【ピンク】コーデを制する者、大人のおしゃれ通勤を制す!

2018-07-30 10:00
  • 女らしさNo.1カラーといえばやっぱりピンク! 淡いパステルピンクから鮮やかなフューシャピンクまでバリエーション豊富ですが、甘さのある色だけに、配色のバランスがイタく見せない&しゃれ見えのコツ。今回は、通勤にベストな配色ワザを徹底検証。シーン映え確実な大人のピンクをマスターしましょう。
  • 圧倒的モテ色No.1♡ 【ピンク】オフィスの鉄板配色CD6
  • 【ニュアンスピンク×ネイビー】
    大人ピンク初心者は、まず顔から遠いボトムや足もとで取り入れてみて。ネイビーで引き締めIラインでまとめると、キレのいい甘さが生まれます。男女ともにうけのよい、かっこいい女らしさへ。スカート¥29000/アナイ ストール¥9800/ルーニィ 靴¥35000/エフユーエヌ(チェンバー) ニット¥19000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店(ドゥーズィエム クラス) バッグ¥38000/ショールーム セッション(ポティオール)

    【ニュアンスピンク×チャコールグレー】
    一枚で着映えする肌なじみのいいシルキーなブラウス。濃度の高いグレーのパンツで端正さを強調すれば、キリッとした印象が引き立つ。ブラウス¥26000/サザビーリーグ(エキップモン) バッグ¥130000/トゥモローランド(エレナ ギゼリーニ) パンツ¥44000/マスターピースショールーム(サイ) スカーフ¥10000/ソレイアード 自由が丘店(ソレイアード) ベルト¥10000/アングローバルショップ 表参道(アロン)

    【ニュアンスピンク×グレー】
    ライダースジャケットが辛口なぶん、色合いは淡くても可愛くなりすぎない。白のパンツでクリーンさも添えれば完璧。ブルゾン¥138000/トゥモローランド(チンクワンタ) ニット¥15000(フォードミルズ)・バッグ¥135000(J&M デヴィッドソン)/アングローバルショップ 表参道 パンツ¥17000/ミミ&ロジャー 靴¥33000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

    【ライト&ビビッドピンク×オフホワイト】
    白のスレンダーなスカートでクール感を上乗せすれば媚びない好感度スタイルの完成。ニット¥29000/スローン 靴¥29000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ) スカート¥28000/アングローバル(マーガレット・ハウエル) バッグ¥14000/エレメントルール(バンヤードストーム)

    【フューシャピンク×ブラック&カーキ】
    黒とカーキのピリリとスパイシーなパンツルックに、小さなピンクをバランスよく散らして。さりげない甘辛ミックスでおしゃれマインドを刺激。スカーフ¥16000/フラッパーズ(マニプリ) バッグ¥70500/プレッド PR(ミチノ) 靴¥49000/アマン(ペリーコ) ニット¥4000/アダストリア(ブリスポイント) カーディガン¥15000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) パンツ¥21000/ゲストリスト(アッパーハイツ)

    【フューシャピンク×ラベンダー】
    リブニットとタイトスカートのシンプルコンビが、ピンク&ラベンダーのグラデで鮮度アップ。足もとはホワイトにして、抜け感と飾らない雰囲気を。スカート¥49000/ウエスト(ブルーバード ブルバード) ニット¥15000/アングローバルショップ 表参道(フォードミルズ) バッグ
    ¥109000/トゥモローランド(カロリーナ サント ドミンゴ) 靴¥68000/ヴェルメイユパー イエナ 天神ヴィオロ店(アルーナエ)

撮影/遠藤優貴〈MOUSTACHE〉、魚地武大〈TENT〉 ヘア&メイク/森野友香子〈Perle management〉 スタイリスト/室井由美子 モデル/比留川游 取材・文/榎本洋子 ※BAILA2018年5月号掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords