アラサーOLが雨の日に【ボーダートップス】を着たくなる重大な理由

2017-05-26 17:00
  • アラサーOLが雨の日に【ボーダートップス】を着たくなる重大な理由_1_1
    私たちはなぜ、雨の日についボーダーを着てしまうのでしょう?【写真①】
  • 雨の日が続いているため、そろそろ本格的な梅雨入りのタイミングなのかも。どんよりと曇った空にジメッと湿度の高いオフィスや通勤電車、否応にも湿りがちになる服や不安定な足もと......毎日続くと本当に気が滅入ってしまいます(涙)。そんな梅雨シーズンって、つい【ボーダートップス】に手が伸びませんか? さわやかマリンスタイルに欠かせない定番アイテムですから、清涼感と清潔感が漂うコーデづくりには欠かせない存在! そこで今回は、本格的に梅雨に突入する前に【ボーダートップス】の2017年版最新コーデをマスターして、憂うつなシーズンをたくましく乗り切りましょう♩
  • まずはボーダートップスの歴史をおさらい!

  • アラサーOLが雨の日に【ボーダートップス】を着たくなる重大な理由_1_2-1
    アラサーOLが雨の日に【ボーダートップス】を着たくなる重大な理由_1_2-2

    【ボーダーを日常服へとシフトさせたのはセント ジェームス!】ボーダー柄の洋服の歴史は古く、ヨーロッパでは既に10世紀ごろから存在していました。しかし、識別しやすい目立つ柄のため、当時の社会的に蔑視されていた職業(囚人や死刑執行人、売春婦、道化師など)に18世紀ごろまで着用が義務づけられていたそう。それが、1789年のフランス革命の象徴となった三色旗(当初横縞でした)にならって、人々がプロバガンダとしてボーダーを身につけるように。それから100年後の1889年にセント ジェームスが創業。漁師や船乗りの仕事着からマリンスポーツウェアへと、その地位を昇華させていったのです。各¥12800/セント ジェームス代官山店

    【“ボーダー=イケてる♡”イメージが浸透→アイコン女優が多数登場】その後ボーダーは水兵、しかも最も階級の低い人々のユニフォームのイメージが強いままでしたが、1910年に27歳だったココ・シャネルがボーダーコーデを披露してから、おしゃれウェアとしてじわじわ人気に! 1950年代末〜60年代にかけて、写真のジーン・セバーグやカトリーヌ・ドヌーヴ、オードリー・ヘップバーンなど、ボーダートップスを気負いなくまとった女優たちがスクリーンを飾り、女性たちの心をがっちりつかむのです♩

  • では、梅雨を吹き飛ばす定番ボーダートップスのごきげんコーデは?

  • アラサーOLが雨の日に【ボーダートップス】を着たくなる重大な理由_1_3-1
    アラサーOLが雨の日に【ボーダートップス】を着たくなる重大な理由_1_3-2
    アラサーOLが雨の日に【ボーダートップス】を着たくなる重大な理由_1_3-3
    アラサーOLが雨の日に【ボーダートップス】を着たくなる重大な理由_1_3-4

    【“今っぽさ”を高めるなら、今季は断然スカートコーデで!】ついボトムにデニムをあわせがちですが、この夏は女高めのスカートが正解♡ 動くたびに揺れるドラマティックなムードあふれるフレアスカートに、スニーカーやバックパックなどのスポーツ小物をミックスしてこなれたスタイルに。トップス¥10000/ゲストリスト(ルミノア) スカート¥24000/ロンハーマン バッグ¥13000/RHC ロンハーマン(アウトドア プロダクツ×RHC) 靴¥20000/HB Show-case 六本木店(Amb)

    【“白×紺以外”を選んでみる】ボーダーの定番配色コンビといえば“ネイビー×ホワイト”ですが、実はたくさんのカラーの組み合わせがあります。今夏のオススメはグリーンやレッッドなど、ホワイトベースにビビッドなきれい色を効かせたタイプ。先ほどご紹介したボーダートップスの老舗、セント ジェームスにたくさん揃っていますので、ぜひ一度ショップへ足を運んでみて♩ トップス¥10000/セント ジェームス 代官山店(セント ジェームス)

    【ベルテッドワイドパンツでパリシック♩】パンツ派は、ハイウエストをベルトでマークしたワイドタイプに合わせて! ウエストは必ずインしてIラインを強調。マリンキャップやコロンと丸いフラットシューズ、ひとさしの赤リップが大好きなフレンチシックムードを加速。着やせもかなえる一石二鳥コーデです。トップス¥17000/ヤエカ パンツ¥37000/ショールーム セッション(サヤカ デイヴィス) 帽子¥11000/カシラ ショールーム 靴¥16000/スティーブン アラン トーキョー

    【オフショルダータイプででちょっぴり肌見せに挑戦!】デコルテが大胆に開いたオフショルトップスも、着慣れたボーダーなら気負いなくチャレンジできますよね♪ 鮮やかなピンクのフレアスカートで梅雨空を吹き飛ばして! カットソー¥5800・スカート¥17200/フレイ アイディー ルミネ新宿2(フレイ アイディー)

  • いかがでしたか? 梅雨時に手放せない【ボーダートップス】、定番中の定番ワードローブだからこそ、変化球の配色を選んだり、きれい色やトレンドパンツに合わせてみたりして、コーディネートをあれこれ楽しみながら、憂うつなシーズンを上手に乗り切りたいものですね♩ 発売中のBAILA6月号では【スカート】を中心に、毎日ごきげんに過ごせる気分上々スタイルをたくさんご提案しています。ぜひお手もとにとってご覧くださいね♩
  • アラサーOLが雨の日に【ボーダートップス】を着たくなる重大な理由_1_4
    ファッション大特集は「やせた?」と聞かれる♡ ごきげんスカート♩
  • アラサーOLが雨の日に【ボーダートップス】を着たくなる重大な理由_1_5
  • アラサーOLが雨の日に【ボーダートップス】を着たくなる重大な理由_1_6
    Le minor ボーダートップス ¥11,000+税

  • アラサーOLが雨の日に【ボーダートップス】を着たくなる重大な理由_1_8
    HELIOPOLE 【LETROYES】HELIOPOLE別注 ODETTE ¥28,000+税

  • アラサーOLが雨の日に【ボーダートップス】を着たくなる重大な理由_1_10
    PETIT BATEAU マリニエール長袖プルオーバー ¥9,000+税
【写真①】トップス¥11000/メゾン イエナ(イエナ) キャップ¥11000/カシラ ショールーム
撮影/竹内裕二<BALLPARK>、曽根将樹<PEACE MONKEY>、藤原 宏<Pygmy Cpmpany>、坂根綾子、草間大輔<impress+> ヘア&メイク/河北祐介、佐藤エイコ<ilumini.>、川嶋 希<io> スタイリスト/斉藤くみ<SIGNO>、小川ゆう子、高橋美帆、室井由美子 モデル/桐谷美玲、竹下玲奈、オードリー亜谷香
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords