気になる本・音楽・TV・コミックをピックアップ! 今月のBAILAおすすめカルチャー!!(2018年3月)

2018-03-30 19:30
  • うららかな春の陽気に誘われるように、現実から少し浮遊した物語世界に浸りたいという人は、小川洋子の短編集『口笛の上手な白雪姫』はいかが? 風変わりな人物ばかり登場する、ノスタルジックで独特なワールドにどっぷりハマってしまいそう。他にも、社会問題を描いた考えさせられる作品から、爆笑必至の笑えるラブコメディーまで、オススメの音楽や海外ドラマ、コミックを紹介! 想像力を鍛えるもよし、今の日本社会について考えるもよし、思いっきりストレスを発散するもよし、家にこもってぜひ堪能してみて!
  • 独特の世界観が広がる繊細で美しい短編集!『口笛の上手な白雪姫』
  • 小川洋子 幻冬舎 1500円
  • 吃音の僕の言葉を拾ってくれる「先回りローバ」、帝国劇場で亡き息子の歌声を聴く伯母と僕、廃線の危機にある電車に毎日乗る曽祖父とひ孫……。日常にあるひそやかな楽しみと別れを描く、8 つの短編。
  • 抑圧と諦念を不穏に描く、期待の新人のデビュー作!『光点』
  • 山岡ミヤ 集英社 1300円
  • 「あんたはどれだけ偉いの」。弁当工場で働く実以子は母親から言葉の暴力を受け続ける。出会ったカムトもまた暗い過去を持つ。この日々に出口はあるのか。閉塞感を突き抜ける光源を希求する物語。
  • もがきながら前進する、ドリームポップの新境地『サーカス・ラヴ』
  • ニック・ムーン ¥2200(国内盤)/ソニーミュージック
  • 浮遊感たっぷりのアップテンポなナンバーと憂いを帯びた歌詞のコントラストが絶妙! オールセルフ・プロデュースで約6年の制作期間をかけ完成した自身初のソロアルバム。
  • 超少子化社会の恐怖を描いた衝撃作『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』
  • ©2017 MGM Television Entertainment Inc. and Relentless Productions LLC. All Rights Reserved.
  • カナダの作家、マーガレット・アトウッドが1985年に発表したディストピア小説『侍女の物語』のドラマ化。環境汚染で不妊率が増し、少子化が進んだ世界。かつてのアメリカ合衆国にクーデターで誕生した、宗教主義国"ギレアド共和国"では、若く健康な女性は子どもを産む機械=侍女として支配階級に仕えることを強いられていた。家族も名前も奪われた侍女オブフレッド(本当の名はジューン)は、引き離された娘と再会するために過酷な現実を生き抜いていく。

    シーズン1  Huluにて字幕版、吹替版 独占配信中 
    製作総指揮/ブルース・ミラーほか 
    出演/エリザベス・モス、ジョセフ・ファインズ、アン・ダウドほか
  • 元カレの存在が気になる女子必見!『モトカレマニア』
  • 瀧波ユカリ   講談社 1 巻~ 429円( 3 月13日発売)
  • 27歳のユリカの心に住まうのは、5年前に別れた元カレ・マコチだけ。彼との思い出を糧に生きるユリカは不動産店で働くことになる。そこにはあのマコチが勤務していて……。

  • 個性派ストーリーテラーが紡ぐ4つの愛のカタチ『とある日常の奇跡』
  • 天堂きりん  祥伝社 全1 巻 680円
  • 恋多き女、脇役女、クラスで浮きぎみの女子児童など。ありふれた人物たちが織り成す短編集。少しの毒と遊び心が光る。
原文/江南亜美子(本)、今 祥枝(TV)、中川 薫(コミック)
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords