTakako Styleの飲む日焼け止めも」

    美容ライター 長田杏奈さん「外から内から、私をいたわるポーチ」
    「乾燥したスタジオにいる時間が長いので、保湿アイテムの割合が高め。そして小さいポーチに入っているのは、仕事の合間に使うリラックスアイテムたち。リフレッシュ用に持ち歩いているクリッパーのオーガニックブレンドハーブティーをよくおすそわけしてます。甘いものが欲しくなったときに重宝するのが山田養蜂場のスティックハニー。スピックのLypo-Cは飲むビタミン点滴と呼ばれるなど美容業界でも評判。クレイドのマウスウォッシュミストはその名のとおり、クレイ配合」

    もう一つのポーチ>「巾着に入れているコスメのなかでも、リップは鏡を見ずに塗れるもの、エッジの効いたものなど、シーンに合わせて数種類をセレクト。クレ・ド・ポー ボーテのルージュは大人の余裕、THREEのリップは穏やかなヌードピンクとローマットな質感でナチュラルなしゃれ感を演出」

    美容ライター 谷口絵美さん「何かあるかも?なデートの日のポーチ」
    やりすぎ感がなく、スマートにお直しができて、女子度高めに見せてくれるアイテムをチョイスしたポーチ。「血色やつや感をナチュラルに復活させてくれるかどうかを重視しています。つけるだけで元気のない肌を生き生きさせてくれるRMKのスティックハイライターは直塗りできて小回りがきくのも◎。持ち運びやすいミニボトルがおすすめなのがルラボのフレグランス。色っぽすぎずクールな香りがほどよい。アンティームのデリケートゾーンシートやドクターシーラボのアロマエッセンスシートでエチケットも抜かりなく。エトヴォスのミネラルスタイリングパウダーは夕方ペタンコになったヘアもふわりと生き返らせてくれて、頭皮のニオイのケアも。大人にもほどよいピンクのチークはキッカ。仕事でくすんだ顔に血色を呼び戻してくれる優れもの」

    美容ラィター 浦安真利子さん「ミニマルな縦長コスメ至上主義ポーチ」
    ポーチには、とにかくスペースを取らないアイテムをたくさん入れるのがモットー。「いちばんポイントを置いているのは、コスメのシルエット。アイテム問わず、幅を取らない縦長のものを極力選ぶようにして、省スペースを心がけています! ファンデーションは持ち歩かず、日中はナーズのコンシーラーを愛用。正直これがあればベースのリタッチはほぼ終了。SHIGETAのオイルは、一度使ってからというもの、ないと不安になるくらい気に入っているもの。香りに心が解きほぐされます! パソコン作業が続く日の肩こりにはライオンの肩こり痛薬・ほぐリラを。スタイリッシュなルックスなのに効き目は抜群」

    もう一つのポーチ>リップはポーチを分けたい派。「お直しする回数が断然に多いので、取り出しやすいように別にしてるんです。エトヴォスのルージュは鏡がなくても塗れて重宝」

撮影/魚地武大〈TENT〉 ※BAILA2018年9月号掲載 ※掲載アイテムはすべて私物です
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords