Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. Lifestyle
  3. 元フードバイヤーmanamiのコスパなグルメ&スイーツ

【カルディ】で簡単&本格韓国料理! トッポギ、コムタンスープ、ケランチムまでおすすめ3選!

世界各国の食材を扱う【カルディコーヒーファーム】の中でも人気の韓国料理。
ひとつひとつ調味料を買い揃えなくても、自宅で簡単に本格的な味が再現できるキット商品3種類をご紹介します。

【カルディ】トッポギセット

【カルディ(KALDI)】おすすめ韓国料理「トッポギセット」

韓国のお餅「トック」を甘辛いタレで煮込んだ料理「トッポギ」。
おやつ感覚で手軽に食べることができ、屋台でも人気の国民的ソウルフードです。

【カルディ(KALDI)】おすすめ韓国料理「トッポギセット」

カルディオリジナルの「トッポギセット」は、150g 216円(税込み)。
作り方は、中に入っているトックと特製のタレに、玉ねぎを加えて煮込むだけ。
自分で用意する材料は玉ねぎだけなので、手軽に作れるのがポイント。
袋の裏面には、トッポギを使ったアレンジメニュー「トッポギと鶏肉のクリームグラタン」のレシピも。

【カルディ(KALDI)】おすすめ韓国料理「トッポギセット」

5分ほどで完成。
子どもから大人まで大好きな甘辛味。
もちもちのトックにタレがよーく絡んで、食べる手が止まらないおいしさ。
味が濃いめなので、ごはんのおともや、お酒のおつまみにも。
1品メニューとしてはちょっと少なめの量なので、家にある食材を加えて色々アレンジを加えるのも◎。チーズをプラスするのもおすすめです。


【カルディ】コムタンスープの素

【カルディ(KALDI)】おすすめ韓国料理「コムタンスープの素」

「コムタンスープ」とは、骨付き牛肉を長時間煮込んだスープ。
栄養価が高く美肌効果があるだけでなく、冷えた体を温めてくれる、寒い時期にぴったりの料理です。
韓国料理といえば辛いイメージですが、コムタンスープはさっぱりしているので辛いものが苦手な筆者もよく食べるメニューのひとつ。


【カルディ(KALDI)】おすすめ韓国料理「コムタンスープの素」

スープの素2個入りで214円(税込み)。
スープを240mlのお湯で希釈し、熱々のごはんにかけて完成。

【カルディ(KALDI)】おすすめ韓国料理「コムタンスープの素」

牛テールの旨味がたっぷり溶け出した乳白色のスープ。
濃厚なスープに隠し味のにんにくとごま油が合わさることで、コクのある味わいに。
スープだけで飲んでも、麺にかけてもおいしくいただくことができます。

自宅で牛肉をとろとろに煮込むのは時間がかかるので、お湯で薄めるだけで簡単に作ることができるのはとても有難い!


【カルディ】韓国風蒸し焼き玉子の素(ケランチム)

【カルディ(KALDI)】おすすめ韓国料理「ケランチム」

韓国語でケランは『鶏卵』、チムは『蒸す』の意味。
「ケランチム」は溶いた卵と出汁を合わせて土鍋で蒸したもので、韓国版の茶わん蒸し。
家庭でもよく食べられる韓国の定番料理のひとつ。

【カルディ(KALDI)】おすすめ韓国料理「ケランチム」

カルディオリジナルの「韓国風蒸し焼き玉子の素(ケランチム)」は、100g 248円(税込み)。
材料は卵3つのみ。この外装自体がジッパーになっていて、このままレンジに入れる仕様。裏面にイラスト付きで調理手順が書いてあり、材料を切ったり火を使ったりする必要がないので子どもでも安全に作ることができます。
作り方は、刻んだ人参、しいたけの具材入り調味料が入った袋に、溶いた卵を加えたらよく混ぜ、ジッパーを閉めてそのままレンジで4分~4分30秒温めるだけ。
ちなみに、卵を割り入れて袋の中で混ぜれば、洗い物も少なくて済みます。


【カルディ(KALDI)】おすすめ韓国料理「ケランチム」

出来上がったものを器に入れて形を整えれば完成。
お好みでネギを散らせば色どり豊かに。
今回はちょっと加熱しすぎて表面がしっかり固まってしまいましたが(汗)、中はふんわりスフレのようなやわらかさ。昆布出汁が効いた、飽きのこない優しい味わい。
卵焼きのように焦げないか注意しながら焼く手間がない分、時間がない時のあと一品に活躍しそう。
使用するレンジにより出来上がりに差があるので、様子を見ながら加熱してみてください。

今回紹介した3品は、カルディの店舗の他、オンラインストアでも販売中。
その他にもサムゲタンや、キンパの素など気軽に韓国料理を楽しめる商品が揃っているので、自宅で韓国料理パーティを楽しんでください。

「カルディコーヒーファームオンラインストア」はこちら

取材・文/轟木愛美

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン