Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. EDITOR'S PICK

この冬新登場!【「ユニクロ」AIRism 3D MASK】&【「VICKS」メディケイテッドスプレー】外出時のお供に頼れる優秀アイテム【エディターズピックVol.161】

新年始まりましたが、マスクを外して外出できる日はまだまだ先のようです。なので、外出するときに少しでも安心して快適に過ごせるアイテムはやっぱりありがたい! というわけで、この冬登場して、すでに相棒として大活躍の最新アイテムたちをご紹介します。

ピタッとフィット!と息しやすい♡ を両立 最新「ユニクロ」の AIRism 3D MASK

ユニクロ AIRism 3D MASK 2枚セット

これまでも出るたびに話題になってきたユニクロのエアリズムマスクが更なる進化を遂げました!! 東京2020オリンピックの聖火リレーのトーチのデザインを手がけたことでも有名な吉岡徳仁氏による立体美と、マスクの性能を両立したという、凄すぎるマスク。肌面と表面のエアリズム生地に高性能不織布フィルターを内蔵した3層構造でBFE(バクテリア飛沫捕集)と花粉を99%カット、繰り返し洗って使えて2枚セットで990円。と、聞いたら、もうお試しするしかない! 

ついに来ましたよっ! エアリズムマスク初のアジャスター付き!

アジャスター付きのAIRism 3D MASK

そう、アジャスター付きなんですー。立体構造と相まって、アジャスターでも調整できるので、もう、ピタッとしてきゅっ♡感がたまらないんです。もちろん立体構造なので、鼻と口の間に空間ができるため、フィットしていても息が苦しいなんてこともありません。いつもは使い捨てマスクの「小さめ」を使用していますが、フィット感がしっくり来るものになかなか出会えず、結局なんだか落ちてきて苦しくなったり、ゴムで耳が痛くなったりと、満足マスクライフからは程遠い日々。を、一変してくれました! とってもいい! サイズも選べる(SーXLまでの展開)うえに、アジャスターでも調整できるから自分サイズカスタムが簡単に出来ちゃいます(私はMサイズでアジャスターでゴムを短かめに調整で使っています)。

ちなみに、これはネイビー。他に、ホワイトとピンクがあるので、その日のファッションに合わせて使い分けられるのも嬉しい限り。

そして、マスク選びで大切な要素としては肌ざわり。こちら商品名の通り、肌面と表面に肌ざわりがなめらかなエアリズム生地が使われていて、さらにシームレス仕様なので肌の摩擦感が軽減されるという、至れり尽くせり感満載。

また、ネットに入れれば洗濯機で20回洗濯しても「美しいフォルム」と「不織布フィルター」の性能が持続するというサステナブルさも今の時代に合ってます。

1日中マスクをつけることの多い働く女性にピッタリなのではないでしょうか。

お口にシュっだけで殺菌・消毒♪ のど飴でお馴染みの「VICKS」のメディケイテッドスプレーが優秀!

VICKS メディケイテッドスプレー

 そして、まだまだ不安なこの状況に心強い1品をもうひとつご紹介。手の殺菌・消毒はすでに持ち歩いている人は多い気がしますが、口の中の殺菌・消毒って、意外となかったかも。1日中マスクをして外にいるときも、飲食時などは、どうしてもマスクを外す機会がありますよね。でも、どこでもうがいや歯磨きができるわけではないので、その場でシュッと殺菌・消毒ができたらすごく安心! そんなスプレーが、のど飴でお馴染みの「VICKS」から登場したんですー! このVICKSメディケイテッドスプレーにはうがい薬成分CPC(セチルピリジニウム塩化物水和物)という成分が入っているのですが、このCPCが細菌に付着して、殺菌・消毒してくれて、喉の炎症や痛みまで鎮めてくれるのです。なんとも頼もしい!

食事の時や会議中にのど飴をなめるのは難しいかもしれないけど、前後にスプレーでシュッとするだけならとってもカンタン! 働く私たちにもピッタリな商品なのです♡ 
気になるお味は、さわやかなレモン風味ののど飴をなめている感じ!殺菌・消毒というイメージとは違って、とってもマイルド。口の中も15mLのポーチに入るサイズなので、いつもバッグに入れて持ち運べて便利です。またまた私を守ってくれる心強いお供が増えました♪

副編R

副編集長

副編R


本誌では主に美容と読み物を担当。宮崎生まれのせいか、夏と海にテンションが上がるタイプ。美容もファッションも癒し7割、刺激3割が気分。ご飯は鍋炊き派。最近のベランダ菜園のお気に入りは四季なりイチゴ。ライバルは絶妙なタイミングでやってくる鳥。

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン