Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. ニュース

【30代女性の働くおウチ服】おウチ服を対面仕様に味変させる瞬間盛りテク6選!

一日中家でリモートワークの日に求めるのはストレスフリーで快適な服。けれど、リモート会議のときなどは“ちょっと盛る”のを忘れないで。今回は、サッとプラスして、打ち合わせ後すぐに脱いだり外せるプラスαなアイテムをご紹介。

《イヤカフ》をプラスする

イヤカフをプラスする

今っぽい顔へと盛り上げてくれるイヤカフを身につければ、自宅にいながらよそゆき顔に。まじめな会議には、相手の視線や集中力を邪魔しない揺れ感のないタイプがおすすめ。手軽で着脱が簡単だから、デスク上にジュエリートレイを置いておけば、即おしゃれが完了。2重イヤカフ¥19800・リング¥37400/ココシュニック ブラウス¥19800/ル フィル NEWoMan 新宿店(ル フィル)

《きれい色スカーフ》をオン

きれい色スカーフをオン

ポイントになる鮮やかなスカーフをシンプルなTシャツやノースリカットソーの首もとにひと巻きするだけで、ガラッとおしゃれ着にアップデート! スカーフ¥11000/コントワー・デ・コトニエ ジャパン(コントワー・デ・コトニエ) トップス¥7700/ステュディオス ウィメンズ表参道店(シティ) 時計¥110000/シチズンお客様時計相談室(シチズン エクシード) リング¥18700/ココシュニック

《ジャケット》をサッと羽織る

ジャケットをサッと羽織る

“最大限なきちんと感”を求められる、大切な会議やクライアントとの打ち合わせには、しっかりしているイメージを植えつけられるジャケットを肩かけ。ジャケット¥20900/アンクレイヴ トップス¥19800/フロム パンツ¥14300/ラ・エフ イヤリング¥28600・ネックレス¥61600/ココシュニック バングル¥3850/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(エー・ヴィ・マックス)

《リングとネイル》に凝ってみる

リングネイルに凝ってみる

画面越しに話しているときの身ぶり手ぶりで、意外と見られていないようで相手の目につきやすい手もと。粋なカラーのネイルをきれいに塗っておけば、“心に余裕があり丁寧な暮らしをしている”印象に。さらに、アクセントになる大ぶりストーンや太めの地金リングで、インパクトを狙って。リング(左手中指)¥70400/ココシュニック リング(右手人さし指)¥6200/ロードス(ルメル)

《パールのネックレス》を添える

パールのネックレスを添える

乳白色の輝きで顔まわりを上品に女らしく仕上げるパールを首もとにプラス。カットソー素材のトップスもカジュアルすぎない雰囲気に。デイリー使いしやすく、着こなしになじみやすい小粒パールがベター。ネックレス¥9900/ロードス(イロリエール) トップス¥6380/ルーニィ 時計¥25300/シチズンお客様時計相談室(シチズン キー) リング¥36300/プリュイ トウキョウ(プリュイ)

《カラーカーデ》を肩かけ

カラーカーデを肩かけ

「ちょっぴり地味かも?」というときに活躍するのがカラーカーデ。オンラインが始まる前に、ササッとプロデューサー巻き。簡単なのに一気にアカ抜ける。カーディガン¥13200/ストラ ブラウス¥4290/洋服の青山 新宿西口店(アンカーウーマン) スカート¥13500/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) イヤリング¥7700/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(マージョリー・ベア)

撮影/柴田フミコ ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/門馬ちひろ モデル/宮田聡子 構成・原文/道端舞子 企画/岩鼻早苗〈BAILA〉 撮影協力/アワビーズ、ウツワ ※BAILA2021年8月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン