本が誘う、まだ知らない世界へ! 今月のオススメBOOK3選

2017-09-28 19:30
  • 朝晩が涼しくなり、いよいよ本格的な”読書の秋”が始まりますね。今月オススメの3冊はこちら。普段読まないジャンルの本も、読書に心地よい今の季節だからこそトライしてみて!! 新たな世界観を体感したら、本選びの幅が広がりそう。
  • 「自分は何者なの?」ハーフたちの青春譚『真ん中の子どもたち』
  • 温又柔 集英社 1300円
  • 台湾と日本のハーフの琴子は上海へ語学留学。そこで出会った、似た境遇のリンリンと舜哉。国籍や言語にもがきつつ、恋もしながら自分を見つける若者を描いて高く評価された、芥川賞候補作。
  • 新鋭の歌人によるドリーミーな短編集『パラダイスィー8 』
  • 雪舟えま 新潮社 1700円
  • 「失恋給付金」を担当する公務員として町の失恋者を訪問する巻頭作、「未来月島」で霊となった妻から予言を聞く男の表題作など、ちょっと不思議な6つのSF短編作を収録。くせになる読後感!
  • 読めばお風呂につかりたくなる!!『別府フロマラソン』
  • 澤西祐典 書肆侃侃房 1300円
  • 別府大の湯太郎が先輩らと挑むのは、別府八湯のその年の「当たり湯」を探して8カ所回る「フロマラソン」。ときに魔術も使って優勝を狙うのは、ある願いのため。温泉愛&郷土愛あふれるユーモア小説。
原文/江南亜美子
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up