桐谷美玲のワードローブを活性化する【ジージャン】コーデ

2019-03-27 11:00
  • 桐谷美玲さんのワードローブにも数多くラインナップしているというジージャン。着回しやすい便利アイテムという配役から、新たな色やテイストの"受け止め役”に転向し、フレッシュな春をスタートさせてみては。
  • 桐谷美玲の【ジージャン】3コーデ

  • アトリエ ノティファイ
    サージ
    サンスペル

    抜け感ブルーデニムと一緒にこの春、カラーコーデを日常に
    美玲さんも「着慣れている」というブルーデニムジージャンこそ、春カラーを相棒に。「普段しないきれい色とのコンビが新鮮でワクワクします」。ジージャン¥49000/アマン(アトリエ ノティファイ) Tシャツ¥6500/サード マガジン(Hanes×Karla) スカート¥28000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) バッグ¥45000/コード(ヴァジック) バレッタ各¥3800/RHC ロンハーマン(バレット) ソックス¥1500/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(グレン クライド) 靴¥15000/オデット エ オディール新宿店(オデット エ オディール)

    難易度の高い上下デニムもホワイトなら洗練度抜群
    今季大注目のホワイトデニム。そのクリーンな存在感があればセットアップ感覚でデニム×デニムも意外と簡単。「ホワイトデニム、気になってました! パステルカラーとの組み合わせもデニム素材だからこそかっこいい雰囲気になりますね。上下ゆるっとのバランスも好き」。ジージャン¥26800・パンツ¥20800(ともにサージ)・キャミソール¥29000(サヤカ デイヴィス)/ショールーム セッション バッグ¥39000/エスケーパーズ(モダン ウィーヴィング) 靴¥61000/フラッパーズ(ネブローニ)

    大人だからこそ持ちたい、普遍性のあるインディゴジージャン
    ジャケットのように"きれいな顔”をした一枚。インパクトのあるスカートとの合わせも上品に着地。「年齢を重ねても着る姿を想像できるのがインディゴ。ジャストサイズを選んで女らしく着たいです。ボタンを留めてシャツのように着こなすのも好き」。ジージャン¥42000/サンスペル 表参道(サンスペル) Tシャツ¥8100/エイトン青山(エイトン) スカート¥49000/RHC ロンハーマン(ククサーカ) バッグ¥94000/ロンハーマン(タタキット エム) ピアス¥22000・ダブルリング¥54000/ボウルズ(ハイク)

  • ジージャンはインパクトのある服を受け止めてくれる切り札

  • ジージャンは、昔から着ているなじみ深いアイテム。季節を問わず着られるものだし、シワになりにくいから旅行に持っていくことも多くて、コンパクト、ロング、オーバーサイズ、リメイクなど、全部で6着くらい持っています。そのほとんどがブルーデニム。最近、ブラックを買い足しました。いちばんよく着ているのは、丈が長めのメンズっぽいオーバーサイズのもの。ワンピースのハズしにしたり、ワイドパンツと合わせてボーイッシュに着たり、どんなテイストにもなじんでくれるのがいいんです。汎用性が高いからこそ、気後れしがちなキャッチーな色やオールホワイト、インパクトのある服を受け止めてくれて、新しい合わせにトライするときの切り札になることがわかりました。この撮影での新しい発見によって、ジージャンとの仲がより深いものになりそうです。(美玲)
撮影/赤尾昌則〈whiteSTOUT〉 ヘア&メイク/菊地美香子〈TRON〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/桐谷美玲 取材・原文/榎本洋子※BAILA2019年4月号掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords