1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. 服・コーディネート
  4. 着るのは本当に好きな服だけ。スタイリスト…

着るのは本当に好きな服だけ。スタイリスト吉村友希さんの「ワンラッククローゼット」をつくる5ルール

読者のクローゼット改造企画が毎回大人気のスタイリスト吉村友希さん。では吉村さん本人のクローゼットはどんなもの? 一年分の洋服をワンラックに収めているというそのワードローブのつくり方を教えてもらいました。

スタイリスト吉村友希さん

私は決してミニマリストでも節約家でもありません。
純粋に洋服が好きで、ファッションが好き。ゆえにいつも好きな服だけを着ていたい。
そのほうがどんなときも、ハッピーで気持ちよくおしゃれが楽しめると思うんです。
クローゼットに置くのは今の私が“着たい”と厳選したアイテムのみ。
無駄なものがない分、どの服にもちゃんと愛情を持って接することができるし、
ワンラックに収まる分量だから、毎日のコーディネートに迷うことも減りました。
特別なことは何もしていませんが、私の洋服を選ぶ視点やなにげない収納の工夫が
クローゼット作りに悩む皆さんの参考のひとつになりますように。
ーーYUKI YOSHIMURA

ワンラッククローゼットを作る5つのルール

1.“長く着られそう”という考えは持たない

「毎シーズン、少しずつ気分が変わる自分をよく知っているから、半年先、1年先のことまで考えず、そのときの自分が“着たい”と思う服を選ぶようにしています」(吉村さん・以下同)

2.試着は必ずする

「サイズがひとつでも違うとコーデのバランスがくずれてしっくりこない。だからTシャツ一枚でもオンラインでは買いません。絶対に着たいと思った服は自分サイズにお直しします」

3.いる、いらないの判断基準は素材と値段が見合っているか

「洋服を手に取ったとき、まず確認するのは素材表示。何度も繰り返し着たいから、すぐにへたってしまう服はNG。素材や縫製をじっくりチェックして購入すべき値段かを考えます」

4.“衣替え”はしない

「クローゼットには全シーズンの洋服を並べています。仕事柄常にひとつ先のシーズンを見ているので、こうすることで視点を切り替えやすく次に欲しいものがクリアになります」

5.手放すことをためらわない

「着たい服がどんどん変化するのは飽きっぽいからではなく、時間の経過とともに自分のセンスも進化しているから。最低でも2週間に一度はクローゼットの中身を見直しています」

吉村友希さん

スタイリスト

吉村友希さん


BAILAのほか、多くの女性誌や広告、カタログで活躍中の人気スタイリスト。ベーシックアイテムを軸に、トレンド感をほどよく加味したリアルなスタイリングにファンも多い。的確な視点と丁寧なカウンセリングで読者のリアルワードローブを見直す「クローゼット改造」企画も毎回大人気!

撮影/須藤敬一  ヘア&メイク/YUMBOU〈ilumini.〉  取材・原文/野崎久実子  ※この特集で紹介しているアイテムはすべて吉村さんの私物です。 ※BAILA2022年9月号掲載

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

当サイトでは当社の提携先等がお客様のニーズ等について調査・分析したり、お客様にお勧めの広告を表示する目的で Cookieを利用する場合があります。詳しくはこちら