【ユニクロのカラーT】プロが太鼓判、絶対に買うべきは、この色!

2019-04-28 19:00
  • 自らもワードローブの半分はユニクロというほど愛用し、ついには本まで書いてしまったという、ファッションエディターの伊藤真知さん。夏に向けて、絶対手に入れたいアイテムとして挙げてくれたのがユニクロの「クロップドクルーネックT」


    「何といっても10色展開というカラバリの多さが魅力。そしてその色のどれもが、今っぽくておしゃれに見える、使いやすくて着回ししやすいことも人気の理由に挙げられます」と、真知さん。

    10色もある中で何色が使えるの? そんな疑問をぶつけてみると……。

  • 【ユニクロのカラーT】プロが太鼓判、絶対に買うべきは、この色!_1_1
    伊藤真知さんが自腹で購入した6色は、このラインナップ
  • 黒や白、ライトグレーといった定番色はもちろんですが、今年こそぜひ一枚はトライしていただきたいのが、ピンクやブルー、カーキといったくすみ系のカラー
    これらはいい意味で“あいまい”な中間色。どんな色ともなじみがいい反面、「どう着たらいいのかわからない」というお悩みも多いですが、私がよくしているのは、同じような色で揃えるか、真逆の色を組み合わせるかの2パターンです。

  • 同じような色や濃淡で見せる、"ほぼワントーン"

  • 【ユニクロのカラーT】プロが太鼓判、絶対に買うべきは、この色!_1_2
  • グリーンのTシャツ×ブルーデニムの「ほぼワントーン」。
    これくらいの色の差は許容範囲ですが、
    色が異なるときは、淡さやトーンは揃えたほうが上品に見えます。
    Tシャツ/ユニクロ
    デニムパンツ/TEN×RON HERMAN
    帽子/HELEN KAMINSKI
    バッグ/TEMBEA

  • “同じ色で揃える”ワントーンは、同系色を重ねるだけという手軽さでありながら、どんな着こなしも品よく見せてくれる魔法の配色。たとえば、Tシャツ×デニムのようなカジュアルなアイテム同士をちょっとリッチに、大人っぽく見せたい時にも有効です。
    ただし、薄着の夏はアウターや重ね着などで奥行きを出せないため、上下をまったく同じ色で揃えてしまうとのっぺりしがち。微妙に色や濃淡を変えた「ほぼワントーン」くらいのほうが、着こなしにリズムがついて素敵に見えます。
  • 色と色。あえて"真逆"の色同士を合わせる

  • 【ユニクロのカラーT】プロが太鼓判、絶対に買うべきは、この色!_1_3
  • ブルーのTシャツ×レンガ色のスカートの「真逆の2色」。
    色数が増えすぎるとごちゃごちゃしてしまうので、
    ピアスはブルー、靴はブラウンと、小物は服の色を拾うのもポイントです。

    Tシャツ/ユニクロ
    スカート/STUNNING LURE
    バッグ/TOMORROWLAND
    靴/BALDAN
  • そして“真逆の色を組み合わせる”というのは、きれいな色を使う時は、その1色以外を平凡な色でまとめるとかえって悪目立ちしてしまうもの。だからこそ、あえてもう1色、同じくらいパンチのある色をぶつけたほうが、すんなりなじむという理論です。
    涼しいブルーと暖かなレンガ色、可愛いピンクと辛口なカーキなど、組み合わせるなら大胆に! ふりきったほうが色の主張が分散されて、意外と“しっくりくる”はずです。
  • 【ユニクロのカラーT】プロが太鼓判、絶対に買うべきは、この色!_1_4
  • 伊藤 真知(いとう まち)
    ファッションエディター。1979年生まれ。津田塾大学卒業後、出版社に勤務。その後フリーとなり、『BAILA』『Marisol』『VERY』『with』など、幅広い女性誌で活躍。ファッションページの編集やインタビューの他、ブランドのカタログ製作なども手がける。ユニクロをテーマにした企画も多く担当し、自身もユニクロを偏愛。本人のシンプルだけれどどこかお茶目なカジュアルコーデはさまざまな媒体で注目されている。

  • 【ユニクロのカラーT】プロが太鼓判、絶対に買うべきは、この色!_1_5
  • 『「ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ」の法則』
    著者 伊藤 真知 講談社刊 1400円(税抜)


    ユニクロがいいからユニクロばかり着ているけれど、私のおしゃれ、無難すぎ? 人とかぶってる? いい年して毎日ユニクロじゃダメ?
    そんな、ユニクロ好きの大人が抱えるお悩みを、おしゃれのプロがスッキリ解決します!
    「身長155cmでも、ユニクロはメンズ売り場から見る」
    「ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ」
    「超ベーシック服なら人とのかぶりは気にしないでOK」
    「大人にちょうどいいのは“ユニクロ5割”コーデ」
    「ユニクロには“一生モノ”のバッグはいらない」
    「¥1000Tシャツで毎日おしゃれになれる」
    など、目からウロコが落ちるユニクロスタイルのコツが満載!
    ユニクロを人気ファッション誌で何度も特集し、本人も着倒してきたからこそわかる、真実のユニクロ名品リストも公開。みんなが着ているユニクロをもっとおしゃれに着るためのすべてがわかる一冊です。ぜひチェックしてみて!
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords