【可愛いレッド×知的ネイビー】で楽しむ休日パリシックスタイル5

2017-10-22 10:00
  • 秋雨前線に台風と、イマイチすっきりしないお天気が続いています。これでは、せっかくの週末もお出かけモチベーションがキープしづらくなってしまいますよね。そんなときは、まとうだけでパワーをもらえるきれい色をコーディネートに取り入れてみませんか?
  • ネイビー×レッドのコンビが生み出す、パリシックなムードに首ったけ!
  • BAILAのイチ推しは【レッド×ネイビー】の配色スタイル。知的なムードでは右に出るものナシの最強ベーシックカラーであるネイビーに、小気味よい可愛げをくれる「小さな赤」の効果は絶大です! レッド×ネイビーが織りなすパリシックなムードを、休日の解放感に乗せて思いっきり楽しみましょう!
  • 小さな赤がきいてる♡ 休日の小粋なパリシックスタイル5
  • 【小さな赤①:素朴なケーブルニット】伝統的な編み地のニットをクロップト丈にアレンジし、モダンに仕立てたトリプルコラボ。¥69000/ジャーナル スタンダード 新宿店(インバーアラン×ファセッタズム×ジャーナル スタンダード)

    【①のコーディネート】ビッグジージャンの胸もとからちらりと赤をのぞかせて目線を上に誘えば、上下ボリュームのあるスタイルもすっきりまとまります。ジャケット¥41500/マディソンブルー パンツ(共布ベルトつき)¥32000/ブルーム&ブランチ青山(フランネル)

    【小さな赤②:ハイネックニット】つるりとなめらかなハイゲージの質感と、ほどよい高さのハイネックで、トレンドに左右されることなく長く愛用できる逸品。¥28000/ルシェルブルーカスタマーサービス(アイレネ)

    【②のコーディネート】ブルゾン&コーディロイパンツのラフな着こなしも、インナーに赤を挟むだけでぐんとあか抜け! ブルゾン¥96000/ビオトープ(マディソンブルー) パンツ¥17000/ピーチ(ミューニック)

    【小さな赤③:ミニボストンバッグ】かっちり感と遊び心が絶妙に共有するキュートなボストンバッグ。容量もあります。(ストラップつき)¥42000/ケイト・スペード ジャパン(ケイト・スペード ニューヨーク)

    【③のコーディネート】こちらも、ワンピースの小花柄とバッグの赤をリンクさせて。肩の力が抜けたフェミニニティがパリシックに直結! ワンピース¥14800/アダストリア(アンデミュウ) コート(共布ベルト&ライナーつき)¥58000/ルシェルブルーカスタマーサービス(ルシェルブルー)

    【小さな赤④:ラウンドトゥミュール】大ヒット中のつっかけタイプ、2足め以降はぜひ赤でちょっとした冒険を。バレエシューズのような丸いつま先が愛らしい♡ ¥16000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店(カルメン サラス)

    【④のコーディネート】ブラウスにあしらわれたフラワー柄の赤を足もとでリフレイン。カーディガン¥17000/ジャーナル スタンダード レリューム 新宿店(ジャーナル スタンダード レリューム) ブラウス¥20000/アバハウス ドゥヴィネット マロニエゲート1店(アバハウス ドゥヴィネット) デニム¥26000/RHC ロンハーマン(RHC)

    【小さな赤⑤:ローファー】大胆な赤がトラッドスタイルを刷新! メンズライクな表情を女らしくシフト。¥90000/トゥモローランド(ジェイ・エム・ウエストン)

    【⑤のコーディネート】ハンサムなジャケット&パンツと相性のよいローファー。可愛げあふれる足もとのアクセントに。ジャケット¥49000・パンツ¥20000/ポール・スミス リミテッド(PS バイ ポール・スミス)

  • いかがでしたか? 次の休日のコーディネートプランを練るなら、大好評発売中のBAILA11月号をバイブルに! 今回ご紹介したレッド×ネイビーをはじめ、トレンドのきれい色をおしゃれに楽しむコーディネートが満載です! しかも、大人気デリ「ディーン&デルーカ カフェ」のショッパートートバッグ付録つきです。ぜひお手にとってご覧くださいね。
撮影/三瓶康友、魚地武大<TENT> ヘア&メイク/川嶋 希<io> スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/比留川 游 取材/榎本洋子 ※クレジット掲載のないアイテムの詳細はBAILA11月号をご覧ください
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up