【美脚&はきやすい!】2016年売れすぎた大ヒットシューズ8

2016-12-28 18:20
  • 素敵な靴はいつだって、私たちの気分を上げてくれる大切な相棒❤︎【写真①】
  • 2016年飛ぶように売れた大人気の注目ブランド&アイテム特集、第2回目はシューズをクローズアップ。今年は、オフィスミューズ®︎のお仕事靴として欠かせないパンプスをはじめ、スニーカーやスポーツサンダルなど、TPPOはもちろん、自分の足の形やはき心地、好み、コーディネートのしやすさなどに応じて、靴の選択肢がグーーーッと広がった嬉しい年でもありました。今回は、今年大ヒットしたのはもちろん、年末年始に手に入れて来年も大活躍しそうなシューズ8タイプをご紹介します。
  • 【チェンバーのスエードパンプス】ぬくもりのあるクラシカルな印象のスエード素材が大ヒット。肌あたりもやわらかいものが多いので、はきやすいのも魅力です。コーディネートにしっくりなじむブラウンやテラコッタなどのアースカラーが人気。タイツやソックスと合わせるのも楽しいですよ。¥35000/エフユーエヌ(チェンバー)

    【ペリーコのきれい色スエードパンプス】スエードパンプスは、スモーキーなパステルカラーのものも売れています! 落ち着きのある色調が悪目立ちすることなく、秋冬のシックな装いに品よくなじんでくれます。とくにブルー系は、似合う人を選ばない万能カラーです。¥46000/アマン(ペリーコ)

    【レペットのとんがりバレエシューズ「ブリジット」】バレエシューズといえばコロンとした丸いつま先が定番ですが、秋口からはキュッと尖ったポインテッドタイプが大人気。可愛げと女らしさを両立させながら、パテントレザー素材の上品な発色がコーディネートに映えます。¥42000/ルック ブティック事業部(レペット)

    【ルチェンティの甲深パンプス】少し甲が深くて脱げにくい“ブーティ未満”なパンプスに注目。BAILA誌面に頻出したのが、日本人デザイナーが手掛けるイタリアンメイドの新ブランド、ルチェンティのもの。日本人の足にフィットする極上のはき心地がナイスです。右¥46000・左¥37000/ゲストリスト(ルチェンティ)

    【ジャンヴィト・ロッシのスエードショートブーツ】冬の足もとクイーン、ブーツの今年の主役はキャメルのスエードタイプ。女っぽさを高めるやわらかな色みと素材、安定感のある太めのチャンキーヒールに、くるぶしが隠れるほどよく締まった足口。無駄をそぎ落としたシンプルなシルエットとニュアンスのあるカラーが、どのボトムとも合わせやすく、美脚効果も抜群です。¥107500/ドゥロワー 丸の内店(ジャンヴィト・ロッシ)

    【スイコックのムートンスポーツサンダル】通称“おじサンダル”も売れました! とくに注目されたのが、アウトドアサンダルのサードウェーブ的存在なスイコック。ストラップ部分がムートンなので、足の甲に当たるファーが心地よく、通年ではけます。ビームスやジャーナル スタンダードなどの人気セレクトショップもこぞってコラボモデルをリリースしています。¥25000/アメリカンラグ シー 渋谷店(アメリカンラグ シー×スイコック)

    【リーボックのインスタポンプフューリー】長らくスニーカー界の覇権を握ってきたシンプルな白タイプから、この秋はカラーや、ボリュームのあるハイテクタイプにシフトする人が多数。なかでも、このインスタポンプ フューリーのように、'70〜'90年代にヒットしたモデルのリバイバルが大人気に。¥18800/エミ 表参道ヒルズ店(リーボック)

    【コンバース オールスターのハイカット】とはいっても、着こなしに絶妙な抜け感をプラスしてくれるホワイトスニーカーはやっぱり捨てがたい! というわけでこの冬売れているのがハイカットタイプ。白の面積が大きいため、色・質感ともに重たくなりがちな冬コーデに有効です。キャンバスの素朴な風合いも魅力。¥5800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)

  • 冬の大ヒットアイテム多数掲載! 年末年始のおともに
  • 関連記事はこちら
【写真①】靴¥37000/エフユーエヌ(チェンバー)
撮影/五十嵐隆裕<SIGNO>、鈴木 新<go relax E more>、森脇祐介、魚地武大、坂根綾子、坂田幸一 ヘア&メイク/佐々木貞江、吉岡美幸 スタイリスト/斉藤くみ<SIGNO>、室井由美子、福田亜矢子、門馬ちひろ、佐藤佳菜子、小川ゆう子、松野裕子、滝沢真奈 モデル/中村アン、市川紗椰
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Feature

Keywords