香り高いハーブをさりげなく飾って部屋に初夏を呼び込む【カトパンのあえて小さく飾る花レッスン】

2019-04-28 17:00
  • 青々しく清涼感ある香り、果実のような甘い香り、香水のように 華やかな香り――天然の香気を放つハーブを好きなだけ束ねて、気さくなアレンジを部屋に!
  • カトパン 1
  • 「ハーブを窓辺に飾って空間全体で香りを楽しむ……自然が醸し出す香りは気分がよくなりますね」。4 月から報道番組が始まったばかりだというのに、いつもどおりマイペースでおおらな加藤さん。気負うことなく、時代の流れに軽やかに乗っていく姿はいつだって素敵。

    トップス¥13000・スカート¥15000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) ピアス¥10000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス)
  • 壁に飾って、空き瓶に生けて――気さくなアロマブーケで、自然の香りを空間に溶け込ませる

  • カトパン ハーブ
  • 数種のハーブを束ねてラフィアなどで結び、つるすだけのスワッグ。素敵な花器を使わずともさわやかな仕上がりに。香りの強い花は寝室やリビングなど場所を選ぶけれど、 グリーンベースのハーブはデイリーな存在。キッチンに飾っても見た目に違和感がないし、香りが空間の邪魔をすることもない
  • ハーブが醸し出す自然の香りに癒される

  • カトパン 2
  • 平井 今日は初夏らしいハーブで小さなアレンジを。加藤さん、そもそもハーブになじみはありますか?

    加藤 観賞用はもちろん料理用ですら買ったことは ないかも、未経験です(笑)。ただ人工的なものより自然の香りに惹かれがち。バラの香りが好きです。

    平井 今回はハーブの種類を知ってほしくてラベンダーやゼラニウム、レモンマリーゴールド、カモミール、ルッコラの花、ミントなど〝食用〞と〝観賞用〞を織り交ぜ、いろいろご用意しました。ハーブは葉がベースなので、数種類選んでブーケにしても嫌みなく、うまくまとまるんですね。束ねるときは茎が太く葉が大きめのものから選び、小ぶりなものを選んで足していくと美しい仕上がりに。

    加藤 では私は、観賞用のウエストリンギア、ローズマリー、カモミール、ローズゼラニウム、ラベンダーを。今回は花器ではなく、ジャムの空き瓶に?

    平井  ハーブは元来、ヨーロッパでは野草の類い。仰々しさのない日常の延長にあるものを選びました。片側に寄せ、器の縁にのせるように生けるのがコツ ですね。

    加藤 わかりました!(――黙々と作業は続く)。それにしても、植物が醸し出す自然の香りは癒されるし、心がスッとして気分がよくなりますね。

    平井 そうです、女子力が上がるのです!   また、花生けはその人の性格を映し出すのですが、今回も加藤さんの素直な性格が表れていますね。

    加藤 あ、ありがとうございます(笑)。
  • ラッピングにハーブを添える【ちょこっとテク】

  • ちょこっとテク1
  • 食用のハーブを用意、形を整える
    オリーブオイルなど瓶 ノを贈るときにおすすめの方法。ローズマリーなどの食用ハーブを数本用意し、根っこに近い葉っぱをそいで形を整える
  • ちょこっとテク2
  • ラッピングした ボトルに添えて結ぶ
    薄葉紙で包んだボトルにハーブを置き、ラフィア素材のひもで結ぶだけ。ひと手間かけた愛情と、すがすがしいハーブの香りも一緒にプレゼント
  • ハーブをガラスに生ける【ちょこっとテク】

  • ちょこっとテク3
  • ハーブは日常的なもの。空き瓶に生けてもOK
    ハーブはスーパーで売っている食用でも花屋さんのものでも何でもOK。水を入れたジャムの空き瓶の片側に寄せ、寝かせるように生けるのがコツ
  • ちょこっとテク4
  • 水をたっぷりやってみずみずしさキープ
    ハーブの葉をみずみずしく保つために葉っぱに霧吹きなどで水を吹きかけて。にごらないよう毎日水を替えるのも長もちさせるのに大切
  • Teacher by
    ●平井かずみ
    フラワースタイリスト。明るく的確な指導ゆえ、自身が開く教室はいつも大人気。近著は写真家の大段まちこさんと料理家の渡辺有子さんとの共著『花と料理 おいしい、いとしい、365日』(リトルモア)。
    http://ikanika.com/
撮影/熊木 優〈 io〉 ヘア&メイク/野口由佳〈ROI〉 スタイリスト/斉藤くみ  アレンジメント指導/平井かずみ 取材・文/広沢幸乃
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords