もっと映画が観たくなる! 今月のオススメCINEMA厳選

2018-07-19 19:30
  • 天才映画監督、ジャン=リュック・ゴダールのミューズだった、アンヌの自伝をもとにしている『グッバイ・ゴダール』。結婚生活の理想と現実のギャップに、思わず“あるある”と共感してしまいそう(笑)。アラサーのおしゃれ心をくすぐる’60年代のファッションやインテリア、カルチャーにも注目! その他の2作品も要チェックです!
  • 結婚生活の理想とギャップを見せつけられる『グッバイ・ゴダール』
  • ©LES COMPAGNONS DU CINEMA - LA CLASSE AMERICAINE - STUDIOCANAL - FRANCE 3.
  • パリの大学で哲学を学ぶ、19歳のアンヌ。当時世界的に注目を集めた気鋭の映画監督、ジャン=リュック・ゴダールと恋に落ち、彼の新作映画で主演を飾ることに。映画づくりやゴダールからのプロポーズなど、初めての経験ばかりの中で、様々なことを吸収していくアンヌ。一方、パリの街ではデモ活動が日ごとに激しさを増し、ゴダールも次第に革命に傾倒していく。

    監督・脚本/ミシェル・アザナヴィシウス 
    出演/ルイ・ガレル、ステイシー・マーティン
    公開/新宿ピカデリーほかにて上映中
  • プリマの座を競い合う少女たちのドラマ『ボリショイ・バレエ 2人のスワン』
  • ©Valery Todorovsky Production Company
  • ライバルであり親友でもあるダンサー、ユリアとカリーナ。プリマを目指して、恋とバレエを競い合う。名門ボリショイ劇場で撮影された、本物のダンサーたちによるバレエシーンにうっとり♡ 

    監督/ヴァレーリー・トドロフスキー 
    出演/マルガリータ・シモノヴァ、アンナ・イサエヴァ
    公開/ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて上映中
  • 少女の繊細な心を描いた名作! 『悲しみに、こんにちは』
  • Ⓒ2015,SUMMER 1993
  • 両親を亡くした少女が、若い叔父夫婦一家と心を通わせていく過程を、みずみずしいタッチで描く。スペインの女性監督シモンの、幼少期の体験をもとにした感動作。カタルーニャの風景も美しい!

    監督・脚本/カルラ・シモン
    出演/ライラ・アルティガス、パウラ・ロブレス 
    公開/ユーロスペースほかにて7月下旬より
原文/今 祥枝
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords