Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. ニュース

【2021春トレンドまとめ】大人のための流行トリセツ。この春買うべきアイテムは?

ちょっぴり後ろ向きな世の中だからこそ、せめておしゃれはポジティブに! スタイリスト加藤かすみさん&エディター伊藤真知さんがこの春元気になれるトレンドをご紹介します。

<目次>

1.ブルーがかなえてくれる普通以上の好感度

手軽に、おしゃれをリフレッシュしたいなら最もそのシーズンらしさを象徴する“色”からアップデートするのが効果的。心が晴れるような明るさがありつつ、知性や品のよさも備えた「空色」がイチ押し!

Kasumi’s recommend!
“元気!”ではなく“気持ちが上がる”ような品のいい明るさが「空色」の持ち味。その新鮮さや、可愛さが引き立つように全体で色を多用しないのがポイント。

Machi’s recommend!
目新しい色に挑戦するときは、顔より遠いボトムから取り入れるほうが簡単。トップスならロゴでチラッと効かせたり、アウターで見える分量を調節してみても。

空色のパンツコーデの大政 絢

今年こそは前向きにおしゃれを楽しみたい!――そんな想いを映すかのように、晴れやかなカラーが続々。中でも、きれいめからカジュアルまで振り幅の広いブルーは一番人気。「トレンチのようにベーシックなものを加えることで、新鮮な色もぐっと身近に。色を邪魔しないベージュや白を中心に、少ない色数でまとめれば上品」(加藤さん)。コート¥74800/サードマガジン ロゴT¥12100(ダスモ)・パンツ¥71500(ドゥロワー)/ドゥロワー 六本木店 バッグ¥110000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン(コーチ) 靴¥33000/ベイジュ(ピッピシック)

2.おしゃれする高揚感ごと着るドラマチックなブラウス

外出の機会が減ったこともあり、今や「せっかく買うなら“映える“服」とおしゃれマインドにも大きな変化が! そんな気分に寄り添う甘口ブラウスは半袖で軽やかさがアップしたぶん、ますます大胆なデザインがトレンドに。

Kasumi’s recommend!
腕が出れば、自然と抜け感も出るのでこんなボリューム袖にも挑戦しやすいはず。甘いディテールは大げさなくらいのほうが潔くて、カッコよく着こなせます。

Machi’s recommend!
ひじ下がほっそり見え、小顔効果も高めとスタイルアップの上でも申し分なし。パンツにインして“上重心”にすればぺたんこ靴や小柄な方でも好バランスに。

大胆さが楽しいブラウスコーデの桐谷美玲

「これまでにはない大胆さが楽しいブラウスだからこそ、“なんとなく”着てはもったいない(笑)。ウエストはインして袖以外はタイトにしたり、大ぶりなシルバーアクセで顔や手もとをキリッとさせたり、締めるところは思い切り締めて着こなしにもメリハリを」(伊藤さん)。ブラウス¥19800/カデュネ プレスルーム(カデュネ) パンツ¥19800/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ユナイテッドアローズ) ピアス¥14300/プルミエ アロンディスモン(フィリップ オーディベール) ブレスレット¥16500/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ペリーヌ タヴェルニティ) バッグ¥42900/アマン(アトリエ アンボワーズ)

3.新しいボーダーには気さくさと洒落感がある

ゆったりしたり、きれいな色が増えたり、ほんの少し“遊び”が加わったことで今また新鮮に映るボーダー。柄の中でもトップスで取り入れやすく、おかげで顔まわりも華やぐので、マスク時代――特に1+1コーデが増える夏に向けて、おしゃれのスパイスとして大活躍!

Kasumi’s recommend!
ボーダーとボトムの色は同じ色でそろえるのが、絶対!そのぶん小物は旬の色で遊んで、今っぽさを足すとおしゃれに。

Machi’s recommend!
ほどよく薄手で柔らかな素材が女性らしいムードにもひと役。今季らしいきれいめなショーパンで品よく、軽やかに着こなしたい。

ボーダーのカットソーコーデの大政 絢

「きっちりインすると腰まわりがゴワゴワすることもあるし、“収まり”という意味でも、ゆるいボーダーは素直にゆるっと着るほうがきれい。細身のパンツにアウトしたり、リラックス感のあるワイドパンツに合わせるのもOK。ただし、ボトムの素材感や小物など、どこかで女性らしさを意識することも忘れずに」(加藤さん)。カットソー¥13200/エイチ ビューティ&ユース パンツ¥36300/マディソンブルー ピアス¥9900・チャーム¥8800/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥81400/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン(コーチ)

ボーダーのトップス

ブルーや黒の定番色は、胸位置からボーダーが始まるパネルボーダーが新鮮。総柄を選ぶなら、くすんだきれい色で去年とは違った表情に。(ブルー)¥9790/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) (黒)¥15400/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(ドゥーズィエム クラス) (パープル)¥12980/アルアバイル(ルミノア) (グリーン)¥5390/ビーミング ライフストア by ビームス アーバンドック ららぽーと豊洲店(ビーミング by ビームス)

4.軽く、しなやかになってますます頼もしいジャケット

お仕事にもいけるきちんと感と、“ちょっとそこまで”も素敵に見える洒落感を備えたダブルジャケット。多くはリネン混など軽やかな素材でカーデのようにさらっと羽織れるので、冷房対策にも一枚あると重宝。

Kasumi’s recommend!
カーデよりもカッコよく着られるし、週に何度も使えて、扱いやすいのも便利。形自体はベーシックなので肩かけやきちんと袖を通したりと、楽しみ方も自在。

Machi’s recommend!
ダブルならではの幅広シルエットは動きやすく、どんなインナーとも好相性。出番の短い春アウターだからこそ、今から夏まで、息長く使える素材もうれしい。

ダブルジャケットコーデの大政 絢

「女性が男前なものを着ると、そのアンバランスさによって隙が生まれるせいか、どこか色っぽさにつながる気が。ジャケットひとつで女らしくなれるという安心感があるので、カラーロゴやフレアデニムなど少しクセのあるものを楽しみたいという余裕も!」(伊藤さん)。ジャケット¥20900/アンクレイヴ ロゴT¥8800/アルアバイル(ル・プティ・ベーシック) パンツ¥34100/サザビーリーグ(マザー) 時計¥148500/フレデリック・コンスタント相談室(フレデリック・コンスタント) バッグ¥74800/ラドロー オンラインストア(ラドロー)

5.きれいめにも、甘くも着やすい進化系スウェット

今季、買うならこれ一択! 名前ごと覚えておきたい“ダンボールスウェット”は、ハリがあってきれいめ派にも着やすい大人スウェットの代表格。ハズし役として楽しむのが基本ではあるけれど、これまでのボーイズ風とは一線を画す、ゆるすぎないサイズを狙って。

Kasumi’s recommend!
カジュアルだけどきれい、という絶妙さできれいめブランドでも“激売れ中”との声も。真っ白より少しまろやかさのあるニュアンス系の白が、使いやすくておすすめ。

Machi’s recommend!
よくある肉厚なコットン素材のように生地の重みでだらっと見えたり、フードがつぶれることもないので、横顔も美人。袖口や裾にリブがないのも品がよくて◎

スウェットとレーススカートコーデの桐谷美玲

「レーススカートを合わせたり、色のトーンをそろえたり、着こなしはあくまで上品に。でも髪をアップにするなど、最後の顔まわりは軽やかに仕上げたほうが、スウェット本来のスポーティな可愛さが引き立つはず。動きの出るフープピアスもポイント」(加藤さん)。スウェット¥23100/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ウィム ガゼット) スカート¥25300/カデュネ プレスルーム(カデュネ) ピアス¥75900/エスケーパーズオンライン(ソフィーブハイ) バッグ¥148500/ドゥロワー 六本木店(J&M デヴィッドソン) 靴¥35200/ベイジュ(ピッピシック)

6.品よくスマート、だけどラク。シャツってこんなに身近だったんだ

てろっとした素材や、前後差があってふわふわと動きが出るものなどどこか軽く、リラクシーな雰囲気こそが今どきシャツの絶対条件。手持ちのボトムでも新鮮に映るバンドカラーやセットアップ仕様だったりと、着こなしの上でもラクしておしゃれがかなうのも、時代のムードにぴったり。

Kasumi’s recommend!
今季はセットアップとして着るシャツがとにかく豊富! 別々で使うことも考えて買うほうがお得なので、手持ち服に合い、かつアクセントにもなりそうな旬色を。

Machi’s recommend!
アイロン不要でするっと着られる手軽さも今どきなリラックスシャツのいいところ。レーヨンなど素肌に着て気持ちいい素材は、これからの季節にリピートしたくなります。

シャツ&パンツのセットアップコーデの大政 絢

「セットアップの軽い感じを生かすなら、バッグは小ぶりなポシェットくらいがジャスト。足もともヌーディなサンダルでリラックスして見せるほうが、より今っぽくこなれた印象に」(加藤さん)。シャツ&パンツのセットアップ¥13000・靴¥7990/プラステ ピアス¥57200・リング¥35200/ショールーム セッション(マリハ) ブレスレット¥16500/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ペリーヌ タヴェルニティ) バッグ¥24200/フルラ ジャパン(フルラ)

Kasumi’s recommend!
丸首のバンドカラーも春先から人気のトレンド。首が詰まっているぶん袖はラフにまくるなど、着方でリズムをつけるのも大事。

Machi’s recommend!
代わり映えしないと思ったら、襟の形を変えるだけでも新鮮に。着慣れた白シャツ+スキニーも、丸首ひとつで洒落感がアップ。

シャツ+スキニーのシンプルコーデの大政 絢

シャツ+スキニーのシンプルな組み合わせ。配色もアレンジ自在のモノトーンとくれば、小物は少々やんちゃに。「革靴とサンダルの間のようなグルカサンダルも、ぺたんこ時代の今、注目のトレンド。きちんと感とカジュアル感のバランスのよさがバンドカラーシャツにも似ていて、相性バッチリ」(伊藤さん)。シャツ¥29700(プロタゴニスタ)・バッグ¥71500(ア ヴァケーション)/アマン パンツ¥23100/ディーゼル ジャパン(ディーゼル) ピアス¥26400(モダンウィーヴィング)・ブレスレット¥14300(フィリップ オーディベール)/プルミエ アロンディスモン 靴¥42900/ビームス ボーイ 原宿(パラブーツ×ビームス ボーイ)

7.どう着る?の楽しさをオールインワンが連れてくる

さらっと着るだけでサマになるオールインワン。体に合う丈やシルエット選びなどパンツならではの難しさはあるものの、“似合ったとき”のカッコよさや快適さは同じ一枚布のワンピとは、格段の差が! 味つけによってガラリと印象が変えられる、シンプルなものをまず一枚。

Kasumi’s recommend!
一枚で成立し、動きやすいオールインワンは私も大好きなアイテム。ネット購入だと丈が長すぎたり、わきがあきすぎたり体に合わないこともあるので、ぜひ試着を。

Machi’s recommend!
涼しげなリネンは、春夏のオールインワンに最適な素材。ウエストの切り替えや実は後ろが大きくあいていたりと、ひと続きでもメリハリの出せるディテールも優秀。

オールインワンコーデの桐谷美玲

奥行きをもたらし、単調に見せない肩巻きカーデも欠かせないひと手間。「春はぜひ気分の上がるきれい色で。バッグもハート柄だったり、楽しさを足すのが今年流です」(加藤さん)。オールインワン¥18700/アンクレイヴ カーディガン¥22000(プルミエ アロンディスモン)・ブレスレット¥14300(フィリップ オーディベール)/プルミエ アロンディスモン ピアス¥23100/ショールーム セッション(モダン ウィービング) バッグ¥41800/ラドロー オンラインストア(ラドロー) 靴¥33000/ベイジュ(ピッピシック)

8.モノトーンのドットこそ大人にちょうどいい可愛げ

小花やチェックよりも大人っぽく、キャッチーな華やかさを演出できるドット柄は、出番の多い無地トップスをちょっと女っぽく盛り上げたい日に最適なスパイス。柄としては定番だからこそ、潔いロング丈を選ぶなど“無難”に終わらせない工夫を。

