Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. LIFESTYLE
  3. まとめ

【 #ジャニーズWEST #小瀧望 】小瀧 望さんスペシャルインタビュー「伸びやかなきらめき」【BAILA × Jの鼓動】

高い能力を伸び伸びと発揮し、独自の感性や集中力で、着実に成果を上げる。目標を持って軽やかに前進する、小瀧さんのきらめきから目が離せません。

ジャニーズWEST・小瀧 望

BAILA×Jの鼓動   小瀧 望(ジャニーズWEST)

小瀧 望


こたき のぞむ●1996年7月30日生まれ、大阪府出身、O型。現在、「パパジャニWEST」(TBS系 火曜23時56分~)、「あなたの代わりに見てきます!リア突WEST」(ABCテレビ 日曜13時25分~)にジャニーズWESTで出演中。ラジオ「bayじゃないか」(bayfm 土曜24時30分~)も好評。

限界を自分で決めず、未来に期待を持ちながら、スキルを身につける!

2020年に上演された主演舞台『エレファント・マン』の演技が評価され、第28回読売演劇大賞の杉村春子賞&優秀男優賞を受賞した小瀧さん。特殊メイクに頼らず、身ひとつで特異な存在感を放った鬼気迫る演技で、新たな才能を開花させた。

「全身全霊で挑んだ作品を評価していただいたことはとても嬉しいし、僕の俳優人生のターニングポイントになりました。この作品に出会うまでは、自分を知ってもらおうとも思わなかったし、仕事への責任感が正直ここまでありませんでした。」

「昔はもっと人見知りだったので、現場では共演者の輪の中へ自分からなかなか入っていこうとしなかったりもして……。とにかく受け身なスタンスだったんですよ。でも、座長を任されるようになったことで、自然と作品ファーストへと気持ちも変化していきました。コミュニケーションをとらないと信頼関係も築けないし、カッコつけているほうがむしろダサいんだって、気づけたことが大きいかもしれません(笑)。」

「主演を張るようになるまでは数字を背負ったことすらなかったから、急に視聴率や動員数が気になるように。数字がダイレクトにくることはもちろんプレッシャーですが、それが責任感にもつながっています。」

「僕はグループの中では最年少だからついついメンバーに甘えがちです。うちのメンバーは個性豊かで、意志も強く、才能にも恵まれた6人。最年長のおじゅりん(中間)はひらめき力が半端ない!冷静だし、頭の回転が速いんですよ。そして、スタイルがいい。身長は僕と8㎝くらい違うのに股下は一緒だから、かなり足長です。(桐山)照史はとにかく器用!練習をしなくても、なんでもできちゃいますからね。はまてぃん(濱田)は人のよさがにじみ出ているので、一回会っただけで、みんなが好きになっちゃう。好感度が高くて、嫉妬しちゃいます(笑)。重(重岡)は太陽みたいにキラキラしてます。いるだけで、現場が明るくなる。現場で人気者になるのも人柄がいいからでしょうね。ちゃんかみ(神山)は楽器が得意で、ドラムもベースもできるし、ギターテクニックもピカイチ。ライブでのダンスの魅せ方も、この人には勝てません。(藤井)流星は人たらしで、甘え上手。先輩ともすぐ仲よくなるし、距離感を詰めるのが早い!先輩でもものおじせず、松本潤くんと海外旅行へ行ったりできるのがすごいなって思います。自分は狭く深くだし、オフは家でのんびりしていたいタイプ。腰が重いし、海外旅行へ行くには、気力と体力が必要になります。仕事でいろんなところへ行けたら充分かな。才能あふれるメンバーに刺激されながら、常に貪欲に高みを目指していきたいです」

自分が引っぱっていくのではなく、いざとなったら前に出る覚悟があるかどうかが大切

大事な試験や舞台初日は心拍が早くなっていき、激しく鼓動が高鳴る!

ジャニーズWESTの最大のアピールポイントは、「常に笑わせることを忘れない、近所のお兄ちゃんのような親近感」と語る小瀧さん。自身を分析してもらうと、「見た目は大人、中身はおっさん(笑)」なんだとか。

「うちのグループは変な集団の集まり。なのに、誰もが自分だけは“まとも”と思っていたりもして(笑)。末っ子目線ですが、メンバー全員、変の種類がそれぞれ違うから困りますよね。そんな僕は18歳でデビューしたんですが、昔から顔も大人っぽいほうで性格もキャピキャピはしていなかったから、10代の頃から20代後半に思われることが多かったんです。年上のメンバーと一緒にいると、落ち着いてきちゃうというか(笑)。もう少しで顔が実年齢に追いつくんだろうけど、やっぱり年上の人と一緒にいるほうが居心地いいし、伸び伸びいろんなことができますね」

落ち着きがあって、動じない小瀧さんに鼓動が高鳴る瞬間を伺うと。

「ドキドキ、ハラハラすることが普段から少ないので、すぐにエピソードが出てこないな……。(しばし考え込みながら)運転免許の学科試験を受けに行ったときは、めちゃくちゃドキドキしました。試験会場に開始時間の2時間半前くらいに行って勉強もみっちりしたのに、緊張感がハンパなかった。おかんも一緒についてきてくれたから(笑)、ちょっとはマシだったけど、終わってからも手ごたえがなかったので結果が出るまで気が気じゃなくて。無事受かったときは本当に嬉しかったですね。」

「あとは、10代の頃になりますが、後輩20人くらいとのごはんで、みんながめっちゃ食べまくって、手持ちのお金では支払えないかも……となったときはさすがにテンパりました!なにわ男子の大橋(和也)がステーキを頼みまくってるときからヒヤヒヤしまくり(笑)。トイレに行くふりをして、近くのコンビニへ駆け込み、現金を下ろして支払いをしましたが、汗だくで席に戻ったので、バレていただろうけど(笑)。」

「最近のことだと、『検察側の証人』の舞台の初日がドキドキしたかな。手に汗握る展開でセリフ量も多く、激しい論戦を繰り広げるシーンでは緊張感はMAXに。ただ、幕が開いちゃえば、その後はわりと落ち着いて挑める。いい緊張感はもちろん必要で、みんながひとつの物語へ集中していく瞬間にやりがいを感じます。舞台は生ものだし、間違えたらやり直しはきかないけど、今日が終わったら、明日へ切り替えていくことも大事。結局、みんなでモノづくりをすることが好きなんでしょうね」

ここぞの場面で緊張はするけれど、頭を真っ白にするわけにはいかない。“今”に集中することがいい結果

『鹿楓堂(ろくほうどう)よついろ日和』
2022年1月スタート、土曜23時30分〜テレビ朝日系
出演/小瀧 望(ジャニーズWEST)ほか
都会の片隅にたたずむ古民家風の和風喫茶店を舞台に、そこで働く4人の青年が、悩みや寂しさを抱えながら、成長していく姿を描く。
毎回登場するグルメやスイーツも見どころで、おいしくて優しい“癒し系飯テロ”ドラマに。

取材・原文/山中ゆうき ※BAILA2022年1月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン