中村アンに学ぶ【ニット×スカート】ほそ華Aラインコーデの法則7

2017-12-04 10:00
  • 冬は毎日のようにニットを着ますが、そのボリューム感をもてあまし、油断すると野暮ったくなったり、シンプルすぎて地味なコーディネートになってしまったり…(涙)。そんな“ニットでブス問題”で悩まないために、すっきり着やせして見えるアイテムの選び方&シルエットの作り方をマスターしましょう。イチ推しは、今季大ヒット中の【フレアスカート】と合わせたスタイルです。細見えと同時に女らしさも意識できる黄金セットで、冬のおしゃれもマンネリ知らず!
  • ニット¥36000・スカート¥70000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー)
  • たとえば、鮮やかブルーのフレアスカートをグレーのリブニットにオンしたこのコーデ。ぴったりしたニットと、ふわっと広がるAラインスカートの合わせで好バランスを成立させつつ、華やぎもキープ。スカートは長すぎず、短すぎないジャストな丈感なので、カラフルでも大げさになりすぎず、可愛げのある印象に。ウエストラインを潔く見せて高めの腰位置を強調するのもスタイルアップのポイントです。
    では、カバーモデル中村アンのナビゲートでほかのスタイルもチェックしてみましょう♡
  • 中村アンが魅せる、最旬Aラインシルエット6
  • 身ごろが体にほどよくフィットする袖コンニットをチェック柄フレアにイン。通勤にもふさわしい落ち着きがありながら、ひと目で華を感じる着こなしに。ニット¥13200/フレイ アイディー ルミネ新宿2店 スカート¥19000/マイストラーダ(マイストラーダ)

    黒ベースの大人めフラワープリントスカートは、冬の街で着映えするパリシックなアクセント。柄の色とつなげたマスタードカラーのシンプルニットを潔くウエストインしてほっそりAラインを意識して。ニット¥16000/スティーブン アラン トーキョー(スティーブン アラン) スカート¥17000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) 

    ややハリ感のある素材のたっぷりとしたカラーフレアは着るだけで気分もぐっと高揚。トップスは引き締め色のネイビーを選んで、スカートの華やぎ感を存分に堪能。ニット¥26000/アルアバイル スカート¥18000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) 

    絶妙に体に寄り添う名ブランド、ジョン スメドレーのニットは、鮮やかカラーでも膨張せず、あくまで品よくきゃしゃ見え。温かみのあるコーデュロイのフレアで、着こなしに奥行きのある華やぎを添えて。ニット¥29000/エイチ ビューティ&ユース(ジョン スメドレー) スカート¥58000/マディソンブルー

    着やせ効果抜群のVネックカーデを一枚でニット風に。ハイウエストのスカートにインすれば、たちまちほそ華Aラインが完成。モノトーンでまとめても、ドラマチックなシルエットで単調にならず、女っぽい。カーディガン¥96000/ビオトープ(ケイト) スカート¥17000/エミ ニュウマン新宿店(エミ アトリエ)

    タイトな黒リブニットと合わせてレディ&クラシカルに仕上げた、ダークグリーンのとろみフレアスカートスタイル。リブニットの縦ラインをしっかり効かせて上半身の細見えに役立てつつ、ほどよいこなれ感も漂わせて。ニット¥13000・スカート¥14000/ドロシーズ

  • いかがでしたか? 毎日何気なく着ているニットも、華やかスカートを合わせるだけでほっそり見えつつ、華のあるスタイルが楽しめちゃうんです。冬はタイツ&ブーツと合わせても素敵はなず。BAILA12月号をバイブルに、ぜひ冬のおしゃれを存分に楽しんでくださいね♪
撮影/YUJI TAKEUCHI 〈BALLPARK〉 ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/加藤かすみ〈TRON〉 モデル/中村アン
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up