Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

服を捨てられない、服はあるのに着る服がないあなたに。6人の【捨哲学(すてつがく)】名言が2021年のクローゼットを変える!

自宅のクローゼットにたまった不要な服は、この年末年始こそ手放すチャンス! そこでBAILAの人気企画、素敵先輩の「捨哲学」をアップデートしてお届けします。先輩たちの「捨て方・捨てどき・捨てる意味」から、身軽なワードローブの利点を知り、おしゃれをもっと快適に楽しもう。

大政絢

今っぽさのあるシンプルコーデは“軽やかさ”がカギ
エッセンシャルなデニムとニットのコーディネートに、大判ストールでリズムを加えて。颯爽と冬の街を楽しみたい。コート¥84000/モガ ニット¥31000/リーミルズエージェンシー(ジョン スメドレー) パンツ¥13000/スピック&スパン ルミネ有楽町店(ファイブアンド ハーフ) ストール¥36000/プラージュ 代官山店(スロウ) ピアス¥36000/レム バッグ¥132000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

ファッション・占いエディター 青木良文さん

ファッション・占いエディター 青木良文さん

これから約200年「風の時代」へ。軽やかになって次の時代を迎えることで流れは確実に前向きになる
西洋占星術では、グレートコンジャクションとなる12月22日を境に200年ほど続いた地の時代から風の時代へと移行します。今まではものを所有することがステータスだったけれど、これからは軽やかにシェアすることが重要になるので、断捨離して身軽になるのには最適のタイミング。さらに「変わる」ということが時代のテーマにもなってくるので、身のまわりを整理することで気の流れが変わり「いいご縁」へとつながっていきます。また風水では“布(洋服)”は縁をつかさどるといわれていて、古い布をため込んでいると古い縁にしばられて前に進めなくなる。断捨離することで、新時代に大切な縁の整理にもつながるので、古い縁にしばられている人こそ絶対にするべきです。

エディター 伊藤真知さん

エディター 伊藤真知さん

美しさを保つために必要不可欠な作業
年を重ねるにつれ、自分の好みや似合うものがわかるようになり、クローゼットには「ちゃんと着る服」しかありません。だからこそ、捨てるタイミングを見定めるのが難しくもあるんですよね。まだ着られるかなと思っても、伸び、ヨレ、縮みなどの「劣化」を見つけたら潔く処分するように決めたんです。女性らしさや清潔感を保つうえで、状態のいい服を身につけることはとても重要なことだと思います。

スタイリスト 辻 直子さん

スタイリスト 辻 直子さん

手放す前のプロローグとして必ずお手入れをします
5年くらいかけて少しずつものを手放すことができるようになり、それと並行して自分が好きなもの、なりたい女性像までもがあらためて見えてきた気がします。クローゼットの中で眠っているものと向き合うとき、手放すか迷ってしまうものには、まずお手入れをしてみる。自分でお手入れをすることで本当に必要かどうかがわかるし、白紙に戻るような気がして、クリアな目で物を見られるんです。おのずと手放すか残すかがはっきりします。空間も気持ちも不思議とクリアになって、自分に余裕までも生んでくれました。

エディター 磯部安伽さん

エディター 磯部安伽さん

ワードローブの整理を習慣化することで無駄買いが減っておしゃれする楽しさが倍増!
いくつになってもおしゃれに失敗はつきもの。でも、それも醍醐味だと思ってます。日々気持ちのおもむくままに断捨離することをクセづければ「失敗したら断捨離してスッキリすればいい」と心に余裕が出るのではないでしょうか。また断捨離を習慣化することで「自分の好き」がハッキリして「どうでもいい服」を処分することができ、「今は着ないけどどうしても手放せない大好きな服」を手もとに置いておくことができるんです。実際、最近も10年ぶりに袖を通した服や靴がいくつかあります。

スタイリスト 斉藤くみさん

スタイリスト 斉藤くみさん

空間がスッキリすると、おのずと新しいものを受け入れる心の準備も整う
どんなに気に入って着ていた洋服でも、着古して形がもとに戻らないものは手放します。「もうこんな服には出会えないかも」という不安から昔のものに固執するのではなく、「ECサイトを使えば必要になったときに世界中から探すことができる」と思うだけで、手放すことへの不安が解消されます。そうやってものを減らすことで、新しいものを受け入れやすくなるし、今の自分にフィットするものが自然と見つかるようになると思うんです。

スタイリスト 加藤かすみさん

スタイリスト 加藤かすみさん

今の自分を知り、なりたい自分を想像するための作法
断捨離は、自分に何が必要で何がいらないのかがわかるだけでなく、今持っている服のよさに気づけるのも大きなメリット。それによって無駄な購買意欲も直るし、本当に買い足すべきものがおのずと見えてきます。そして断捨離を習慣化すると、スッキリとして気分がよくなるだけでなく、どんな自分になりたいのか明確になって、おしゃれをするのが今まで以上に楽しくなると思いますよ。

服

撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/佐藤エイコ〈ilumini.〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/大政絢 取材・原文/菊池美里 構成/岩鼻早苗〈BAILA〉 ※BAILA2021年1月号掲載

【BAILA1月号はこちらから!】

アマゾン
楽天

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン