Magazineマガジン

BAILA2・3月合併号 試し読み
  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. アイテム・コーディネート

【黒ニットを手抜きに見せないテク1】大政絢が着る、フレアスカートで魅せるドラマチックなモノトーンスタイル2選

何にでも合わせやすいオールマイティさが頼れる黒ニット。その強みを生かした“+1アイディア”で今日からさらにレベルアップ! 今回は、フレアスカートと合わせるモノトーンの2コーデをご紹介。

コーデのテーマを設定する。パリジェンヌになりきってみる

コーデのテーマを設定する。パリジェンヌになりきってみる

ふんわりふくらむスカートやレディな小物使いでオールブラックをコケティッシュにアレンジ
その日のテーマやなりたいイメージを頭の中で設定すると、黒ニットも“なんとなく”な着こなしにならず、おしゃれはもっと楽しくなる。小粋なパリジェンヌを目指す日は黒のフレアスカートで大人の可愛さを。ワンハンドルバッグやパールネックレスなど小物までフレンチシックに寄せて。ニット¥27500/カオス表参道(カオス) スカート¥23100/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) ネックレス¥79200/グリンジャパン(グリン) バッグ¥330000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) ソックス(3足セット)¥1760/ヘルスニット・ブランズ(へルスニット) 靴¥27500/デュプレックス(カルチェグラム)

軽やかな素材感のスカートと“テクスチャーミックス”

軽やかな素材感のスカートと"テクスチャーミックス"

ニットと相反するような意外性のある素材感がカギ。なにげないモノトーンコーデがセンスアップ
ゆったりとした重ためのバルキーニットには、思い切って真逆の軽やかな質感のボトムを合わせてみると単調にならず、それだけでどこか新鮮なバランス。ラフな“シャカシャカ”素材でありながら、きれいなフレアシルエットを描くスカートなら、シンプルなモノトーンコーデにちゃんと今っぽいフェミニンなムードを運んでくれるはず。ニット¥36300/スローン スカート¥17600/エミ ニュウマン新宿店(エミ) メガネ¥38500/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) バッグ¥44000(銀座店、新宿店限定)/ヴァジックジャパン(ヴァジック) ソックス¥3300/真下商事(パンセレラ) 靴¥24200/グラビテート(カミナンド)

撮影/鈴木 新〈go relax E more〉 ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/大政 絢 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2023年2・3月合併号掲載

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン

BAILA2・3月合併号 試し読み