1. BAILA TOP
  2. LIFESTYLE
  3. まとめ

【 #生田斗真 】生田斗真さんスペシャルインタビュー「理想的な働き方」【BAILA × Jの鼓動】

自分を冷静に見つめながら、情熱を絶やさず、いつ何時も俳優という職業の使命を全うする男。“舞台との出会いが人生のターニングポイント”だと語る生田斗真さん。同世代の働く大人としての“仕事論”に迫ります。

生田斗真

BAILA×Jの鼓動 生田斗真

生田斗真


いくた とうま●1984年10月7日、北海道生まれ、A型。1996年NHK Eテレ「天才てれびくん」に出演。NHK連続テレビ小説「あぐり」、大河ドラマ「軍師官兵衛」、映画初出演にして主演を務めた『人間失格』での演技が絶賛を博す。数々の作品で経験を積み、俳優としての地位を確立。

自分の満足度を高めるより作品のクオリティを追求、役者魂を次世代へとつなぐ

ジャニーズ事務所きっての演技派俳優として、グループに属することなく、舞台を中心に経験を積み、役者道を駆け抜けてきた生田さん。ラブストーリーからサスペンス、人間ドラマまで、作品や演じる役柄の幅も広く、徹底した役作りでカメレオン俳優へと成長している。

「演じる仕事は楽しいし、自分で選んだ道なので、やりがいもあります。でも、好きで好きでたまらないっていうのとはちょっと違って、嫌いじゃないけどっていう、どこか冷静さのある“好き”かもしれないです。“よりよくするには、より楽しむためにはどうしたらいいのか?”を常に考えながら、作品に向き合っています。」

「今は月9ドラマ『元彼の遺言状』の撮影をしていて、学生時代の回想シーンがあるんですよ。まさか37歳で大学生役をやるとは思わなかった(笑)。台本で知ったときは、“マジか!”とびっくりしましたが、やらない選択肢はないですよね。役者という仕事は、常に見える景色が変わります。年齢を重ね、人生の階段を上ることで、与えられる役割も変化する。だからこそ、飽きなくて面白いです。」

「若い頃は現場で名前すら呼んでもらえず、つらい思いをしたこともありました。それもあって、座長を務めるようになった最初の頃は、居心地よくしようと気をつかってしまっていたけれど、結局いい芝居をすることがいちばん。無理にいい空気にする必要なんてないと、あるとき気づいたんです。たとえ周りがピリついても言うべきことは言う。先輩たちに教わってきたことを次の世代に伝えることができて初めて“人間活動”だと言えると思うから。これからは、自分一人で学んで表現することのその先へ進まなきゃいけないと思っています」

演じることが好きだから、努力も苦にならない。役者一本で行くと志したときから芝居へのモチベーションは不変!

悩んだところで答えが出るものではない。直感を信じて、動く!

「できないこともできるようになるしかない」と、一心に芝居に打ち込んできた約20年。同世代であり、働く先輩でもある生田さんに、仕事の悩みについて伺ってみると――。

「時間がもったいないって思ってしまうから、悩むことがないんですよ。“どうしようかな?”って思っても、次の瞬間には何らかのアクションをとる。誰かに相談することもないからなぁ。人から相談されたりグチを聞いたりすることは多いんですが、自分はしない。弱音も昔から吐かないタイプだし、誰かに言ってスッキリするっていうこともなくて。気分の浮き沈みもあまりないし、いつでもフラットなほうです。」

「そんなわけで、さっきから人生最大の悩みを考えているんだけど、なかなか出てこない(笑)。強いて挙げるなら、大学進学をするかしないかでちょっとだけ迷ったかな。この仕事一本でやっていくのか。はたまた事務所をやめるのかまで考えました。でも、誰にも相談しなかったし、俳優という道を直感で選んだからこそ、今がある。お芝居をしたいという気持ちがとにかく強かったからね。」

「ただ、どうでもいいことでは悩むんですよ! たとえば、朝起きて、黒Tか白Tかしばし悩んで白にしたときに限って、麻婆豆腐を食べる流れになって、黒にすればよかった……と後悔したりとか(笑)。そういえば、メニューもなかなか決められなくて、悩みまくる。人が頼んだグリーンカレーを見て、“そっちだったか……”っていうのがよくあったりして(笑)。他人からしたらしょうもない悩みかもしれないけど、そのときは真剣に落ち込みますね。こういう、大した問題じゃないことでめちゃくちゃ悩む性格、変えたいです」

綿密な作戦を立てて、チームプレーで何かを生み出すのが好き

高校の同級生で親友の歌舞伎俳優・尾上松也さんが主宰する歌舞伎自主公演シリーズの最終公演『「挑む」Vol.10~完~』に特別出演する生田さん。「いつか一緒に同じ舞台に立つ」という20年来の約束をついに果たしたのだ。

「夢がかなったとき、教室で松也と熱く語り合った風景がよみがえってきましたね。当時は“実現できたら最高!”と思いつつ、心の片隅では“まさか、できるわけないよな……”って気持ちでした。それが実現しちゃったんだから本当にすごいこと。松也が実績を残して、チャレンジできる環境をつくってくれたことに感謝しかないです。ただ、歌舞伎はお芝居の作り方がまったく違うので、最初はかなり戸惑いましたよ。技術的なものが自分にはないし、とにかく必死!とはいえ、日本人として、歌舞伎の世界に携わることができたのは自分自身の誇りになりました。」

「今は次の作品となる舞台『てなもんや三文オペラ』の稽古中です。全編関西弁で歌も歌うので、これまた大変なんだけど、その分新たな発見もたくさんある。歌や日舞の稽古は20代から続けています。ドラマや映画の作品に入ると両立するのが大変で、サボりがちになるときもあるけど、今でも継続中。ただカッコいいと思って始めたんだけど、こうして役立つ機会があると、やっててよかったと実感できますね。“継続は力なり”って本当にそうだと思うな。」

「30代は会社や組織の中で責任ある立場につく年代。ワンマンプレーでは周りに迷惑だし、割り切らなくてはいけないことも多いですよね。役者の仕事も似たところがあるんだけど、そこで誰かのせいにするよりは、腹をくくって自分らしく進むことが成長につながると思っています」

個人の成績より、チームの勝利。そのためには、嫌なこともぐっとのみ込んで物事が円滑に回ることを優先するべきときもある

ドラマ「元彼の遺言状」
フジテレビ系 月曜21時~放送中
出演/綾瀬はるか、大泉洋、関水渚/生田斗真/浅野和之
綾瀬さん演じる金にがめつい剛腕弁護士・剣持麗子が、大泉さん演じる依頼人・篠田敬太郎と共謀して遺産を狙うミステリー。生田さんは物語のカギを握る主人公の亡き元彼・森川栄治とその兄の一人二役を演じている。

Netflix ドキュメンタリー「生田斗真 挑む」
6月16日〜Netflixにて全世界独占配信
出演/生田斗真、尾上松也ほか
親友の歌舞伎俳優・尾上松也さんが2009年より主宰する歌舞伎自主公演シリーズの最終公演『「挑む」Vol.10 〜完〜』に特別出演。初めての世界に飛び込んだ生田さんに密着。公演までの2カ月半の道のりを追った。

舞台『てなもんや三文オペラ』
6月8日~30日 東京・PARCO劇場にて上演後、福岡・大阪・新潟・長野を巡演。
出演/生田斗真、ウエンツ瑛士、渡辺いっけいほか
1928年に初演された差別と貧困を痛烈に風刺した音楽劇『三文オペラ』が原作。1950年代の大阪に置き換え、第二次世界大戦で破壊された大阪砲兵工廠の跡地で、戦争を背負いながらも生き抜いてきた人間模様を描く。

取材・原文/山中ゆうき ※BAILA2022年7月号掲載

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK