Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. ニュース

【働く女性とバッグとその中身④】ワーママ7年目の森田みやびさん。エコグッズをINした機能的でスマートなバッグの中身とは?

働く女性のバッグとその中身って、普段見られることを前提としていないからこそ、より雄弁にその人のリアルを物語るもの。どんな仕事観を持っているのか、今はどんな働き方をしているのか、バッグの「中身」からそれを探ります。今回取材したのは、二児の母として働くスーパーバイラーズ森田みやびさん。サステナビリティへの強い関心はバッグの中身にも現れているよう。

森田みやびさん(専門商社勤務/コミュティ運用)

ワーママとして7年。この先の働き方を、産休期間で考えたい

「やりたいことは常にあります。産休はこれから進む道を考えるリセット期間に」

森田みやびさん

「社内のドレスコードはありませんが、数少ない出勤時にはジャケットを。やっぱり気が引き締まります」と森田さん。シワになりにくく動きやすい「アンクレイヴ」のテーラードが味方

働き方ヒストリー

20歳:学生時代、ベルリン留学やファッション雑誌のインターンを経験

22歳:新卒で専門商社に入社。物流関係の部署に配属されるが自分に合わず、1年で販促関係部署に異動

24歳結婚。販促担当者としてノベルティなどのものづくりに関わる

25歳:長男誕生。育休、半年で職場復帰

27歳:ワーキングママのコミュニティ活動「ハハプロジェクト」設立・運用に関わる。産休、長女誕生。スーパーバイラーズに応募。半年で職場復帰。@BAILAのブログで興味のあるサステナビリティについて発信する楽しさを知る。パーソナルカラリスト検定合格

30歳第3子妊娠。今回の産休は期間を長く取り、勉強や将来のための資格取得にあてる予定。またブログでの発信が企業の目に留まり、サステナブルな服のプロデュースを始める

サステナビリティについて発信し続けたい

「現在は在宅ワークがメインで、このバッグは週に1〜2回の通勤用。タンブラーやマイボトル、コスメを小分けにして入れている巾着袋は、普段使いのバッグに入れ替えて、毎日持ち歩いています」という森田みやびさん。2児のワーキングママと聞いて大きな荷物を想像していたら、実にスマートなバッグとその中身。オンとオフを無駄なく切り替えている。

中学生までを過ごし、留学先にも選んだドイツで、サステナブルかつデザイン性の高いものづくりへの興味が生まれた。そのことが、販促業務を担当する今の仕事にも生かされているという。「“使い捨てにされず長く持てること”を考えてノベルティグッズを企画。発注が倍になり、こだわりを持ってものを作る喜びを知りました

働きながら、結婚して2児を出産。「2回の産休は短く取り、同じ職場に復帰しました。長女の出産後、ずっと興味のあったサステナビリティやエコについて発信しようと思い立ち、スーパーバイラーズに応募したんです」。また、学生時代からの知人で同じ働く母である仲間が設立した「ハハプロジェクト」にも参加。「ママたちが役割分担しながら、働くことと子どもの面倒をみることを両立できる共同保育スペースを作りました。現在はリモートで、ワーママへの心のケアを中心に活動しています」。子育てやエコといった自らの関心を社会的にとらえ、生活の中で実践している。

現在、森田さんの発信は企業の目に留まり、サステナブルな服作りの企画が進行中。同時に第3子の出産も控えている。「これまでも、産休のタイミングで、新しい挑戦をしてきました。今回は期間を長めに取り、エコに関する勉強、オリジナル商品の開発など、自分の将来の役に立つ時間を持てれば。ものづくりや情報発信、やりたいことは常にたくさん。この先の働き方をじっくり考えたいと思います」と目を輝かせた。

仕事とは
本業が安定と経験をくれたから、副業で発信と挑戦ができる

バッグは… GIANNI CHIARINI

軽くてシンプルなレザートートを通勤専用バッグに。「重たい社用PCを縦にして入れられるA4サイズながらコンパクト。ロングショルダーがついて肩にかけられるのも魅力でした」。オフの日はエコグッズとコスメの巾着を別のバッグに移し替え

森田みやびさんのバックの中身

ミニマムな仕事道具と必需品のエコアイテムを

(右上)マイボトルは2個持ちもちろんエコバッグも
ストローつきで折りたためるタンブラーはコーヒーのテイクアウト用。シルバーのボトルにはミネラルウォーター。エコバッグはカラフルなプリントでお気に入り

(左中)ポーチ代わりの巾着にナチュラルコスメを
がっしりしたポーチより、ショップでもらえる巾着バッグが持ち運びに快適と気づいたそう。メイク道具のほか「イソップ」の除菌ジェルやミストなどをイン

森田みやびさんのスマホの中身

中身の中身
(右下)家族の予定共有はGoogleカレンダーで
スマホは社用と私用の2個持ち。夫婦共有のアカウントで、スケジュールを細かく把握することで、夫婦ゲンカせず効率的に家庭を運営

スーパーバイラーズ 森田みやびさんのブログをチェック!

撮影/須藤敬一 取材・原文/久保田梓美 ※BAILA2021年11月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン