おしゃれプロ直伝! 30代女子の【ロゴTシャツ】失敗しない7つの方法

2018-06-28 13:00
  • ロゴTシャツが売れています! しかし、ちょっと間違えると子どもっぽくなったり、メンズライクになりすぎてしまったり、ユニセックスなアイテムだけに、選び方や着こなし方に迷う人も多いのでは。そこで、スタイリストやエディターらおしゃれプロ5名が、大人っぽくて女っぽい、30代女子のためのロゴTシャツノウハウを伝授!
  • おしゃれプロ5人による【ロゴTシャツ】TIPS

  • 【① ハイブランドで、ミニロゴを選ぶ(スタイリスト 松野裕子さん)】
    「今季手に入れたのはバレンシアガのもの。プレーンな白T感覚で気負わず着られる本当にさりげないロゴに惹かれました。モノトーンなのもポイント。カジュアルなものなので、素材感がきれいなものを選びます」/私物

    【② タイトスカートで女らしく引き寄せる(スタイリスト 滝沢真奈さん)】
    フロントにも“LEMON”のロゴがあしらわれているこちら。「インパクトのある前後プリントもモノトーンなら入りやすい。デザイン性の高いスカートでモードに仕上げます。ウエストインしてコンパクトに」。Tシャツ¥7000/アダム エ ロペ(タンタン) 

    【③ 女度の高いきれい色配色を選ぶ(スタイリスト 滝沢真奈さん)】
    「旬のパープルも気になります! ロゴと同色のピンクなど、今っぽくカラフルボトムと合わせたい」。¥8000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(フィル ザ ビル)

    【④ ヴィンテージ感のあるものを選ぶ(スタイリスト 小川ゆう子さん)】
    「今年キープしたブルーのTシャツはロゴの雰囲気、素材感、サイズ、色合いなど、すべてが好み。着古したような風合いが体になじみます。白いほうは、ジャケットを羽織ってミックススタイルを楽しみたいです」。(右から)¥9800/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) ¥6000/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター(キッド デンジャラス)

    【⑤ 辛さのあるデザインを主軸に(スタイリスト 石田 綾さん)】
    「色あいやロゴが大人っぽいムードのものをチョイス。ヴィンテージショップにありそうなデザインが気になります」。(左)グリーン¥16000/ビューティフルピープル 青山店 (右)黒¥8900/RHC ロンハーマン(マサカ×RHC)

    【⑥ 激レアアートコラボを選ぶ(編集マフユ)】
    「sacai(サカイ)でひと目ぼれしたのが、コンセプチュアルアートの創始者ローレンス・ワイナーのタイポグラフィを取り入れたデザイン。ポップな配色もツボ。ほどよくゆとりはあるけれど、袖や肩はコンパクトで、体がきれいに見える!」/私物

    【⑦ 黒いTシャツをアンダーにレイヤードする(スタイリスト 石田 綾さん)】
    「エイチ ビューティ&ユースで購入したカルバン・クライン ジーンズのTシャツは、あえてゆるっと着たくてメンズのMサイズを選ぶ。ラフさを中和するドレスパンツを合わせました」/私物

撮影/イマキイレカオリ、魚地武大 ヘア&メイク/麻生ヨウコ〈ilumini.〉 取材/榎本洋子 ※BAILA2018年7月号掲載 ※クレジット掲載のないアイテム詳細は本誌をご覧ください
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords