Magazineマガジン

BAILA2・3月合併号 試し読み
  1. BAILA TOP
  2. FORTUNE
  3. 鏡リュウジの星座占い

〈蟹座〉の2023年上半期の運勢は?【鏡リュウジの星占い】

〈蟹座〉の2023年上半期の運勢を、鏡リュウジさんの星占いでチェック。全体運・仕事運・恋愛運、運気グラフもしっかりおさえておこう!

12星座別・2023年上半期の運勢TOPページ

【蟹座】6/22~7/22

【蟹座】6/22~7/22

初夏、見える世界が一変する。 面白がり、飛び込んでいって

「やるべきことはやった」という達成感と、「まだ知らない世界がこんなところに!」という驚きが待ち受けている2023年上半期

ここで何よりも大事になるのは、180度ひっくり返るような価値観の変化を面白がれる、柔軟性のあるハート。年明け、3月、そして幸運の星・木星が動く5月。この3つのターニングポイントを意識して

年明けから春までは、任されたお役目をきっちり果たす。そして5月からは、とにかくエキサイティングに。びっくりして、楽しんで、どんどん自分を変えていく。そこに、この時期最大のハッピーがあります

いちばん面白くて、最も奇想天外なもの。見つけた瞬間、その世界へ勢いよく飛び込んで。

各月の運勢&運気グラフ

各月の運勢&運気グラフ

1月 美容運アップ。自分に似合うアイテムを探す力があるので、お気に入りが見つかりそう。

2月 思わぬ本音が口からこぼれ、自分でもびっくりしそう。オープンマインドが幸せのカギ。

3月 仕事もプライベートも忙しくなりやすいとき。楽しむことが運気アップになるでしょう。

4月 仕事での好結果が人脈拡大に。肩に力を入れすぎず、自然体でつながりを広げると吉。

5月 新しい出会いに期待が持てそうです。友人の紹介が縁で交際するような出来事もあり。

6月 自分のペースがくずれると気持ちもダウン。人のためも大事ですが自分も大切にして。

【WORK】スケジュールを詰めすぎず、ゆとりを持って

これまでやってきた仕事の成果を手にできる運気。同時に環境も変化する可能性が高いでしょう。人間関係に慣れるまでは、ちょっとした問題でもいつも以上に悩まされる可能性が。

余裕があれば気にならないのに、次のステージに向かうための準備をしていたり、周囲の変化に対応しようと奮闘したりしているときは、キャパぎりぎりになってしまいがち。

心が折れないように、この時期はあまり仕事を引き受けすぎず、常に時間的余裕を確保して。そうすれば、これは大変かもと驚くようなことが起きても、ひと息ついて考える時間がつくれるため、解決が早まりそうです。

仕事上の分岐点は6月下旬に。大変さはありますが、グッとこらえ、乗り越えれば光が見えてくるでしょう。

【LOVE】少し不安を覚えるときほど相手への思いやりを

何かと忙しく、すれ違いの多くなるときですが、心の内では相手への深い愛情が育っていくときです。丁寧に思いを伝え合えば愛情豊かな期間になりますが、多忙を理由に連絡を怠っているとトラブルの予感が。

特に2月は思い込みと疑心暗鬼からお互いを信じられず、悩ましい月になりやすいでしょう。執着しないこと、思いはストレートな言葉にすることを意識すれば、関係がねじれてしまう危険は避けられそう。

「きっとこうに違いない」と決めつけたくなるときほど、相手の都合を思いやる気持ち、それを伝える言葉を大切にして

ちょっと浮き足立ってしまうのは春から初夏にかけて。よからぬ誘いに乗ってしまわないように気をつけましょう。甘い言葉には要注意です。

鏡リュウジさん

鏡リュウジさん


1968年、京都府生まれ。国際基督教大学大学院修了。心理占星術研究家・翻訳家。新装版『魂のコード』(ジェイムズ・ヒルマン著 鏡リュウジ翻訳 朝日新聞出版)が好評発売中。

イラスト/itabamoe 原文/浅島尚美〈説話社〉 ※BAILA2023年2,3月合併号掲載

他の占いも見る

  • Love Me Doのタロット占い

    Love Me Doのタロット占い

  • 紫月香帆の姓名判断

    紫月香帆の姓名判断

  • イヴルルド遙華のエレメント占い

    イヴルルド遙華のエレメント占い

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン

BAILA2・3月合併号 試し読み