Kasumi’s recommend!
ブラウスでは可愛くなりすぎるドット柄もボトムなら女性らしくて大人向き。オール黒にひとつ取り入れるくらいのさりげなさが、簡単&洗練された印象に。

Machi’s recommend!
使い勝手で選ぶなら、黒地×白がベスト。最近はボトムにあまり目新しいトレンドがないので、こういう柄が一枚あると着こなしのバリエーションが広がって便利。

モノトーンのドットのフレアスカートコーデの桐谷美玲

「女性らしいフレアスカート、特にドットのような可愛い柄では、脚を出すと子どもっぽく見えがちなのでロング丈がベター。その代わり透けるカーデやパンプスで肌感を。大人のバイラ世代は、甘さも女っぽさもスマートに演出するのが素敵です」(伊藤さん)。スカート¥68200/サードマガジン カーディガン¥22000/プルミエ アロンディスモン(プルミエ アロンディスモン) ピアス(左耳)¥22000(マリア ブラック)・(右耳)¥8800(マリア ブラック × チノ フォー デミルクス ビームス)/ショールーム セッション バッグ¥121000/エバゴス 靴¥59400/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ペリーコ)

9.《スタイリスト 加藤かすみ》×《エディター 伊藤真知》フェミニンの名手コンビが春トレンドを分析!

桐谷美玲 今どきの“アガる服”って、こういうこと!

M(伊藤さん) 今年のトレンド、驚きました! えっ、春なのに、さし色がピンクじゃなくてブルー推し?って。

K(加藤さん) うん、きれいな色はたくさんあるけれど、やっぱり寒色系は人気ですね。スウェットのようなカジュアルアイテムも続々と増えてるし、全体的にリラックス傾向。外でデートみたいな機会も減ったせいか、フェミニンな服もより“媚び感”がなくなったというか……。

M 確かにフリルやパフ袖といった甘ブラウスも、いい意味でデザインが激しくなってまったく媚びてない(笑)。

K でも、着ている本人はめちゃくちゃアガるという(笑)。つまりは他人目線よりも自分目線。最初に話したリラックス傾向もそうだけど、今は自分が着ていて気持ちがいいか、アガるか、みたいなことが、ファッションでも大事になってきているのかなと。

M 堅苦しくて苦手だったジャケットやシャツもゆるっと進化して、着たいと思うようになりました。あとラクといえば、オールインワンも! 一枚でサマになるからコーデを考えなくていいのも便利だし。

K 前みたいにオンにもオフにも着回せて……みたいな感覚も減ったし、そもそもお出かけも少ないから、素敵に見える服が数枚あればいいのかも。その代わりいざ服を買おう!と思ったら、やっぱりテンションの上がるものに惹かれる気持ちはすごくわかります。

M 可愛いねって言われるためのおしゃれより、自分が「あ~楽しい♥」って思えるおしゃれのほうが健全(笑)。私もこの春はそんなヘルシーなおしゃれを、積極的に楽しみたいと思います!

ワンピースコーデの桐谷美玲

晴れ渡る空のように爽やかな色合い、ナチュラルで心地いい素材感にも癒されるワンピース。今どきの“アガる服”って、こういうこと! ワンピース¥28600/ドレステリア 新宿店(ドレステリア) イヤカフ(左耳)¥22000・ピアス(右耳)¥22000(ともにマリア ブラック × チノ フォー デミルクス ビームス)・リング¥319000(マリハ)/ショールーム セッション

加藤かすみさん

スタイリスト

加藤かすみさん


表紙や特集のほか、広告なども幅広く手がける人気スタイリスト。センスと理論を備えた着こなし術にはファンも多く、“かすみさんのコーデは売れる!”は定説。

伊藤真知

エディター

伊藤真知


本誌をはじめ、数々の女性誌で活躍するファッションエディター。等身大のリアルなコーディネートや真似したくなる着こなしセオリーで、私服スタイルも好評。

撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉 ヘア&メイク/森野友香子〈Perle management〉 スタイリスト/加藤かすみ モデル/大政 絢 取材・原文/伊藤真知 構成/三橋夏葉〈BAILA〉 撮影協力/AWABEES、TITLES、GLITCH COFFEE & ROASTERS ※BAILA2021年4月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン